1. TOP
  2. イベント
  3. 群馬といえば温泉!温泉といえば群馬!四万温泉で日帰り入浴を存分に楽しもう!

群馬といえば温泉!温泉といえば群馬!四万温泉で日帰り入浴を存分に楽しもう!

LINEで送る
Pocket

群馬県吾妻郡中之条町にある四万温泉は、四万もの病気に聞くといわれる伝説を持つ温泉です。

標高700メートルの上越高原国立公園にあり、多くの温泉旅館の源泉が楽しめます。

温泉街には、木造の歴史ある旅館や、近代的なホテルが立ち並びます。

近くには草津温泉もあり草津ナウリゾートなどスキーとともに温泉が楽しめる施設もあります。

ここでは四万温泉を日帰りで楽しめる施設を紹介します。

歴史ある旅館を日帰り温泉で楽しむ

四万温泉は泉質のよい温泉がたくさん。

露天風呂や貸し切り露天風呂、露天風呂付客室、さらにはお酒を飲みながら入れる露天風呂、さらに足湯など豊富な種類の温泉が楽しめます。

宿泊したいけれどなかなか時間が取れないという方は、日帰り温泉を楽しんじゃいましょう!

日帰り温泉を巡れるマップで好きな温泉に入浴しよう!

四万温泉では日帰り温泉が楽しめるように、日帰り温泉マップを配布しています。

http://shimaonsen.com/wp-content/uploads/2016/07/higaeri20160210.pdf

ダウンロードしてお目当ての温泉を探し、日帰り温泉を楽しんじゃいましょう。

四万温泉のメインストリートは、お土産屋さんや酒屋さんなど見どころ満載です。

無料の日帰り温泉施設

質の良い温泉を、なんと無料!で楽しめる施設を紹介します。

住所などは温泉マップを参照してくださいね。

河原の湯

簡単なロッカーのみでコインロッカーなし。

タオルや石鹸などの持参が必要です。

営業時間:9:00~15:00

御夢想の湯

簡単なロッカーのみでコインロッカーなし。タオルや石鹸などの持参が必要です。

営業時間:9:00~15:00

上之湯

簡単なロッカーのみでコインロッカーなし。

タオルや石鹸などの持参が必要です。

営業時間:9:00~15:00

日帰り入浴ができる施設

続いては、日帰り入浴が出来る施設です。

食事や休憩が出来る施設もありますよ!

町営四万清流の湯

個室で1時間休憩ができる町営の温泉です。

個室利用料金は平日1000円、土日祝祭日は1500円。

入浴料金:2時間500円とお得に入ることができます。

営業時間:10:00~21:00

町営こしきの湯

四万川ダム近くにある町営の日帰り温泉です。

のんびりと入浴ができるとおすすめです。

入浴料金:400円

営業時間:10:00~17:00

積善館

300年以上の歴史を持つ老舗温泉旅館でも日帰り入浴が可能です。

昭和5年に作られた元禄の湯は、大正時代の雰囲気を存分に味わえる浴室。歴史を存分に感じられます。

入浴料金:1200円

営業時間:10:00~16:00

四万やまぐち館

四季折々の自然を感じながら入浴できる温泉。

清流四万川のすぐ近くにあります。

入浴料金:1000円

営業時間:12:00~19:00

湯の宿山ばと

家族風呂が3つあり、食事と部屋での休憩がセットになり、貸し切り温泉が利用できます。

大浴場はありません。家族などみんなで温泉が楽しめます。

入浴料金:2160円(そば・うどん付き)

営業時間:10:00~13:00

日帰りプラン(入浴と客室休憩昼食お膳料理付き):6480円

中生館

渓流と森にかこまれ、自然の中でのんびりと過ごす事ができる温泉施設。

近くには重要文化財の日向見薬師堂屋足湯があります。

入浴料金:500円

営業時間:10:00~14:00

鹿覗キセキノ湯 つるや

CMにも使われたことがあるので、見たことがあるという方もいらっしゃるかもしれませんが、100t以上の自然石でできた大浴場で、源泉かけ流し「露天風呂キセキの湯」が楽しめる温泉です。

入浴料金:2160円

営業時間:11:00~14:00(貸し切り湯2時間)

四万たむら

森のこだまと呼ばれる滝見露天のある温泉。

緑に囲まれ、そして滝の音を聞きながら、ゆったりと温泉に浸かれるので癒されます。

入浴料金:1730円

営業時間:10:00~15:00

四万グランドホテル

館内に泉飲所を持つ温泉。
内と外から体を温めることができます。

入浴料金:1080円

営業時間:10:30~15:00

あやめや旅館

温かい雰囲気で心和む温泉旅館。

入浴料金:648円

営業時間:11:00~15:00

日帰りプラン(日帰り入浴とお部屋休憩):2700円

はつしろ旅館

お部屋で和食善の楽しめる旅館。内風呂は24時間入浴できます。

入浴料金:400円

営業時間:10:00~16:00

三木屋旅館

女性にとってうれしい、浴衣のレンタルサービスがある温泉。

自分好みの浴衣で温泉気分を満喫できます。

入浴料金:1000円

営業時間:14:30~19:00

四万ゆずりは荘

無色透明のアルカリ性温泉、肌にとてもやさしい天然温泉です。

入浴料金:600円

営業時間:13:00~17:00

やまの旅館

筋肉痛や関節炎、冷え性などに効果があり、家庭的でアットホームな雰囲気の温泉です。

入浴料金:300円

営業時間:10:00~14:00

唐沢屋旅館

2種類の源泉かけ流し温泉が楽しめます。心まで温かくなる旅館です。

入浴料金:500円

営業時間:11:00~15:00

つばたや旅館

自家源泉のお風呂で体を温めていると、川のせせらぎが聞こえます。開放感あふれる露天風呂は気分爽快。

日帰り入浴と客室休憩プラン:1000円

営業時間:11:00~15:00

豊島屋

6時間の滞在ができる、非日常の世界を味わえる日帰り温泉。

ワンランク上の日帰り入浴を楽しみたい方におススメです。

日帰り入浴と個室休憩里山懐石プラン:9800円

このように四万温泉には日帰り入浴や客室休憩、食事つきプランのある温泉が多数あります。

宿泊はちょっとという方でも日帰りで四万温泉を存分に満喫できます。

【日帰り温泉が楽しめる施設一覧】

http://shimaonsen.com/wp-content/uploads/2016/07/higaeri20160210.pdf

飲泉や足湯も楽しめる!

四万の湯は飲むと胃腸によく、浸かると美肌になるといわれ、古くから愛されています。

そのため温泉だけでなく飲泉所も多数あります。

胃腸病や食欲増進効果が期待できます。

飲泉所一覧
http://shimaonsen.com/appeal/insen

もちろん足湯もあり、観光客で常ににぎわっています。

体全体の血行がよくなり、新陳代謝を高めてくれます。

足湯一覧
http://shimaonsen.com/appeal/footbath

旅行に役立つ四万温泉便利手帳「よってんべぇ」

http://shimaonsen.com/appeal/passport

四万温泉の歩き方ガイドよってんべぇはカテゴリーごとにお店や旅館、足湯や飲泉所などが探せる便利なガイドブック。

総額2000円以上の特典や割引サービスが受けられお得!

旅のお供にしてみてはいかがでしょうか。

価格:100円

販売場所:四万温泉観光協会、加盟店

問合せ:0279-64-2321

宿泊施設も充実

四万温泉といえば歴史ある旅館から、近代的なホテルまで多数の宿泊施設があります。

中には文化財になっている温泉旅館もあります。

沢山の個性あふれるお宿が魅惑的な四万温泉、時間に余裕がある人は泊まって存分に四万温泉の良さを堪能してみてください。

宿泊施設一覧
http://shimaonsen.com/store/stores/hotel

四万温泉へのアクセスおよび駐車場

車:関越自動車道渋川伊香保ICから国道17号、353号線でおよそ1時間

高速バス:東京駅八重洲通りから四万温泉まで毎日1往復しています。(冬季間は2往復)

片道3100円 往復5100円

問合せ:関越交通 0120-12-8805

駐車場:四万温泉入口の川原に無料の駐車場完備

群馬といえば温泉!温泉といえば群馬!四万温泉で日帰り入浴を存分に楽しもう!まとめ

上流には美しいコバルトブルーの四万川ダムがあり、そこから流れ出る透き通った清流。

そのすぐそばでのんびりとした時間を過ごせる四万温泉は、宿泊だけでなく、日帰り温泉や飲泉、そして足湯もあり存分に楽しめます。

 

無料で入浴できるところからお部屋での食事つきのプランまで、日帰りでもバリエーション豊富、自分好みの日帰り入浴が楽しめます。

美しい四万のロケーションを眺めながら日帰り温泉楽しんでみませんか?

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

We Love 群馬編集部

We Love 群馬編集部

We Love群馬編集部では、群馬県の有名な場所、観光地、食べ物や文化を紹介するだけでなく、地元の人しか知らない、地元の人でも知らなかったようなコアな情報まで、群馬県民も群馬県民じゃない人も知りたかった「本当の群馬」をお伝えしていきます。