【FP監修】明治安田生命の学資保険「つみたて学資」は一括払いで返戻率109%!シミュレーションや祝金について徹底解説!

明治安田生命 学資保険 返戻率 口コミ 評価

現在こども1人あたりにかかる教育費は、1000万円〜2000万円かかると言われています。
そのための資金を準備するために、昔からパパママたちが多く利用している学資保険。
しかし、学資保険は取り扱う保険会社によって、その特徴やメリット、デメリットも様々で、なかなか1つに絞ることが難しいですよね。

今回はそんな学資保険の中から、明治安田生命が手がける「つみたて学資」についての詳細と、他社との違いについて詳しく解説します。

【この記事の監修】

ファイナンシャルプランナー 西田 凌

ファイナンシャルプランナー 西田 凌
複数の保険総合代理店にて勤務後、より多くの方に「正しい情報」を届けるために、現在は完全独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍中。
年間100世帯の面談経験を元に、個人のコンサルティングやweb上での相談サービスに加え、お金の専門家として様々な情報サイトで執筆を手掛ける。
保険のみならず、年金や社会保険、資産運用や老後資金など幅広い知識で家計にベストなアドバイスを行うFPとして人気が高い。

FP2級・AFP 資格保有

⇒ 監修者のプロフィール詳細はこちら

 

つみたて学資の返戻率をシミュレーション

返戻率は、「受取学資金額総額」÷「支払い保険料総額」×100で算出することができます。
返戻率が100%を超える場合は、支払った保険金額よりも多くの学資金を受け取ることができ、反対に100%を下回ると、元本割れとなります。
返戻率は、将来の受取額の増減に直結するので、学資保険を選ぶ上でとても大事なポイントとなります。

そこで、まずは「つみたて学資」の返戻率についてシミュレーション例を紹介します。

※契約条件
子供年齢:0歳、契約者男性:30歳
満期年齢:21歳
の場合

 

受取総額 300万円 200万円
払込期間10歳まで 105.7%(月々23,640円) 104.7%(月々15,910円)
払込期間15歳まで 104.1%(月々15,910円) 102.7%(月々10,814円)

 
このように、つみたて学資は受取額を高く設定するほど「高額割引」が適用され、返戻率が高くなるという特徴があります。
また、契約時に一括払いを選ぶと、受取総額200万円の場合で返戻率108%、受取総額300万円の場合は返戻率が109%と、とても高い数値になります。

各社学資保険の返戻率比較表

こちらは主な学資保険の返戻率の比較一覧表です。
気になる学資保険がある場合は、ぜひそちらもチェックしてみてください。

 
この表を見ればわかるように、つみたて学資は学資保険の中でも比較的返戻率が高い商品であることがわかりますね。
また払込期間10年、受取総額を300万円に設定すると105.7%となり、ニッセイ学資保険の次に返戻率が高い商品となります。

プランの特徴

ではここで、つみたて学資の特徴について見ていきましょう。

加入可能年齢 子供:出産140日前から最高6歳まで
(払込期間10歳までの場合は2歳)
大人:45歳まで
保険料支払期間 10歳まで、15歳まで、全期前納(一括払い)
満期年齢 21歳
プラン内容 18歳から20歳まで毎年、合計3回祝い金を受け取り、21歳満期時に満期保険金を受け取る。
保険料払込免除 あり
子供の医療保障 なし
クレジットカード払い 未対応

 
「つみたて学資」のプランは1種類のみで、大学入学時から学資金を受け取るタイプです。
選べるのは払い込み期間で、10歳払いか15歳払い、または契約時の一括払いのいずれかを選ぶことができます。
子供の医療保障はなく、契約者に万が一のことがあった場合にそれ以降の支払いが免除される「払込免除特約」がついています。

メリット、デメリット

ここまででつみたて学資の特徴を紹介しましたが、では他社の学資保険と比べて、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリット

つみたて学資のメリットは、高額割引が適用されるところです。
他の学資保険では、保険金額が変わっても返戻率は変わらないというのが一般的ですが、つみたて学資は保険金額を高く設定することで返戻率が上るので、300万円以上の契約を考えている方にはお得な保険といえるでしょう。

また支払い方法を月払いにするとニッセイ学資保険やソニー生命の学資金準備スクエアの方が返戻率が高くなりますが、一括払いにすると学資保険の中では一番高い返戻率になります。

デメリット

デメリットとしては、祝金の受取時期が大学入学以降に限られているので、小、中、高校進学時にも祝金を受け取りたい方には向いていないところです。

例えばフコク生命の「みらいのつばさ」では、幼稚園の入園時から祝金を受け取れるプラン(ステップ型)があり、11歳払いで返戻率が104.7%です。
これは「つみたて学資」で総額200万円、支払い期間10歳までの返戻率と同じなので、「みらいのつばさ」の方が早くから祝金を受け取れる分お得です。

また一括払いで返戻率は確かにとても高くなりますが、現実問題として一括で支払うという家庭は少ないでしょう。
したがって月払いとして考えた場合、他の高返戻率の学資保険に比べると返戻率は少し低い結果となります。
また子供の医療保障がなく、特約もつけることができないので、医療保障や死亡保障も欲しいという方は、JA共済のこども共済やかんぽ生命のはじめのかんぽをを検討してみてください。
どちらも返戻率は高くありませんが、子供の保障が充実した商品です。

学資保険の相談は、保険相談窓口がベスト

学資保険には様々な種類のものがあって、プランや返戻率、メリットデメリットもそれぞれで、なかなか一つに決めることは難しいですよね。

自分に一番合った学資保険を選ぶには、プロの相談員が数ある保険商品の中から選んでくれる保険相談窓口を利用することが一番の近道です。
以下に、人気の保険相談窓口の特徴を比較した一覧表を記載しましたので、気になる保険相談窓口があったら、ぜひチェックしてみてくださいね。

保険の相談窓口比較一覧

数ある保険相談窓口の中から主な会社についての特徴を一覧表にしましたので、参考にしてみてください。

商品名 オススメ度 特 徴 取扱い
保険会社数
相談方法 キャンペーン
保険見直しラボ 学資保険
保険見直しラボ
★★★★★ 全国に約70拠点を展開。業界歴平均12.1年のベテランコンサルタントによる保険相談が受けられる。数々の保険相談ランキングで1位を取得 約30社 訪問オンライン※希望の場合は支社での相談も可 食品、美容オイルなど(1,000円前後)
保険見直しラボ 評判 口コミ
マネードクター 学資保険
マネードクター
★★★★★ 全国に97拠点を展開し、経験豊富なFP在籍数がトップクラスの1000人以上を誇り、保険以外にもマネープランなど、あらゆる提案を行ってくれる 27社 店舗
訪問
オンライン
食品、日用品など(1000円前後)
マネードクター 評判 口コミ
ほけんの時間 学資保険
ほけんの時間
★★★★ 申込実績25万件以上を誇り、業界でもトップレベルFP2000人と提携。
無理な勧誘ゼロ宣言
記載なし 訪問
オンライン
食品、タオルなど(1,000円前後)
ほけんの時間 評判 口コミ
ゼクシィ保険ショップ 学資保険
ゼクシィ
保険ショップ
★★★★ 新婚のカップル向けにライフプランを提案してくれる。
2020年10月時点での利用者が4.5万組を突破
24社 店舗
オンライン
なし
ゼクシィ保険ショップ 評判 口コミ
みんなの生命保険アドバイザー 学資保険
みんなの生命保険
アドバイザー
★★★ 業界経歴10年を突破した老舗。
無理な勧誘などがあった際には「ストップコール」制度が利用できる
民間の生命保険会社のほとんど 訪問
オンライン
黒毛和牛
みんなの生命保険アドバイザー 評判 口コミ
ほけんガーデン 学資保険
ほけんガーデン
プレミア
★★★ 担当プランナーの「人柄」と「経験」を最重視し、顧客に寄り添った提案が特徴 約10社 事務所
訪問
オンライン
ベビーフード、ベビー用品など(1500円前後)
ほけんガーデンプレミア 評判 口コミ
保険コネクト 学資保険
保険コネクト
★★ 5年以上の経験、実績、口コミによる調査など、一定の基準をクリアした保険のプロのみが在籍 記載なし 訪問のみ 防災グッズなど(1500円前後)
保険コネクト 評判 口コミ
保険ショップマンモス 学資保険
保険マンモス
★★ 全国で3500人以上のFPと提携し、累計35万人以上の相談実績。
2020年保険相談に関する調査で3冠を達成
記載なし 訪問
オンライン
食品(700~800円前後)
保険マンモス 評判 口コミ

※キャンペーンは予告なく変更・終了する場合があります

 
この中でもマネードクターは、専門知識を持ったFP(ファイナンシャルプランナー)が1000人以上という、保険相談窓口の中でもトップクラスの在籍数を誇りますす。
他ではなかなか教えてもらない保険情報や貯蓄方法などを教えてもらえるなど、口コミでもとても人気の高い、おすすめの保険相談窓口ですよ。

まとめ

明治安田生命 学資保険 返戻率 口コミ 評価

今回は明治安田生命のつみたて学資について、返戻率やその特徴を解説しました。
高額割引が他には無い特徴ですが、他の点ではあまり特筆できるメリットは無さそうです。

学資保険には様々な商品があって、祝金の受取時期や子供の保障内容など、それぞれ大きな違いがあります。
長年に渡って積み立てていく保険なので、マネープランの知識を持ったプロのFPに相談できる保険相談窓口を利用して、納得のいく契約をするようにしましょう。

ポイントまとめ

  • みらいのつばさは一括払いにすると返戻率がトップレベルになる
  • 祝金の受取時期が大学入学時以降
  • 医療保障はなく、特約をつけることもできない

> 経験豊富なFPによる無料の保険相談<
> 【マネードクター 】 <

行こうぜ!お得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須