1. TOP
  2. 高崎に神秘の洞窟が!『洞窟観音』の不思議に迫る

高崎に神秘の洞窟が!『洞窟観音』の不思議に迫る

LINEで送る
Pocket

「人々が楽しめる霊場を作りたい」と、
高崎市田町の呉服商として財を成した故山田徳蔵が私財を投じ、
50年間にも及ぶ歳月をかけて完成させた「洞窟観音」。

観音菩薩を日頃から深く信心していた山田氏は、
「子孫に残す金があったらそれを投じて世の為に尽すのが真実の人間である」
という強い意志のもと、全財産を投げ打って取り組んだ一大事業でした。

大正7年に着工し、重機も動力もないなか、
つるはしとスコップなどを使ったすべて人力での作業。
洞窟内の長さは約400m。

33体の観音を中心に、さまざまな石仏、石像、石塔が安置されています。
地元に住んでいながらも、知らない人が多いという洞窟観音。
今回は高崎市観音山にある、神秘的で荘厳な名スポット『洞窟観音』をご紹介します。

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!