1. TOP
  2. レジャー
  3. 子どもの乗り物からおとなのイベントまで!レトロだけど新しい「るなぱあく」

子どもの乗り物からおとなのイベントまで!レトロだけど新しい「るなぱあく」

LINEで送る
Pocket

「にっぽんいちなつかしいゆうえんち」
キャッチコピーに冠する
「るなぱあく」は、

1954年に開園し、
今年で63年目を迎えました。

正式名称を
「前橋市中央児童遊園」といいます。

愛称の「るなぱあく」は、
2004年に行われた
市民公募により決定。

前橋市出身の詩人・萩原朔太郎の
「遊園地にて」という詩の中で、

遊園地に(るなぱあく)という
ルビがふられていることから
名づけられました。

ただ古いだけじゃない、
親子3代にわたって親しまれる
「るなぱあく」の魅力をご紹介します!

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ento

ento

群馬県太田市を中心とする、ママクリエイター団体。

ライター5名で執筆を行っています。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 大間々のことから世界の化石や恐竜まで、たっぷり詰まった「コノドント館」へ行こう!!

  • 日本一大きい手織り機で織物体験!?「織物参考館 紫」は触ってつくれる博物館

  • 荒神山ハイキング&水沼駅温泉センターなら登山と温泉で心身ともにデトックス!

  • 前橋で藩主を務めた幕府四大名家「前橋四公」が日本酒になって登場!

関連記事

  • 4月1日に全館オープンした新スポット!「太田市美術館・図書館」

  • 群馬県民に愛される「すいとん」は懐かしいおふくろの味

  • 【伊勢崎名物】神社コロッケの名前の由来は伊勢崎神社前の屋台販売でした

  • 子どもはたった700円で楽しめる!!豊かな自然に囲まれた『桐生が岡遊園地』

  • 桜山の冬桜と一緒に群馬県藤岡市でみかん狩りを楽しもう!

  • 『ペヤング やきそば』かと思ったら「ピーヤング」!?かなりヘルシーな「ピーヤング春雨」が登場!