【歌手】BUCK-TICK櫻井敦司|イケメンの頂点に立つまでの半生と逸話・伝説まとめ

BUCK-TICK 櫻井敦司
LINEで送る
Pocket

日本を代表する伝説のロックバンドBUCK-TICKボーカル櫻井敦司さん。キリッとした目、高身長ですらっとしたスタイル、個性的だけどかっこいいファッションで多くの方を虜にしてきました。デビューしてから約30年経った現在でも変わらずイケメンで大人の色気たっぷりですね。
ファンからは「あっちゃん」や「魔王」と呼ばれているのだそうですが、そんな外見とは裏腹に猫アレルギーにもかかわらず大の猫好きで2匹の猫を飼っているそうです。
歌声だけでなく、内面も容姿も魅力的な櫻井敦司さんの半生や伝説をご紹介ます。

【櫻井敦司】さんのプロフィール

デビューしてから17年後の2004年から本格的にソロプロジェクト『THE MORTAL』を開始、同年に『愛の惑星Live』を成功させ初回限定盤と通常盤にてDVDを発売しました。ひと昔に流行していた「トレカ」を集めるファンが今でも多いのかフリマアプリなどで取引されています。
現在でも十分美しい容姿ですが卒アルを拝見したところ177cmという高めな身長やキリッとした笑顔に磨きがかかり若いころから多くのファンを虜にしてきたのでしょう。

しかし、櫻井敦司さんは壮絶な幼少期を過ごしており父親からの暴力、最愛の母親の死、高校時代の友人が起こした事件など波乱万丈な人生を送ってきました。
そんな孤独な時期を過ごしてきたからこそ、とても優しい性格なようで「孤独は強さであり、孤独を好きと言えるようになった。」とインタビューの中で答えています。

芸名:櫻井敦司、ATSUSHI

本名:櫻井敦司

生年月日:1966年3月7日

血液型:O型

身長:177cm

職業:ボーカリスト、作詞家

所属:BANKER

出身地:群馬県藤岡市

これまでの経歴

Buck-Tickさんの投稿 2014年6月4日水曜日

当時の音楽業界で流行していたロックバンドスタイル。その流行に乗り1987年に5人組バンドBUCK-TICK(バクチク)のメンバーの1人として異例となるライブビデオでのデビューを果たしました。結成当初は非難GO-GOという名前で活動していましたが、翌年に現在のBUCK-TICKに変えています。
ボーカルの櫻井敦司さんはじめ、ギターの今井寿さん、同じくギターの星野英彦さん、ベースの樋口豊さん、ドラムのヤガミトールさんの5人で結成、そして全員群馬県出身です。また櫻井敦司さんは作曲をほとんどしたことがなく、「今井やヒデが曲を持ってこないと詩は書けない」と語っています。
デビューしてから約35年、現在もメンバーが変わらず活動中のBACK-TICK。レコーディング中の空き時間にメンバー内でテレビゲームが流行り、1日で驚くほどのお金を使ってしまう金遣いが荒いという話が逸話として残っています。

家族や交友関係|複雑な過去・生い立ち

Buck-Tickさんの投稿 2017年7月28日金曜日

幼少期の自宅は群馬県藤岡市にあり、父、母、兄の4人家族の次男として育ちました。
櫻井敦司さんは父親に似ていると言い、誕生日、血液型も同じで自分の原点でもあると答えています。一見どこにでも存在する普通の家族のように見えますが実は複雑な幼少期を過ごしてきました。
群馬県県立藤岡高校に入学し、クラスメイトとは一言も口を開く事がない日があったそうです。他の学校の友人とばかり遊んでいた最中、友人の1人が起こした傷害事件をきっかけに同級生であった、のちのメンバーとなる今井寿さんと仲良くなります。

また多数のメディアやオフィシャルサイトなどで自宅で飼っている猫との写真をアップするなど大の猫好きを公表している櫻井敦司さんです。

猫|芸能界随一の猫好き

ファンからは「魔王」と呼ばれることもあり、一見コワモテな櫻井敦司さん。見た目とは裏腹に芸能界随一の猫好きベンガル猫の「くるみちゃん」とスコティッシュフォールドの「まるちゃん」を飼っており様々なメディアで猫好き発言をしていました。
そんなこともあり種類の違う猫が一緒に住むと喧嘩をしてしまう事があるそうですが2匹の猫はとても仲良しなのだそうです。またこの猫好きがメンバー内にも広がり、アルバムのジャケットが櫻井敦司さんが飼っている猫になったこともあります。

ここまで愛猫家になったのには、20代前半の頃友人が拾ってきた猫と暮らすうちに「猫と暮らすのも悪くない」と思うようになった事がきっかけです。しかし、実は猫アレルギーだったそうで猫と暮らすうちに段々と克服していきました。

両親・兄|あまり語られない家族の真実

辛い過去で思い出したくない事なのでしょう。櫻井敦司さんはあまり家族についてを多く語ったことがありません。
それもそのはず、物心ついた頃から父親は酒癖が悪くお酒を飲むと母親に暴力をふるっていました。平凡で幸せな家庭があるということを知らなかった櫻井敦司さんは「こんな世界だったら、なくなっちゃえばいい」と思うような子供だったそうです。そんな父親は櫻井敦司さんが18歳の頃に最愛の母親は24歳の頃に亡くなっています。

数年前までフジテレビで放送されていたお昼の番組「笑っていいとも!」。
その「いいとも」に出演することになった際、兄弟間での価値観の違いから10年ほど絶縁状態だった実の兄が何十万もする立派な花輪を贈ったそうです。

息子【遠野遥】|平成生まれ初の芥川賞作家

2020年7月、平成生まれ初の芥川賞作家を受賞し一躍有名になった遠野遥さん。実は櫻井敦司さんの第一子となる息子さんで実の親子ということが発覚します。

大学進学後に小説を書き始めた遠野遥さんは、日本だけにとどまらず、海外の名作をたくさん読み続け夏目漱石の小説様式を参考にしたのだそうです。
「小説を書いては新人賞に応募する」を繰り返した結果、2019年にデビュー作となる『改良』で文芸賞を受賞、翌年『破局』で見事に芥川龍之介賞という素晴らしい賞を受賞しました。
2人は一緒に過ごした頃がかなり短かったこともあり、文芸社から2020年冬季号発売の際に実現した対談が初ということで、お互いを「櫻井さん」「遠野さん」と呼び合っています。また遠野遥さんは子供の頃からBACK-TICKの音楽を聴いていたそうで、それを聞いた櫻井敦司さんは「ありがとう。感激しちゃうな。」と語っていました。

嫁|一般の女性と再婚

櫻井敦司さんは2度の結婚歴があり、1度目の結婚は元スタイリスト。約1年後に離婚していますがこの方との間に生まれたのが先ほど紹介した遠野遥さんだと言われています。
その後長い独身時代を過ごしてきましたが12年後に再婚し、ファンに向けて「櫻井敦司は結婚しました」と相手に関しては一切触れず、報告だけしました。

結婚後メディアに出演した際、左手薬指に結婚指輪らしきものを身に付けている櫻井敦司さん。そんな櫻井敦司さんを見たファンからは長年独身であった頃を思い出し心寂しくなったのか、「独身のままでいて欲しかった」というような声がありました。
2度目の結婚をした妻との間に娘さんが生まれていると噂がありますが確信的な証拠がなくファンの目撃情報のみとなっており、謎に包まれています。

まだまだいます!群馬の有名人はこちら↓

有名ミュージシャンとの逸話・伝説

数々の有名ミュージシャンと交流、コラボ活動をしてきた櫻井敦司さん。その中で伝説と呼ばれた事や逸話として人知れず語り継がれている話がいくつかあります。
・1998年に亡くなり、今でも多くのファンが命日をしのぶのhideさんとは飲みに行くほどの仲だった事。
・高校時代に氷室京介さんからかけられ、のちに逸話として残される事となる一言。
・hideさんと同じく飲み友達であったyosikiさんとの関係。
・西川貴教さんとコラボライブを行い大盛況に終わった話。

など他にもたくさんありますがここでは氷室京介さん、yoshikiさん、西川貴教さんとのエピソードを紹介していきたいと思います。

元BOØWYの氷室京介

櫻井敦司さんと同じく群馬県出身で群馬県立藤岡高校の先輩だった氷室京介さん。BOØWYのメンバーの1人でボーカルを担当していました。そんな氷室京介さんとの逸話はバンド活動を始めてまだ間もないころです。
当時BOØWYが日本の音楽界を一世風靡していた時代。BACK-TICKと同じくメンバー全員群馬県出身という事で故郷の群馬に帰省しパーティーを開いた事がありました。当初ドラムを担当していた櫻井敦司さんでしたが氷室京介さんに「顔が良いからボーカルやった方がいいよ」と声をかけられます。
一般人である私から考えると有名人と同じ場所に居られて、しかも会話ができるなんて夢のように思います。そしてそれ以上にアドバイスを受けるなんて、氷室京介さんは当時の櫻井敦司さんを見てすでにスター性を見出していたのでしょう。

XJapanのyoshiki

X Japanのyoshikiさん、知らない方の方が多いことでしょう。櫻井敦司さんはyoshikiさんとバンドを代表して雑誌の表紙を飾った過去があります。プライベートでは飲み友達でもあり、「他のバンドマンと集まった時にはひたすら朝まで飲み続けていた」なんて言うエピソードがありました。

BACK-TICKはX Japanと同時期にデビューし、「どちらの方が髪が高く立てられるか」を競うなどお互い切磋琢磨してきます。この2つのバンドは同じロックバンドでも曲のスタイルが違ったのでファン層が異なりました。
またグループの売り出し方も違ったようでメディアに多数の出演し知名度を上げるXJapanに対し、テレビ出演が好きではなかったBACK-TICKはメディアにあまり出る事がなく知る人ぞ知るバンドとなりました。

T.M.Revolutionの西川貴教と奇跡のデュエット

2010年、T.M.Revolution西川貴教さん筆頭の「abingdon boys school」というグループが開催したツアーがあります。その最終日に西川貴教さんがアンコールでBACK-TICKの曲『ドレス』を歌い出したその時、サプライズで櫻井敦司さんが登場。これは「奇跡のデュエット」と呼ばれ盛り上がっていた場がさらに盛り上がりを見せ会場を沸かしたのち多くのファンを魅了しました。
途中まで歌うとメインである西川貴教さんを立てたのか裏に戻って行きましたが、たったれだけでも大きな存在感を残し去っていきます。そんな櫻井敦司さんを見て西川貴教さんは「まさかお願いを聞いてくれるとは思ってなかった!絶対ゲスト出演はないと思ってた。」と感激しました。

おしゃれ泥棒|こだわりの髪型・髭・ファッション

一見ハーフのような顔をしている櫻井敦司さんですがこだわりの長髪やメイク、ファッションなどで個性を出していました。その中で櫻井敦司さんは「おしゃれ泥棒」という言葉を作ります。そのきっかけとなったのが2007年に行われた「B-T FEST」の場で豹柄のストールを首ではなく頭に付けて登場した事が始まりだと言います。このストールを頭に巻くスタイルは「ほっかむり」と呼ばれていますが他にも独特なスタイルがありました。
・パンツイン
・オーバーオール
・謎の柄のTシャツ
・ちびリュック
・ターバン
などかなりこだわりのファッションがあったようです。
櫻井敦司さんは基本的に黒髪でロングヘアですがパーマをかけたり、茶髪にしたりと髪型も遊んできました。また男性の象徴となる「髭」は数回しかファンに見せていないそうです。しかしこの写真を見る限り、櫻井敦司さんのみならずBACK-TICKメンバーみなさんこだわりヘアーがあるようです。

愛車はポルシェ?スカイライン?

芸能人といえば気になるのがなんの車に乗ってるのか、ということです。群馬は車社会ですので若い頃から車の運転はしていたでしょう。調べてみると免許をとった18歳の頃からの愛車が出てきました。スカイライン、ポルシェ、シーマ、ジャガー、18歳の時に中古車とは言えスカイラインを運転しているなんてかっこいいです。

その中で「愛車を炎上させてしまった」というエピソードが出できました。
種類の違うポルシェを乗りかえて3回目の時、首都高で渋滞にハマってしまいます。ポルシェのようなスポーツカーは渋滞を想定して作られていないらしく、止まっているうちに火が出てしまったのです。慌てて消防に電話して助かった櫻井敦司さんですが当時の状況を「周りの車は全然助けてくれなくて1人で消火活動をするしかなかった」と語っています。

音楽活動|バンドBUCK-TICKのボーカル

【BUCK-TICK初のタワーレコード限定LIVE CD発売決定!】

2014年7月31日に渋谷公会堂で行われた「TOUR2014 或いはアナーキー」の模様を、タワーレコード限定LIVE…

Buck-Tickさんの投稿 2014年8月23日土曜日

BACK-TICKのボーカルとして音楽活動をする傍らソロ活動としてもこれまでに沢山の楽曲を世に送り出してきました。2ndシングルとして発売し櫻井敦司さん作詞の『胎児』は直前に発売されたアルバム『愛の惑星』に収録された曲をリカットシングルとして発売します。『胎児』のCDには他に『SMELL』、『Fantasy』『雨音はショパンの調べ‐I LIKE CHOPIN-』が収録されています。
その他に土屋昌巳さんや栗山千明さんの楽曲を作詞、ISSAYさん、DER ZIBETさん、PIGさん椎名林檎さんの楽曲ではボーカルとして参加しています。
しかし順風満帆に見えたグループ活動もデビューして数年後、メンバーである今井寿さんが覚醒剤所持で逮捕されたことにより半年間の活動休止を余儀なくされました。

Mステでコラボ|椎名林檎

2019年、テレビ朝日で何十年もやっている音楽番組「ミュージックステーション」にて椎名林檎さんとコラボしています。披露した楽曲は椎名林檎さんのアルバム『三毒史』に入っている『駆け落ち者』です。
このコラボは椎名林檎さんが櫻井敦司さんに直接オファーし実現されました。タモリさんとの会話のなかで椎名林檎さんは「今までとは違う表現を描きたいと思った時、自分が求めている表現をするには櫻井さんしかいないと思いまして」と語っています。

何年ぶりのメディア出演となったのですが、椎名林檎さんのファンはもちろん、ミュージックステーションを見ていた視聴者からSNSでこのように大きな話題をとなりました。
・女王と魔王のようだ
・椎名林檎さんと一緒に出てる人は誰?
・イケメンすぎて調べてしまった!

など様々で、その反響はとどまらず「櫻井さん」や「あっちゃん」でTwitterのトレンドにも入り再び世に櫻井敦司さんを広めるいいきっかけだったでしょう。

ライブ

BACK-TICK時代、第30回日本レコード大賞を受賞した『ジャストワンモアキス』という楽曲も披露し、これまでにたくさんのライブやツアーを行ってきた中でいくつかのライブを紹介します。
・1989年、今井寿さんの薬物事件で活動休止し半年後に復帰、直後に行われた『バクチク現象
・1992年に行われた『CLIMAX TOGETHER』は伝説と呼ばれたライブ。これは通常のライブとは違い今まで発売してきた曲の選りすぐりで構成されたセットリストで、多くのファンを魅了させました。
・2019年『ロクス・ソルスの獣たち』ではBACK-TICK初となる単独公演を成功させました。
・『THE DAY IN THE QUESTION』は2000年ごろから12月29日に毎年開催できるほどの動員数を継続させています。

CD

ライブやツアー同様にCDやアルバムもたくさん世に送り出してきました。ここではファンの間で話題となったシングル曲やアルバムを紹介します。
BUCK-TICK 櫻井敦司 CD
Amazon:https://www.amazon.co.jp/

『ジュピター』
いつもと違った自分たちを世に知らせたいという思いもあり、スローな楽曲となっています。

【購入先】
Amazon:https://www.amazon.co.jp/

価格:MP3版 500円

BUCK-TICK 櫻井敦司 Cd
Amazon:https://www.amazon.co.jp/

memento mori
2009年に発売されたアルバムで今井寿さんが好きな人形作家さんの新作タイトルでラテン語で「死を想う」という意味です。

【購入先】
Amazon:https://www.amazon.co.jp/

価格:完全生産限定盤CD 2,346円

BUCK-TICK 櫻井敦司 CD
Amazon:https://www.amazon.co.jp/

『或いはアナーキー』

こちらのタイトルには秘話があり、正式名称は『    – 或いはアナーキー -』で空白があることから見る、聞く、詠む、書く事ができないものという意味が込められています。

【購入先】
Amazon:https://www.amazon.co.jp/

価格:初回限定盤CD+Blu-ray+DVD 7,727円

芸能活動

【メディア情報】
6月25日発売 「ROCK AND READ 054」〈表紙画像公開!〉
BUCK-TICK 櫻井敦司 表紙/撮り下ろし写真+インタビュー巻頭34p

Buck-Tickさんの投稿 2014年6月12日木曜日

昔からテレビに出演することがあまりなかった櫻井敦司さん。出演した際にはファンはもちろん初見の視聴者も目に入るほどかっこいいオーラで反響が大きかったことでしょう。
いいとも』で見た普段見せない健気な姿、『ミュージックステーション』で見せたアーティストとしての実力、出演した番組や回数は少ないですが櫻井敦司さんという人物は着実に世に広めています。
また写真集も出したこともあり自身が持っているスタイルの良さ、愛猫との写真、昔らしいタバコを吸っている姿など櫻井敦司さんを全面に出した1冊となっていました。こちらでは気になる写真集の内容やミュージックステーションにて共演した布袋寅泰さんとの会話を紹介します。

写真集

2004年に発売された写真集『SACRIFICE』。「BACK-TICKのボーカリスト櫻井敦司が初のソロ活動で魅せた160ページに渡る渾身の完全撮り下ろし写真集」をサブタイトルとしてます。商品説明文には「生まれ落ち、いつかは死にゆくこと。その絶対的な現実の中で、それでも生きていくこと。櫻井敦司さんが自らアイデアを考え表現した。」と記してありました。
この写真集、最初のページを開くと出てくるのがなんと櫻井敦司さんの左目のアップから始まります。また全てモノクロ写真となっており、櫻井敦司さんの個性が詰まった作品であり、「見せる」のではなく「感じる」をモットーとした作品。しかしこちらの写真集のレビューを拝見すると感じ方はそれぞれで「ビジュアル系を求める方は物足りないかも」という声があります。

TV出演|いいとも・ミュージックステーション

メディア出演した際は美しい容姿と素敵なパフォーマンスでファンはもちろん初めて見る視聴者も虜にしてきました。
大物有名人であるタモリさんとはいいともやミュージックステーションにて共演しています。いいともに出演したのは1つのコーナーである「テレホンショッピング」でした。このコーナーは最後に友達を紹介し次の日その友達が同コーナーに出演するというもので、櫻井敦司さんは『X JAPAN』のhideさんを紹介しています。

ミュージックステーションには2回ほど出演しており直近ですと2019年に椎名林檎さんとコラボ曲を披露しました。この時布袋寅泰さんも出演しており、「BUCK-TICKは日本を代表するグループ」「顔が美しすぎてドキドキしちゃう」と言われ照れてしまう櫻井敦司さんを見ることができます。

Twitter・Facebook・ブログ|魔王の素顔

近年需要が高まっておりたくさんの有名人がアカウントを持っているSNS。櫻井敦司さん始めとするBUCK-TICKも公式アカウントがあります。

 
Twitterは4.5万人の方がフォローし、2011年から開始しているようです。投稿の中にはライブ公演、グループやライブグッズなどの写真、雑誌掲載情報も投稿されていてグループの最新情報を得られます。Facebookでは現在約21,000人がいいねしてました。Twitter同様BACK-TICKやメンバー個々の活動内容をアップしています。
YouTubeではこれまでに出してきた曲がたくさんアップされており、テレビに出演した際に気になった方も元々ファンである方も見所満載のチャンネルとなっています。

今後の活動予定

2015年、10年ぶりとなるソロプロジェクト『THE MORTAL』を再始動させツアーを決行します。しかしその後2018年に行ったライブ公演後、体調不良を訴え消化管出血という病気になります。その後入院となりますが復帰公演にてファンや関係者の方からの励ましの言葉に涙を浮かべる姿がありました。
2020年3月、2000年から2010年までのライブ映像を集めた作品『B-T LIVEPRODUCT Ariola YEARS-』を完全限定生産BOXで発売。同年9月39枚目となるニューシングル『MOONLIGHT ESCAPE』をその後22枚目となるアルバム『ABRACADABRA』を発売しました。
アルバムを発売するにあたり今井寿さんとインタビューを受けます。収録曲は『堕天使』やコロナ禍に作られ、アルバム名でもある『ABRACADABRA』が入っている収録曲の『ユリイカ』などが入っています。
また、最新アルバム『ABRACADABRA』全5形態の詳細はこちらです。

・完全生産限定盤Aには特典映像Blu-ray
・完全生産限定盤Bには特典映像DVD
・通常盤にはCDのみ
・完全生産限定アナログ盤
・完全生産限定カセットテープ

更にBUCK-TICKデビュー日となる9月21日、コロナウイルス感染拡大の影響を受け初となる無観客配信ライブを公開しました。

まとめ

ロックバンドの全盛期とも言える時代にデビューし、今もなお活動し続けるBACK-TICKのメンバー櫻井敦司さん。幼少期やデビュー後世間に知れ渡るまでの間は一筋縄でいきませんでしたが、それも1つのことを続けられる櫻井敦司さんの「強さ」ではないでしょうか。
2020年で35周年を迎えた『BUCK-TICK』、ソロプロジェクトとなる『THE MORTAL』で大活躍の櫻井敦司さん。現在コロナウイルス感染拡大の影響により音楽活動が今まで通りいかない世の中になってしまいましたが、2つのグループの今後の活躍に期待しています。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

Gotoトラベルでお得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須