1. TOP
  2. お土産
  3. 富岡のお蚕さん、くらさん家のカイコやきがリアルすぎる!!

富岡のお蚕さん、くらさん家のカイコやきがリアルすぎる!!

LINEで送る
Pocket

以前こちらでは富岡名物お蚕のチョコレートを紹介しましたが、なんと!ここにもお蚕が!お土産にもなり、その場で食べ歩きもできる!

くらさん家の人気のカイコやきがリアルすぎるのでご紹介します。

富岡製糸場まで徒歩3分ほどのところにあるくらさん家

世界文化遺産富岡製糸場から徒歩3分ほどのところにある、くらさん家ではお蚕をモチーフにしたお焼きが販売され、観光客や地元の人に愛されています。

富岡で蚕は昔から神様のように大切にされ、日本書紀によると食物の神様、保食神(うけもちのかみ)から生まれ、また天の虫と書くことから天から恩恵を与えてくれる存在とあがめられています。

可愛い繭とカイコの看板が目に飛び込んでくるのですぐにわかります。

建物上部には富岡駅とくらさん家にだけある繭時計が繭をよい状態で保存するための蔟(まぶし)に入ってかかっています。

店内には「まゆみくじ」もあり1回250円。

お店にはカイコの銅像もあり、蚕を大切にする心が伝わってきますね!

また木でできたフクロウのオブジェが入口でお出迎えしてくれます。

駐車場もお得に利用できます

富岡製糸場周辺を車で観光、散策するには駐車場が必要になりますが、くらさん家は駐車場も完備。

しかも、普通車は3時間500円またバスは3時間1,500円とお得!

キュートでリアル&臨場感あふれるカイコやきがこちら!

こちらがくらさん家のリアル感半端ないカイコやき!

蚕の臨場感あふれる様子が表されています。

むしろボディーの模様なんて怖いほど。

こんなにリアルに再現されたカイコやきを今まで見たことがあったでしょうか?

しかしながらよーくみるとキュートで愛くるしいお顔をしています。

こんなかわいらしいステッカーも!

カイコやきはこのようにまるでたい焼き器のような型に生地を流して作られます。

 

こちらはチョコレートとクリームのカイコやき。

リアルな形とは裏腹に甘くて美味しく、生地はもっちりとした食感。

美味しさが口の中に広がります。

バリエーション豊富なカイコやきとサイドメニュー

くらさん家のカイコやきはNYチーズケーキクリームとチョコレートクリームが150円、また粒あん、カスタードクリームは130円、豊富なラインナップです。

紅白のカイコもち。こちらはその名の通りさらにもっちもち。

紅は桑茶あん、白は桑茶クリームが入っています。1個180円、紅白のセットは350円とちょっとお得です!

ラインナップはカイコやきだけではありません!

食べ歩きできる富岡名物ホルモン焼きは1本70円。

また、
フレッシュな雪下にんじんジュースや
オレンジ・アップルジュースや名物桑茶、
コーヒーなどの
ドリンクメニューも充実しているので、

ちょっとした
散策にもピッタリですね。

くらさん家詳細

電話:0274-63-6051

営業時間:10:30~16:00

住所:群馬県富岡市富岡104-3

定休日:水曜日

駐車場:あり

普通車:3時間500円
大型バス:3時間1,500円で有料駐車場としても利用可能

くらさん家:
フェイスブック公式ページ

http://www.peyoung.co.jp/products/809/

富岡のお蚕さん、くらさん家のカイコやきがリアルすぎる!!まとめ

キュートでリアルすぎるカイコやきいかがでしたか?

富岡製糸場から歩いてすぐのところにあり、可愛いながらも少しリアルなカイコやき、食べてみたくなりましたか?

カイコといえばチョコレートのお菓子も人気ですが、カイコやきはバリエーションも豊富でインパクトがあります。

神聖な生き物とされてきた蚕が紅白になったカイコもちもおすすめ。

富岡観光の際は是非とも愛情がたっぷり詰まったカイコやきを食べてみてください!

天から幸福が舞い降りてくるかもしれませんよ!

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

We Love 群馬編集部

We Love 群馬編集部

We Love群馬編集部では、群馬県の有名な場所、観光地、食べ物や文化を紹介するだけでなく、地元の人しか知らない、地元の人でも知らなかったようなコアな情報まで、群馬県民も群馬県民じゃない人も知りたかった「本当の群馬」をお伝えしていきます。