洞窟観音徳明園|北関東一のスケールで紅葉&紫陽花も人気のスポット

LINEで送る
Pocket

群馬県高崎市、高崎白衣大観音がそびえたつ高崎観音山丘陵にある洞窟観音山徳公園

以前もご紹介した、50年かけて人力で掘られた400mの地下道の中に、さまざまな観音像と石彫群が安置された「洞窟観音」や、紅葉やアジサイのスポットとしても有名な回遊式日本庭園「徳明園」があります。

今回は、四季折々自然の美しい光景が見られる洞窟観音山徳公園で紅葉を鑑賞してきました。
洞窟観音および、徳明園、実業家・山田徳蔵氏が私財を投じて「多くの人々が共に楽しめる霊場・楽天地」をつくりたいと手掛けた世界の魅力をご紹介します。

三十三観音と六観音の御利益・高崎洞窟観音

高崎駅西口から3kmほど、観音山丘陵の金沢山にある「洞窟観音」
洞窟の中に安置された観音像で大変有名な観光スポットです。

新潟県柏崎市出身の呉服商・山田徳蔵氏により、大正8年から50年の歳月をかけて創設されたものです。
白衣観音の建設が昭和11年なので、同じ頃に進められていたのですね。

徳明園 白衣観音

徳明園 白衣観音

徳明園 白衣観音

徳明園 白衣観音

重機などなかった時代だったため、つるはしやスコップを使ってすべて人力で、まるで築城のように進められて完成に至りました。

徳明園 観音像

徳明園 観音像

徳明園 観音像

徳明園 観音像

400メートルを超える洞窟内の坑道にたくさんの巨石・銘石を配し、彼岸の楽土をイメージした滝や渓流などのある山奥の地を模しています。

そして、山田徳蔵氏によって新潟から招かれた名工・高橋楽山が彫った39体もの観音像が安置されており、神秘的な光景が広がります。

神秘的な法悦の世界「洞窟観音」について詳しくはこちらの記事もご覧ください。

北関東随一のスケールを誇る日本庭園「徳明園」

徳明園 日本庭園

洞窟観音に併設されている「徳明園」は北関東随一の名園ともいわれています。

三波石を中心に全国から集めた数多くの石造物や巨石が置かれた回遊式日本庭園です。その広さはなんと6,000坪を誇ります。

徳明園 回遊式日本庭園

徳明園 回遊式日本庭園

洞窟観音の反対側に徳明園の入り口があります。浦島太郎の石像がある浦島の池やつややかで美しい苔庭、防空壕跡など見どころ満載です。一部には枯山水も施され、美しい石庭が続きます。

徳明園 苔庭

徳明園 防空壕跡

徳明園 蛙石

徳明園 防空壕

徳明園 枯山水

春には新緑が美しく、秋には紅葉が美しい名所としても有名です。

徳明園 紅葉

徳明園 紅葉

徳明園 紅葉

洞窟観音と同じく、大正から昭和初期にかけて山田徳蔵に造営された、遊び心とアイデアが盛り込まれた美しい日本庭園です。

徳明園 紅葉

紅葉の見頃は、毎年11月中旬から12月上旬となりますが、毎年紅葉時期の11月中旬から下旬の土日祝日の夜間には、日没から19時半までライトアップもおこなわれています(2019年度は終了しております)。

創設者山田徳蔵の生涯を展示する山徳記念館

徳明園 山徳記念館

私財を投じ、多くの人が楽しめる霊場・楽天地を建設した実業家・山田徳蔵氏は「飛行場設置調査委員会」の委員長でもありました。

徳明園 山徳記念館

地中に洞窟観音、地上に徳明園を、空に高崎号をと唱えた氏の記念館「山徳記念館」も園内にあります。

山田徳蔵氏と親睦の深かった近代漫画家・北沢楽天の作品をはじめ、徳蔵が呉服店を営んでいた時の様子、高崎航空普及協会関連資料、さらには洞窟観音をつくるに至った興味深い資料などが展示されています。

徳明園 山徳記念館 資料

館内入り口にはなんと、上州弁の紹介幕があります。

徳明園 紹介幕

そして中に入ると、名工・高橋楽山のつくった観音様すべての写真が展示されています。
館内にはまるで切り絵のような美しいステンドガラスがあしらわれています。

徳明園 ステンドガラス

館内入り口にはショップがありお土産なども購入できますよ。

徳明園 お土産ショップ

山徳記念館隣にはカフェも

徳明園 カフェ

山徳記念館つづき隣の建屋では、美しい庭園を眺めながらカフェメニューが楽しめます。のんびりと縁側に座って一服いかがですか?

徳明園 カフェ

珈琲や抹茶ラテ単品350円、抹茶とお菓子のセット600円。のんびりとくつろぎながら甘味を味わえますよ。

御朱印やお守りなども入手できる

洞窟観音山徳公園では御朱印やお守りも取り扱っています。とくに御朱印の種類が豊富で人気も高いようです。

徳明園 御朱印

さまざまな願いにあった御朱印があるので、自分にぴったりのものを選んでみてはいかがでしょうか?

徳明園 御朱印

洞窟観音山徳公園基本情報(営業時間・アクセス)

徳明園 基本情報

営業時間:
4月~11月 10:00~17:00 
12月~3月 10:00~16:00

入園料(洞窟観音・徳明園・山徳記念館総合犬):
4月~11月 大人800円 子供400円
12月~3月 大人600円 子供400円

定休日:無休(※12月第3週の平日のみ休業)

住所:群馬県高崎市石原町2857

電話:027-323-3766

アクセス:
車 関越自動車道高崎ICより約25分 
電車 JR高崎駅よりバス約20分
※「徳明園」ではカーナビ検索ができないため「洞窟観音」または「山徳記念館」での検索してください

駐車場:あり(無料・洞窟観音入口前第一駐車場ほか普通車計40台可能)

公式HP:http://www5.wind.ne.jp/yamatokuen/

 

まとめ

徳明園 洞窟観音

北関東随一、6,000坪の広さを誇る回遊式庭園の徳明園、50年もの歳月をかけて手で作り出した洞窟観音、そして創設者を記念して建てられた山徳記念館いかがでしたか?

徳明園は四季折々の自然が堪能でき、とくに秋には紅葉スポットとして県内外から多くの人が足を運ぶ人気の名所です。

摩訶不思議な洞窟観音とともに見ごたえのある庭園で四季を感じてみてくださいね。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須