1. TOP
  2. みなかみ町営赤沢スキー場・コース&ゲレンデ施設お役立ちガイド

みなかみ町営赤沢スキー場・コース&ゲレンデ施設お役立ちガイド

LINEで送る
Pocket

関越道月夜野ICを降りて、国道17号線を新潟方面に走っていくと三国峠の手前で左手に白い壁がある山の斜面が見えてきます。
そこが赤沢スキー場です。初心者、初級者向けのコース脇にあるロープトゥを体験できたり、降雪時の翌朝には、名物「赤沢の壁」の急斜面で深雪パウダー滑走を満喫できたり、とファミリー層や地元町民の人たちだけでなく、多くのファンが駆けつける個性溢れる町営スキー場です。

ゲレンデ&コース滑走ガイド

*コースマップ(公式HPより)

上級者コース

最大斜度:35度 最長滑走距離:800m(上級者向け)

「赤沢の壁」と呼ばれる名物コース。降雪時にはパウダーフリークが駆けつける隠れた名所でもあります。
(公式map:第1~第2リフトでアクセス)

中級者コース

最大斜度:12度 最長滑走距離:1000m(中級者向け)

上級者コースを迂回する中級者むけのクネクネの滑走コース。群馬の山々のパノラマを楽しみながら快適に滑ることができます。
(公式map:第1~第2リフトでアクセス)

中・上級者コースにアクセスする第二リフト

初心者コース(2)

最大斜度:8度 最長滑走距離:200m(初級者向け)

260mのシングルリフトを使って繰り返し練習できる2つの初級コースがあります。一つは初心者でもOKのなだらかだらだらのワイドな安心斜面。
もう一つのコースは少しレベルアップしたステップアップに最適な初級コース。どちらもワイドですべりやすい緩斜面です。
(公式map:第1リフトでアクセス)

第1リフトとコース。上は第1リフト下部からみたゲレンデ

ロープトゥ

(初級者向け)

いまでは貴重な存在になった「ロープトゥ」。スキーに乗ったままロープにつかまって上まで運んでくれる運搬装置のことで、腰部分にサポート部を当てて、グローブでしっかりロープを握って雪の斜面を上がっていきます。初めての時は若干とまどいますが、係の人がサポートしてくれますので、遠慮なく申し出て、指導を受けながら貴重な体験をしてみてくださいね。
ちなみに、小さな子どもでも数回で慣れて、一人で乗れるようになります。
(公式map:ロープトゥでアクセス)


上:ロープトウ 下:コース

ランチはここで! ゲレ食ガイド

食堂

二基の強力なストーブを配置した150席の大食堂です。雪遊びやスキー、スノーボードで濡れたグローブ等を乾かしながら、ゆっくりランチや休憩することができるオアシスでもあります。
メニューは定番のカレー、麺類等一通り揃っています。

●場所/ロッジ内 150席

(左上から、カツカレー900円、カレー700円、うどん600円、ラーメン600円、牛丼セット800円、コーヒー300円、ビール中瓶550円、おでん450円)

ファミリー向け施設

ソリ専用ゲレンデ

ロッジ前にある、ソリ専用ゲレンデ。独立したエリアにあるため、安心して雪遊びやソリ滑走に興じることができます。ロッジもすぐそばなので、保護者の方々はロッジいながら見守ることも可能です。スキーに飽きた時も安心の存在です。


ソリ専用ゲレンデ

まとめ

みなかみ町営のコンパクトながらすべてのレベルで楽しめるコースレイアウトで人気のあるスキー場です。とくに下部がワイドな緩斜面なので、ファミリー層、エントリー層に人気です。2本のリフトと1本のロープトゥを使って滑ることができます(ただし、平日は第2リフトは運休)。
町営のため、リフト料金がリーズナブルで1日券2300円(55歳以上のシニア1800円、子ども1500円)、半日券1500円(子ども1000円)、リフト7回券大人子ども共通1000円、1回券150円、ロープトゥのみの1日券1200円、半日券800円。(*リフト券でロープトゥの利用は可能)

また、ゲレンデの貸切も可能で、大会等の行事にまるごと貸し切って使用することも。貸切の場合は一般客は滑ることができないので、滑りに行く前に公式HPでスケジュールを確認することをおススメします。

公式HPスケジュール欄(このページの下部にあり)→http://www.akasawa.biz/tools/eigyou.html

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!