【FP監修】郵便局(かんぽ生命)の学資保険「はじめのかんぽ」は元本割れ必至!加入するメリットはあるの?

郵便局 学資保険
LINEで送る
Pocket

学資保険である「はじめのかんぽ」を提供するかんぽ生命は、近年保険販売における不正が発覚したり、郵便貯金の不正引き出しなどのトラブルにも見舞われ、その信頼に陰りが出始めています。

学資保険といえば、この「はじめのかんぽ」は知名度もあり、かんぽ生命が長年手がけてきたサービスではありますが、返戻率が低いことでも知られています。

しかしながら未だに学資保険の中で人気があり、加入者数が多いのも事実。

今回は「はじめのかんぽ」について、どんなメリットやデメリットがあるのか詳しく解説します。

【この記事の監修】

ファイナンシャルプランナー 西田 凌

ファイナンシャルプランナー 西田 凌
複数の保険総合代理店にて勤務後、より多くの方に「正しい情報」を届けるために、現在は完全独立系のファイナンシャルプランナーとして活躍中。
年間100世帯の面談経験を元に、個人のコンサルティングやweb上での相談サービスに加え、お金の専門家として様々な情報サイトで執筆を手掛ける。
保険のみならず、年金や社会保険、資産運用や老後資金など幅広い知識で家計にベストなアドバイスを行うFPとして人気が高い。

FP2級・AFP 資格保有

⇒ 監修者のプロフィール詳細はこちら

はじめのかんぽの返戻率をシミュレーション

返戻率は、「受取学資金額総額」÷「支払い保険料総額」×100で算出することができます。
返戻率が100%を超える場合は、支払った保険金額よりも多くの学資金を受け取ることができ、反対に100%を下回ると、元本割れとなります。
返戻率は、将来の受取額の増減に直結するので、学資保険を選ぶ上でとても大事なポイントとなります。

そこで、まずは「はじめのかんぽ」の返戻率についてシミュレーション例を紹介します。

※契約条件
 子供:0歳、契約者男性:30歳
 基準学資金:200万円
 満期年齢:18歳
 入院保険金額:1日辺り3000円
の場合

 

プラン 返戻率 保険料月額 支払い期間 学資金受取時期
大学入学時の学資金準備コース 88.5% 10,460円 18歳まで 大学入学時
小・中・高+大学入学時の学資金準備コース 68.8% 13,440円 18歳まで 小、中、高、大学それぞれの入学時
大学入学時+在学中の学資金準備コース
(21歳満期)
88.3% 10,480円 18歳まで 大学入学時から1年に1回ずつの計4回

上のシミュレーション結果を見てみると、「はじめのかんぽ」の学資保険は返戻率がかなり低く、どのプランを選んでも確実に元本割れする商品であることがわかります。

各社学資保険の返戻率比較表

こちらは主な学資保険の返戻率の比較一覧表です。
気になる学資保険がある場合は、ぜひそちらもチェックしてみてください。

会社名 日本生命 ソニー生命 フコク生命 明治安田生命 第一生命 住友生命 JA共済 アフラック かんぽ生命
ロゴ ニッセイ学資保険 ソニー生命学資金準備スクエア フコク生命学資保険みらのつばさ 明治安田生命つみたて学資 第一生命こども応援団Mickey 住友生命学資保険こどもすくすく保険 JAこども共済学資応援隊 アフラック夢見るこどもの学資保険 かんぽ生命学資保険はじめのかんぽ
商品名 ニッセイ学資保険 学資金準備
スクエア
みらのつばさ つみたて学資 こども
応援団A型
こども
すくすく保険
学資応援隊 夢見るこども
の学資保険
はじめの
かんぽ
返戻率 108.5 105.5 105.5 104.8 103.6 101.7 101.1 98.1 88.5
公式
サイト
日本生命公式サイト ソニー生命公式サイト フコク生命公式サイト 明治安田生命公式サイト 第一生命公式サイト 住友生命公式サイト JA共済公式サイト アフラック公式サイト かんぽ生命公式サイト

この表を見ればわかるように、「はじめのかんぽ」は学資保険の中でも一番返戻率が低い商品であることがわかります。

プランの特徴

ではここで、はじめのかんぽの特徴について見ていきましょう。

加入可能年齢 子供:出産140日前から最高12歳まで
大人:最高65歳まで
保険料支払期間 12歳払い込み完了 又は 18歳払い込み完了
満期年齢 17,18歳 又は 21,22歳 (プランによる)
プラン内容 ①大学入学時の学資金準備コース
②小・中・高+大学入学時の学資金準備コース
③大学入学時+在学中の学資金準備コース)
保険料払込免除 あり
子供の医療保障 あり。さらに充実した特約の付帯も可能。
クレジットカード払い 初回契約時のみ

はじめのかんぽには上記のように3つのコースがあり、それぞれ受け取り時期に違いがあります。
①「大学入学時」のコースは、大学入学時(17歳又は18歳)に、満期学資金を一括で受け取るプラン。
②「小・中・高+大学入学時」のコースは、小学校、中学校、高校、大学それぞれの入学時に祝い金として学資金を受け取るプラン。
③「大学入学時+在学中」のコースは、大学入学時から進学ごとに4回に渡って学資金を受け取るプラン。

この中で一番返戻率が高いのは、①の大学入学時に一括で満期学資金を受け取るコースです。

全てのプランで返戻率が90%を切っていますので、先にも説明したように元本割れしてしまいますが、「医療特約」をつけることができるため、こどもが入院した場合や、手術などを行なった際に保障を受けることができます。

特約保障には下記のような内容があります。
・無配当傷害医療特約
・無配当総合医療特約
・無配当先進医療特約
・引受基準緩和型無配当総合医療特約
・無配当災害特約

⇒ はじめのかんぽの特約保障について詳しくはこちら

メリットとデメリット

これまではじめのかんぽの学資保険の特徴を紹介しましたが、では他社の学資保険と比べて、どういったメリットやデメリットがあるのでしょうか?

メリット

はじめのかんぽの一番のメリットは、やはりこどもの医療保障が充実しているところでしょう。
返戻率はかなり低いものの、こどものケガや病気に対する保障は、学資保険の中で一番充実した内容となっています。

教育費を貯めながらこどもの医療保険も欲しいという方なら、一つの商品で同時に解決することができるのでおすすめと言えます。
また他の学資保険に比べてこどもの加入年齢が12歳までと上限が高いのも魅力です。

ソニー生命の「学資金準備スクエア」などは、最高で3歳までに加入する必要がありますが、はじめのかんぽはこどもが大きくなってからでも加入することができます。

他ではJA共済の「こども共済」も12歳まで加入できるプランがありますので、そちらも検討してみてくださいね。

デメリット

はじめのかんぽのデメリットは、なんといってもやはり返戻率の低さですね。
はじめのかんぽは、学資保険と医療保険の両方に加入するというイメージになります。
その分子供の医療保障は確かに充実していますが、支払った金額よりはるかに下回る学資金を受け取ることになるので、何を重視するかでよく検討した方がいいでしょう。

またどの学資保険でもそうですが、途中解約をするとさらに返戻率が下がってしまうので、契約の際には途中解約をすることの無いように、無理のないプランを選ぶことが大切です。

 

学資保険の相談は、保険相談窓口がベスト

学資保険には様々な種類のものがあって、プランや返戻率、メリットデメリットもそれぞれで、なかなか一つに決めることは難しいですよね。

自分に一番合った学資保険を選ぶには、プロの相談員が数ある保険商品の中から選んでくれる保険相談窓口を利用することが一番の近道です。

以下に、人気の保険相談窓口の特徴を比較した一覧表を記載しましたので、気になる保険相談窓口があったら、ぜひチェックしてみてくださいね。
中には無料相談をするだけで必ずプレゼントがもらえるキャンペーンもありますよ。

保険の相談窓口比較一覧

数ある保険相談窓口の中から主な会社についての特徴を一覧表にしましたので、参考にしてみてください。

商品名 マネードクター ほけんガーデンプレミア ほけんの時間 保険マンモス 保険見直しラボ ゼクシィ
保険ショップ
保険コネクト みんなの
生命保険
アドバイザー
ロゴ マネードクター 学資保険 ほけんガーデン 学資保険 ほけんの時間 学資保険 保険ショップマンモス 学資保険 保険見直しラボ 学資保険 ゼクシィ保険ショップ 学資保険 保険コネクト 学資保険 みんなの生命保険アドバイザー 学資保険
特徴 全国に90店舗展開し、1,000人以上の経験豊富なFPが在籍している 担当プランナーの「人柄」と「経験」を最重視し、顧客に寄り添った提案が特徴 申込実績25万件以上を誇り、業界でもトップレベルのプランナーと提携。
無理な勧誘ゼロ宣言
2015年に実施した「保険相談サービスに関する調査」で第1位を獲得 業界歴平均12.1年のベテランコンサルタントによる保険相談ができる 新婚のカップル向けにライフプランを提案してくれる。2020年10月地点での利用者が4.5万組を突破。 5年以上の経験、実績、口コミによる調査など、一定の基準をクリアした保険のプロのみが在籍。 日本全国に2,000人以上の専門家が在籍。無理な勧誘などがあった際に「ストップコール」制度が利用できる。
取扱い保険会社数 21社 約10社 12社 担当者による 約30社 24社 担当者による 不明
オンライン相談
キャン
ペーン
食品、日用品など(600円前後) ベビーフード、ベビー用品など(600~800円前後) 食品、タオルなど(1,000円前後) 食品(700~800円前後) 食品、美容オイルなど(1,000円前後) なし 食品(1,000円前後) 食品、洗剤、タオルなど(1,000円前後)
マネードクター 評判 口コミ ほけんガーデンプレミア 評判 口コミ ほけんの時間 評判 口コミ 保険マンモス 評判 口コミ 保険見直しラボ 評判 口コミ ゼクシィ保険ショップ 評判 口コミ 保険コネクト 評判 口コミ みんなの生命保険アドバイザー 評判 口コミ

※キャンペーンは予告なく変更・終了する場合があります

この中でもマネードクターは、専門知識を持ったFP(ファイナンシャルプランナー)が1000人以上という、保険相談窓口の中でもトップクラスの在籍数を誇りますす。
他ではなかなか教えてもらない保険情報や貯蓄方法などを教えてもらえるなど、口コミでもとても人気の高い、おすすめの保険相談窓口ですよ。

 

まとめ

はじめのかんぽ 返戻率 シミュレーション メリット デメリット

「はじめのかんぽ」は数ある学資保険の中でも一番返戻率が低いというのは事実ですが、その代わり医療保障が一番充実している保険でもあります。

貯蓄性を重視するのか、保障を重視するのかで選ぶ学資保険も違ってくるでしょう。
学資保険は長期に渡って子供のための教育費を積立てていく商品です。

自分一人ではなかなか決められないという方は、ぜひ保険相談窓口を利用して、色々な学資保険のメリットやデメリットを比較してもらいながら、納得のいく契約をするようにしましょう。

ポイントまとめ

  • はじめのかんぽは返戻率が一番低く、全てのプランで90%以下
  • 医療保障の内容は一番充実している
  • こどもの年齢制限が最高12歳なので、遅くからでも加入できる

> 経験豊富なFPによる無料の保険相談<
> 【マネードクター 】 <

LINEで送る
Pocket

Gotoトラベルでお得に群馬を『旅』しよう!