四万温泉を楽しみ尽くす!おすすめ観光・人気スポット15選!

積善館 入り口
LINEで送る
Pocket

群馬の人気観光温泉地であり観光スポットでもある四万温泉。昭和レトロな雰囲気が漂い、映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなった宿も有名です。

国民保養温泉地の第一号にも指定されるほどの歴史ある温泉でありながら、2018年の温泉総選挙では女子旅部門で1位を獲得と若者にも人気の温泉地です!

そんな幅広い年齢層から愛されている四万温泉のおすすめ観光地や宿・グルメ情報など人気のスポットをまとめてご紹介します!

家族旅行はもちろん、友達やカップルも楽しめるスポットばかりなので、ぜひ旅行プランの参考にしてくださいね。

環境省のお墨付き!四万温泉の魅力とは?

1954年(昭和29年)に国民保養温泉地の第一号に指定され、優れた温泉地として環境省お墨付きの四万温泉

四万温泉とは「四万(よんまん)の病に効く霊泉」という伝説がその名の由来といわれ、どこかなつかしい、落ち着いた雰囲気の温泉地です。

草津温泉は強酸性ですが、四万温泉の泉質は保湿・美肌効果のある塩化物・硫酸塩泉であり、古くから「草津の仕上げ湯」といわれます。飲めば胃腸によく、入浴すれば肌によいといわれてきました。

四万温泉協会HPで配信されている「湯散歩マップ」「日帰り温泉マップ」を活用して、気軽に泉飲や足湯、日帰り温泉が楽しめます。

湯さんぽ MAP
©http://shimaonsen.com/appeal/walkmap

日帰り温泉 マップ
©http://shimaonsen.com/one-day

「四万温泉日帰り温泉マップ」について、もっと知りたい人にはこちらの記事がおすすめです。

四万温泉のおすすめ宿・温泉

温泉 石
©https://nakanojo-kanko.jp/shima/hotsprings/

温泉地といえば、やっぱり宿に泊まってゆったりと過ごしたいもの。
まずは、ゆっくりと楽しめる宿と日帰り入浴も可能な温泉をご紹介しましょう。

「千と千尋の神隠し」の舞台となった【積善館】

積善館 入り口
©https://nakanojo-kanko.jp/shima/hotsprings/

「積善館(せきぜんかん)」は、2001年に公開された映画「千と千尋の神隠し」のモデルとなったといわれています。

元禄7年開業の歴史ある旅館は、日本最古の湯宿建築であり重要文化財ともなっている「積善館本館」、昭和初期に建築され桃山様式の室内装飾がロマンあふれる「山荘」、昭和61年に高台に建築された伝統と現代が融合するもっとも新しい「佳松亭」と3つの建物からなります。

そしてもっとも大きな特徴は、国の登録有形文化財でもある「元禄の湯」
アーチ状の窓から陽が差し込み、タイル張りの床に石造りの浴槽が5つ並ぶ大正ロマンあふれる特徴的なつくりとなっています。

元禄の湯と岩風呂では、日帰り入浴も可能です。

出典

四万川にかかる赤い橋を渡れば、まるで千と千尋の世界。日常を離れた優雅な気分にひたれること間違いなしです。

⇒ 積善館の詳細はこちら
積善館についてこちらでご紹介しています。

【基本情報】

営業時間(日帰り入浴):11:00 〜 17:00(受付は16時まで)

定休日:不定休

料金:プランによる(日帰り入浴は1,200円)

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万温泉

電話:0279-63-2101

駐車場:あり

アクセス:車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約60分

子供向けサービスが嬉しい【時わすれの宿佳元】

時わすれの宿 佳元
出典:

料理旅館「時わすれの宿佳元(よしもと)」は群馬県の新鮮な素材を生かし、心を込めた会席料理が人気。全8室のうち、温泉露天風呂付の客室が4室あり、贅沢なひとときを過ごせます。
囲炉裏ラウンジでは、群馬の銘酒を無料にて利き酒ができるので、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また、家族連れには嬉しいお子さま向けサービスも充実しています。お子さま用料理や大浴場の子供用椅子や桶はもちろん、おもちゃや絵本の貸し出しも利用できます。

温泉は、男女別の内風呂と露天風呂のほかに、ステンドグラスの無料貸切風呂があるので家族での利用が可能です。

残念ながら大浴場は宿泊客のみの利用なので、ぜひ、宿泊して四万の隠れ家を体感してみてください。

⇒ 時わすれの宿佳元の詳細はこちら

【基本情報】

料金:プランによる

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万4344-2

電話:0279-64-2314

駐車場:あり

アクセス:車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約60分

温泉ブログで人気の愉快な宿【四万やまぐち館】

四万やまぐち館 外観
出典

なつかしい昭和の町並みを再現した館内が温泉ブログやSNSでも人気の「四万やまぐち館」

渓谷に佇む源泉湯宿の名物「お題目大露天風呂」「四万川の湯」はとくに人気が高いです。どちらも渓流に面しており、四季折々の風情を感じながら温泉を楽しめます。

立ち寄り湯としても利用できるほか、食事付きの日帰り入浴プランもあります(要予約)。

やまぐち館 温泉
出典

最上階の貸切展望風呂は4種あり、有料(1時間2,000円から3,000円)で水入らずの贅沢な時間が楽しめます(予約制・先着順)。

館内の「俵町広場」とよばれるスペースでは、名物女将の紙芝居や四季折々の演芸を楽しめるのも魅力です。

⇒ 四万やまぐち館の詳細はこちら

【基本情報】

営業時間(日帰り入浴):12:00 〜 19:00

定休日:無休

料金:プランによる(日帰り入浴は1,000円)

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万3876-1

電話:0279-64-2011

駐車場:あり

アクセス:車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約60分

無料の飲泉と足湯が評判【ゆずりは社の足湯飲泉所】

ゆずりは社 足湯飲泉所
©https://nakanojo-kanko.jp/shima/hotsprings/%E3%82%86%E3%81%9A%E3%82%8A%E3%81%AF%E9%A3%B2%E6%B3%89%E6%89%80/

四万温泉ゆずりは地区にある「国民宿舎ゆずりは荘」の前、八角形の建物「ゆずりは社の足湯飲泉所」

ベンチがあり広々としているので、散策途中の休憩所としてもピッタリです。足湯もあるので温泉散策とともに、無料で癒しの時間が過ごせます。

中には四万温泉協会絵手紙コンテストの作品が展示されています。

【基本情報】

料金:無料

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万4237-7

アクセス:車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約60分

公式HPhttps://nakanojo-kanko.jp/

四万の湯をタダで満喫!【御夢想の湯】

「御夢想(ごむそう)の湯」は四万温泉の一番奥、日向見地区にある共同湯です。
建物は2006年(平成18年)に建築と比較的新しい湯屋づくりで、四万温泉発祥伝説を伝える源泉を使用しています。

入浴料は無料で、駐車場も無料。

目の前に日向見薬師堂と日向見薬師の足湯があるので、温泉と足湯がともに楽しめます。簡易ロッカーのみで、石けんやタオルなどは持参が必要です。

【基本情報】

営業時間:9:00~15:00

定休日:無休

料金:無料

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万4372-1

電話:0279-64-2321(四万温泉協会)

駐車場:あり・10台

アクセス:車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約60分

公式HPhttp://shimaonsen.org/unchiku/unchiku4.html

四万に来たら外せない!感動の絶景スポット

四万温泉周辺には、美しい自然や天然記念物などのみどころもたくさんあります。
「ここだけは外せない」というスポットを、いくつかご紹介します。

【奥四万湖】四万ブルーを壮大なスケールで

奥四万湖 四万ブルー
©https://nakanojo-kanko.jp/shima/spots/

奥四万湖は、四万川ダムによりつくられたダム湖です。あざやかなコバルトブルーの美しい湖で、その青は四万ブルーとよばれています。

雪解け水が流れる3月から5月頃四万ブルーのもっとも美しいシーズンといわれ、秋には湖周辺の広葉樹林が紅葉し四季折々の美しさを楽しめます。

湖の周りは車で一周でき、ダムの周辺には「栂(つが)の広場」「赤沢安らぎ広場」「稲包せせらぎ公園」などの公園や見晴台、堤防の下側に「日向見公園」という絶景が楽しめるスポットがあります。

【基本情報】

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万

駐車場:あり

アクセス:車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約80分

公式HPhttps://nakanojo-kanko.jp/shima/spots/

【甌穴群】(おうけつぐん)群馬県天然記念物

甌穴群 川

四万の代表的な観光名所であり、群馬県天然記念物にもなっている「四万の甌穴群」

甌穴とは、川の流れが渦巻き状になることより石や砂が同じところを循環し、川底の岩盤と接触して侵食されてできた丸い穴で、ポットホールともいわれています。

四万のこのスポットには大小合わせて8つの穴があります。

また、甌穴の入口にあたる駐車場敷地内には自然を望む形で建つお店「森のカフェKISEKI(キセキ)」があります。

夏はテラスに席が並び、冬は薪ストーブが灯る雰囲気のよい人気店です。四万を訪れた際にはぜひ寄ってみてくださいね。

【基本情報】

四万甌穴群/森のカフェKISEKI

営業時間:10:00~15:00

定休日:12月1日~2月29日の間 水・木曜日(12月23日~1月4日までは無休)

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万3497

電話:0279-64-2290

駐車場:あり

アクセス:車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約60分

公式HPhttps://www.cafe-kiseki.net/

こちらの記事では甌穴の美しさと自然の偉大さをご紹介しています。

群馬の大自然の中で、ゆったりとしたひと時を過ごしませんか?

【摩耶の滝】縁結びの摩耶姫伝説の地

摩耶の滝 滝
©https://nakanojo-kanko.jp/shima/appeal/nature/

四万の最奥部にある名瀑「摩耶の滝」は、落差20m以上と勢いのよい落下がみられる滝です。

お不動さまのお導きにより、摩耶姫という美しい娘と立派な若者が出会ったという摩耶姫伝説があり、縁結びや子宝スポットとしても人気。

御夢想の湯や日向見薬師堂のある日向見地区より、摩耶の滝遊歩道を通って徒歩で2kmほどの距離にある、知る人ぞ知る絶景スポットです。

【基本情報】

住所:群馬県吾妻郡中之条町大字四万 温泉最奥部

駐車場:なし

アクセス:「JR中之条駅」より関越交通バス四万温泉行乗車40分・終点より徒歩約70分
関越自動車道「渋川伊香保IC」より約70分

公式HPhttps://nakanojo-kanko.jp/shima/appeal/nature/

四万温泉の四季を体感!おすすめ観光スポット

おすすめ 観光スポット
©https://nakanojo-kanko.jp/shima/spots/

四万温泉では四季折々の美しい自然が楽しめます。
季節ごとのおすすめポイントをご紹介しましょう。

春(4月~5月)四万のパワースポットで桜見物

薬師堂 四万の桜

四万の桜遅咲きで5月までお花見ができます。

みごろの目安は毎年4月下旬から5月初旬で、国指定重要文化財となっているパワースポット、日向見薬師堂(ひなたみやくしどう)が有名。ひっそりと咲く桜が情緒豊かです。

日向見薬師はその地から四万温泉が湧いたという伝説があり、目の前には先に紹介した無料の共同浴場「御夢想の湯」足湯がありのんびりと過ごせます。

【基本情報】

日向見薬師堂

住所:群馬県吾妻郡中之条町大字四万4371

電話:0279-75-8814

駐車場:あり

アクセス:車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約60分

公式HPhttps://nakanojo-kanko.jp/shima/spots/

夏(6月~8月)四万湖カヌーツアーを体験


県営中之条発電所の貯水池である人造湖「四万湖(中之条ダム)」では、夏にカヌーツアーなどのアクティビティーが楽しめます。

子供は4才以上から体験可能で、休日や夏休みには多くの人が訪れます。

より青い水を楽しみたい場合は4月から6月頃がおすすめです。

【基本情報】

レイクウォーク四万ベース

開催期間:3月下旬~11月上旬(詳細は公式HPでご確認ください)

料金:中学生以上 6,500円、4歳~小学生 5,500円

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万14-1

電話:0278-72-2870

駐車場:あり(中之条ダム管理事務所)

アクセス:車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約45分

公式HPhttp://www.lakewalk.jp/contents/category/shimako/

秋(10月~11月)紅葉狩りウォーキング

四万川ダムの下に位置する日向見(ひなたみ)公園はお散歩にぴったりのスポット。
公園から四万川に降りることもできます。紅葉の季節はとくに散策するのにおすすめの公園です。

日向見公園で紅葉を楽しんだあとは、近くの日向見薬師、摩耶の滝、奥四万湖をめぐるというウォーキングコースはいかがでしょうか?

【基本情報】

日向見公園

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万

アクセス:バス停「四万温泉」から徒歩25分

冬(1月~3月)スノーシューで白銀の世界へ

チャツボミゴケ 公園

四万温泉より車で約1時間、熊倉地区にある「チャツボミゴケ公園」は本州ではここだけでみられるというチャツボミゴケで有名なパワースポットです。

11月から4月下旬までは雪が多いため閉鎖となりますが、中之条町観光協会主催のツアー参加者に限り特別に入園が許可されています。

チャツボミゴケ公園は2015年5月、とくに水鳥の生息地として国際的に重要な湿地として選ばれるラムサール条約に登録。2017年2月には国の天然記念物にも指定されています。

春から秋にかけて訪れるのもいいですが、スノーシューツアーでは銀世界の中チャツボミゴケ公園を楽しめます。

【基本情報】

営業時間
4月~9月 9:00~15:00
10月~11月 9:00~14:30

定休日:12月~4月下旬

スノーシューハイキング開催期間(予定):1月上旬から3月下旬

住所:群馬県吾妻郡中之条町入山13-3

電話:0279-95-5111

駐車場:あり

アクセス:関越自動車道「渋川伊香保IC」より105分

公式HPhttps://nakanojo-kanko.jp/kuni/

公式Facebookhttps://www.facebook.com/nakanojo.kanko/

※スノーシューハイキングの募集については、11月頃からの予定です。
詳細は中之条町観光協会公式Facebookや六合の里温泉郷組合HPでの発表をご確認ください。

こちらの記事では秋のチャツボミゴケ公園内を散策して実際の様子を案内しています。

四万温泉のスイーツ・グルメ・地酒

ドリップ コーヒー
©https://nakanojo-kanko.jp/shima/shops/

温泉や自然を感じるのもいいけれど、やはり外せないのはグルメです。
四万温泉にはおしゃれなカフェやおいしい食事・地酒も楽しめますよ。

インスタ映えで人気【柏屋カフェ】

カフェ 温泉
出典:食べログ

四万の温泉街、新湯地区(桐木平商店街)にあるおしゃれなカフェ「四万柏屋カフェ」。昭和初期の建物を改装した、ノスタルジックな内外装で、InstagramなどのSNSでも話題のお店です。

こちらでは、温泉マークの「温泉カプチーノ」と、2つの味が楽しめる「柏屋カレー」が大人気!

コーヒーは自家焙煎、紅茶も世界の高級ホテルが愛用するロンネフェルトを使用するというこだわりぶりです。

温泉街でゆっくりしながらスイーツ、カフェ、食事などマルチに楽しめるおすすめのお店です。

⇒ 柏屋カフェの詳細はこちら

【基本情報】

営業時間:10:00~17:00(L.O.16:30)

定休日:営業カレンダーによる

電話:0279-64-2414

駐車場:あり

アクセス
車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約60分
バス 関越交通中之条-四万温泉線「四万局前」下車徒歩2分

公式HPhttps://www.onsen-cafe.com/

こちらでも柏屋カフェをご案内しています。

江戸時代から続く老舗そば屋【小松屋】

小松屋 そば
出典:ぐるなび

先代から伝わる石臼製粉機による自家製粉麺を提供するのは、四万グランドホテルのそば、落合通りにある老舗そば店「小松屋」

地元農家栽培の玄蕎麦を使用した、挽きたて、打ちたてのそばは絶品です。
また一日数量限定で、そば粉100%で手打ちする生粉打ち蕎麦(きこうちそば)も提供。そばの強い香りと風味が感じられる逸品です。
手引き石臼で製粉し手打ちするため、数日前に予約すると安心ですよ。

⇒ 小松屋の詳細はこちら

【基本情報】

営業時間:11:30~15:00(売り切れ次第終了)

定休日:不定休

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万4224-2

電話:0279-64-2609

アクセス:関越自動車道「渋川伊香保IC」より約60分

公式HPhttp://soba-komatsuya.com

四万の地酒がそろう【わしの屋酒店】

四万温泉街のコンビニ的存在なのは「わしの屋酒店」。地酒にこだわったお店ですが、顧客の要望に応えるうちにパン、お弁当にお菓子、アイス、雑誌にタバコ、切手まで提供するようになったとのことです。

四万温泉には酒蔵がありませんが、わしの屋酒店では、四万温泉の源泉や、四万川の水で育てた酒米を仕込んだ地酒などが販売されています。

また、わしの屋酒店が製造直売する「四万温泉エール」が人気です。

【基本情報】

営業時間:8:00~21:00

定休日:なし

住所:群馬県吾妻郡中之条町四万3894-1

電話:0279-64-2608

駐車場:あり(3台)

アクセス:車 関越自動車道「渋川伊香保IC」より約60分

公式HPhttp://jizake.info

地酒じゃない「四万温泉エール」についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

四万温泉へのアクセス

車 女

四万温泉は、草津温泉から車で1時間ほどの距離、群馬県吾妻郡中之条町にあります。
四万温泉へのアクセス方法をそれぞれご紹介します。

車でのアクセス

東京・栃木・東北方面から
関越自動車道「渋川伊香保IC」下車、国道17号、国道353号経由で約60分。

新潟・北陸方面から
関越自動車道「月夜野IC」下車、国道17号、赤根峠、国道145、353号経由で約60分。

長野・東海・関西方面から
上信越自動車道「上田菅平IC」下車、国道144、145、353号経由で約120分。
または 上信越自動車道「碓氷軽井沢IC」下車、中軽井沢経由、国道146、145、353号経由で約120分。
また、冬期は閉鎖されていますが、上信越自動車道「信州中野IC」下車、志賀草津高原ルート越え、草津温泉経由で約150分です。

電車、バスでのアクセス

JR吾妻線中之条駅下車、関越交通四万温泉行きバスで約40分
※中之条駅までのルート は下記のいずれかになります。

  • 上越・長野新幹線・高崎で下車してJR吾妻線へ乗り換え約50分
  • JR上越線渋川駅で下車してJR吾妻線へ乗り換えして30分
  • 上野から中之条駅まで直通の特急草津号もあり

東京から高速バス

東京駅八重洲通りから四万温泉まで約3時間半で到着する、関越交通運行の高速バス「四万温泉号」(※要予約)もあります。

運賃は往復5,100円(片道3,100円)で、乗り換えなしなのでラクチンです。
詳細は関越交通まで。

関越交通https://kan-etsu.net/publics/index/18/

まとめ

四万 温泉
©https://nakanojo-kanko.jp/shima/hotsprings/

群馬屈指の観光地・四万温泉。温泉とともに楽しめる観光や宿、グルメなどのおすすめスポットなどをご紹介しました。

四季折々の雄大な自然の美しさや重みのある文化遺産、土地ならではのアクティビティーなども楽しめます。

効能豊かな泉質の温泉と地元ならではのおいしい食事、また情緒豊かな旅館や町並みなど、楽しめるところがたくさんあり、満足すること間違いなしです。

ぜひ四万温泉の魅力を存分に満喫してみてくださいね!

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す