1. TOP
  2. イベント
  3. 南牧村に伝わるお盆の火とぼし。戦国時代から続く恒例行事は迫力満点

南牧村に伝わるお盆の火とぼし。戦国時代から続く恒例行事は迫力満点

LINEで送る
Pocket

南牧川沿いの渓谷にある群馬県南牧村。長野県佐久市と隣り合う山村です。

炭などが名物で森林資源が豊富なこの南牧村で群馬県内最大級の火祭りが行われるのをご存知でしょうか?

毎年恒例の南牧村の火とぼしをご紹介します。

橋の上で行われる南牧お盆恒例行事

群馬県甘楽郡南牧村の大日向地区には滝ノ沢、大日向、笹平、門札の5つの集落があります。火とぼしは、大字大日向地区でお盆の8月14日、15日の2日間行われる伝統的な火祭りです。

子どもたちが大日向近くにある火とぼし山に上り、藁を束ねた大松明に火をつけて下山します。その松明の火を村の男性たちが他の松明に移して南牧川河川敷や橋の上で火を一斉に振り回します。

以前は南牧村以外の地域でも行われて来ましたが、過疎化や少子高齢化で現在は大日向地区のみで行われています。

火とぼしの起源とは

小幡藩主に苦しめられていた地域住民が、1561年に武田軍が上州に攻めてきた時に松明に火を付けて武田軍を装い、小幡軍を撃退したことから始まったといわれています。

小幡藩主の圧政から開放された住民が喜びを表し、この行事が毎年行われることになったのだそう。

じつは、この火とぼし平成4年に県重要文化財に、平成18年に国の選択無形民俗文化財に指定されているんです。

火とぼしの事前準備とは

毎年お盆に行われる火とぼしの準備はなんと7月から行われます。7月下旬ころから地域で火とぼしに参加する子どもたちを募集したり、麦藁を集めたりします。

以前は農家ごとに用意していた麦藁ですが、近年は農家も減ってしまったため近くの富岡市などから買っているのだそう。火とぼしの準備は地域の代表区長や班長が中心となって行います。

8月7日に各集落が準備に当たり、南牧川右岸の集落は子どもたちが登る火とぼし山の草刈りや松明が通る道の整備を担当。

左岸の集落は14日の夜に使われる行灯を作ります。季節の野菜や虫の絵や魂祭り・火祭りなどの文字も描き入れます。

これが県内最大級の美しい火とぼし

開催日程は8月14日、15日の2日間。

参加する子どもたちの数だけ松明が用意され、日が暮れると子どもたちは大人に付き添われ、山に登っていきます。大松明に火をつけ、その後小さな松明に火を移し振り回して、大松明を引きずりながら下山。

一方、火とぼし橋に用意された松明に大松明から火を分けてもらい、男性たちは川の水際や橋から身を乗り出して大きく振り回します。

川と火とぼし橋周辺は大きな美しい火の円で真っ赤に染まります。その風景は幻想的で、見る人の目をくぎ付けに。

また8月15日には火祭りとともに、オネリという行事が行われます。夜7時頃から行灯を持った子どもたちの後に大人が太鼓や笛を吹きながら安養寺までねり歩きます。

安養寺にたどり着くと寺の境内を三回まわりお念仏を唱えてご先祖を供養します。

こちらが火とぼし橋。橋の入口に安静寺の石碑が立っているのでとても分かりやすいですよ。

石碑から下っていくとすぐに火とぼし橋へたどりつきます。この橋とそしてここから見える南牧川の河原で県内最大の火祭り火とぼしが行われます。

火とぼし詳細情報

開催日:2018年8月14日(火)15日(水)

時間:ともに18:00頃より

場所:群馬県甘楽郡南牧村大字大日向地区

問合せ先:南牧村役場

電話:0274-87-2011

南牧村に伝わるお盆の火とぼし。戦国時代から続く恒例行事は迫力満点

歴史を感じる南牧村の火とぼしはいかがでしたか?

群馬県内でも最も大きな火祭りとして県内外からの観光客も足を運びます。どんどんと大きくなっていく火の輪は迫力満点で、次の世代にもぜひ残していきたいですね。

みなさんもこの火とぼしを通して、日本の伝統文化を感じてみてください。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

CHIRI

CHIRI

ぐんまよいと~こ!いちど~はおいで~♪
群馬の美味しい、楽しいをめぐるCHIRIです。

群馬はネギとこんにゃく、そして温泉だけじゃありません。

群馬の有名どころ、
そして群馬県民も知らないような情報をアップします!