1. TOP
  2. 地域別情報
  3. 吾妻エリア
  4. チャツボミゴケ公園の秋は、紅葉と苔のコラボが幻想的なスポット

チャツボミゴケ公園の秋は、紅葉と苔のコラボが幻想的なスポット

LINEで送る
Pocket

みなさん、チャツボミゴケをご存知でしょうか。

標高1200メートルの弱酸性の水があるところに自生し、美しい緑色で幻想的な光景に見るものを引き付けます。

今回は、大自然の中の美しいチャツボミゴケをご紹介します。

穴地獄に自生するチャツボミゴケ

群馬県中之条町にあるチャツボミゴケ公園。草津白根山が火山活動を起こしてできた湿地、小沼帯です。

チャツボミゴケ公園 コケ

ここのチャツボミゴケは日本最大級、2,000㎡もの壮大な風景が広がります。2015年芳ヶ平湿群、穴地獄としてラムサール条約にも登録され、2017年には六合チャツボミゴケ生物群集の鉄鉱生成地として国指定の天然記念物に指定されています。

また、鉄鉱石の鉱床だったチャツボミゴケ公園は、戦中から戦後の1966年まで鉄鉱石が露天掘りにて採掘されていました。

穴地獄と呼ばれる採掘でできたくぼみに自生したのがチャツボミゴケです。穴地獄からは弱酸性の鉱泉が湧き出しているんですよ。

余談ですがここで採れた鉄鉱石を運び出すのに旧太子駅が利用されていました。

チャツボミゴケが綺麗な時期は

チャツボミゴケ公園の開園期間は例年およそ4月~11月末までですが、見ごろはその年の気候によっても異なります。

例年6月~7月、9~10月など気温があまり上がらない時期がおすすめです。あまり暑いと苔が黒くなってしまうことがあります。

気温の高い真夏は避けた方がいいかもしれません。

秋には紅葉狩りも楽しめるチャツボミゴケ公園

チャツボミゴケ公園 地図

チャツボミゴケ公園は駐車場に車を止めてアクセスします。案内所で料金を支払い公園へアクセスします。

チャツボミゴケ公園 チケット

山道を徒歩で歩くのと、バスでの送迎があります。脚力に自信がある人は徒歩でもチャレンジできますよ。

バスは1人100円で利用可能です。

チャツボミゴケ公園 バス停

受付や駐車場、売店のあるところからチャツボミゴケ公園までバスで5分もかからずアクセス可能。

バスは5分おきぐらいに来てくれるので慌てなくても大丈夫!1人100円をボックスに入れてバス停で待ちます。

チャツボミゴケ公園 バス

バスに揺られること5分弱、穴地獄の入口まで楽々アクセスできます。

バス停から徒歩5分で穴地獄に到着。

バス停からも少し穴地獄まで歩きます。坂道の脇には穴地獄から流れる酸性の小川が流れています。坂道を登っていくと、チャツボミゴケ群生地が見えてきます。

チャツボミゴケ公園 景色

群生地までの道中には白絹の滝が美しい姿を現します。

チャツボミゴケ公園 景色

チャツボミゴケ公園の一番奥に苔の群生地があり、ぐるりと一周巡れる遊歩道が整備されています。

穴地獄のあちこちで強酸性の水が流れ、そこに身を任せるかのようにチャツボミゴケが自生しています。春から夏にかけては新緑そして秋には紅葉とともに苔が楽しめます。

これが国指定の天然記念物チャツボミゴケだ!

少し日常から離れた山奥、綺麗な水の中に自生するチャツボミゴケをご覧ください。

夏場は暑さのために少し苔が黒くなってしまうとのことですが、きれいな緑色の神秘的な光景が広がります。

チャツボミゴケ公園 コケ

特に水際に多くのコケが見られます。木道を歩いていくとさまざまなコケが見られます。

壮大な大自然の中一生懸命生きている苔の姿は堂々としていてどこかはかない。

チャツボミゴケ公園 コケ

手つかずの大自然を後世に残すために中之条町が守り続け、現在もこのような形で維持されているのです。

ジェラートも味わえる!受付隣の売店

チャツボミゴケ公園 売店

チャツボミゴケ公園受付の隣には、売店やトイレが完備されています。

売店には地元の農産物や特産物、こんこんぞうりなども販売されています。

売店 こんこんぞうり

さらに!チャツボミゴケ公園ならではのチャツボミゴケジェラートが食べられます。もちろんドリンクメニューもあり、コーヒーやミルクも味わえます。

売店 メニュー

売店 メニュー

公園へのアクセス、施設情報

チャツボミゴケ公園 入り口

周辺地域は道路が狭いので大型バスなどの運行はありません。車のみのアクセスになります。

関越自動車道渋川伊香保ICより国道17号、353号、145号、292号経由1時間45分

上信越自動茶道碓氷軽井沢ICより国道146号、145号292号経由1時間45分

住所:群馬県吾妻郡中之条町大字入山13-3

電話:0279-95-5111

営業案内:4月~11月末日

見学可能時間:
4月~9月 9:00~15:00
10月~11月 9:00~14:30

入園料:500円(中之条町民300円、小学生以下無料)

バス利用料金:100円

チャツボミゴケ公式サイト:
http://chatsubomigoke.web.fc2.com/chatsubomigoke.html

付近にはキャンプ場や温泉などの観光地、バスツアーも!

標高1200メートルの高地にあるチャツボミゴケ公園。付近にはキャンプ場や草津温泉や白根山などの観光地が近くにあります。

草津温泉観光協会:
https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/

草津高原オートキャンプ場:
http://www.af08.com/camp-site/07-gunma/

白根山:
http://www.town.kusatsu.gunma.jp/

また芳ヶ平とチャツボミゴケ公園をめぐるバスツアーもあり便利!ぜひご利用ください!

チャツボミゴケ公園の秋は、紅葉と苔のコラボが幻想的なスポットまとめ

チャツボミゴケ公園 入り口

国内最大、世界の苔の中でも一番酸性に耐性のあるチャツボミゴケいかがでしたか?

標高1,200mの山奥の公園で鉱泉水に寄り添い美しい苔が自生している姿は、非日常的で癒しの景勝地でもあります。

チャツボミゴケ公園 コケ

付近には草津温泉や白根山、オートキャンプ場などがあり観光地からもアクセスしやすい場所にあります。

付近の道が少し狭いので運転に注意が必要ですが、びっくりするような山道ではないのでご安心を!

ぜひ世界でも珍しい苔を見に、足を運んでみてはいかがでしょうか!

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の観光情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の観光情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

We Love 群馬編集部

We Love 群馬編集部

We Love群馬編集部では、群馬県の有名な場所、観光地、食べ物や文化を紹介するだけでなく、地元の人しか知らない、地元の人でも知らなかったようなコアな情報まで、群馬県民も群馬県民じゃない人も知りたかった「本当の群馬」をお伝えしていきます。