【中山秀征】クイズ番組の司会者として人気!元宝塚娘役の妻・息子・話題のあの人との関係

中山秀征 クイズ

記憶に残る司会者・MCとして人気の中山秀征さん。多くのレギュラー番組を持っていた若い頃から、今、クイズ番組の司会と言えばこの人!という存在になっています。
始まりはお笑いタレントだった中山さんが転身したルーツや、自身のインスタグラムにも登場している元タカラジェンヌ妻と息子たちのこと、気になるあの人の関係についてご紹介します。

また、中山さんがゲスト出演した番組で紹介された群馬のローカルグルメ店や、司会をしている日本テレビのレギュラー番組「シューイチ」で、紹介された話題の注目商品についてもご紹介。人気MCならではの魅惑のトークが、視聴者の好奇心をくすぐった商品は、どんなものなのでしょうか。

【中山秀征】さんのプロフィール

第37回産経国際書展にお邪魔しました!

今年も素敵な作品がたくさん展示されています!
私の作品もございますので、
ぜひご覧いただけますと嬉しいです。

第37回産経国際書展
7/27(月)〜8/2(日)@東京都美術館
入場料:500円

https://www.sankei-shokai.jp

中山秀征さんの投稿 2020年7月29日水曜日

4児の父でもあり、人気MCとしてレギュラー番組を多く持つ中山秀征さん。
藤岡市出身縫製工場を営む父母のもと、次男として誕生しました。中学生の時に、芸能界入りを目指し単身上京。事務所のオーディションに合格した後、お笑いタレントコンビとして18歳でデビューを果たします。学園祭にもひっぱりだこで、アイドルにも負けず劣らずの人気絶頂に。陰りが見える89年から、ドラマやバラエティ番組にソロでスポット出演を重ねると、番組内でのアドリブの利くトークが業界で注目。92年のコンビ解散後、バラエティ番組を中心にレギュラー出演を増やしていき、レギュラー番組でMCを担当。人気の高い番組に成長しています。近年はミニアルバムのリリースや記念ライブの開催など、50代満喫中の中山さんです。

芸名・本名:中山秀征(なかやま ひでゆき)

愛称:ヒデ、ヒデちゃん

生年月日:1967年7月31日(年齢:53歳)

血液型:B型

身長:173cm

職業:マルチタレント、司会

所属:ワタナベエンターテインメント(当時の名称は渡辺プロダクション)

出身地:群馬県藤岡市

これまでの経歴

中山秀征さんの投稿 2014年3月10日月曜日

中山さんの芸歴は、常に「人気」の文字が付いてきます。
1986年にABブラザーズ初写真集を発売。イベントには想定外の数百人が集まりました。伝説番組「夕やけニャンニャン」の月曜レギュラーに抜擢。しかし大人の事情で相方のみ降板に。ソロとなった92年から、日本テレビ系「DAISUKI!」「TVおじゃマンボウ」「THE夜もヒッパレ」、フジテレビ系「トロトロでいこう!」「クイズ・ドレミファドン!」。テレビ朝日系「タイムショック21」など多くのレギュラーバラエティ番組を持ち、司会者やMCとしてのスキルを上げていくなか、番組視聴率も上昇。この頃のレギュラーは14本だったそうです。現在は、日テレ系「シューイチ」とラジオ2本のレギュラー番組ほか、ライブや舞台などMC以外の仕事も増やしています。2017年には「中山秀征 50th Anniversary Live」を開催。ヒデちゃーんと黄色い声があったかもしれませんね。

【経歴】

デビュー年:1985年(ABブラザーズ)

コンビ初仕事:フジテレビ「いただきます」でアシスタント

コンビ初MC:ニッポン放送「オールナイトニッポン」

ソロの初MC:日本テレビ「DAISUKI!」

特技:書道(段の最上位である特待生級)、ボーリング(米国プロテストは不合格だったもののプロ級の腕前)

趣味:野球、タップダンス

PR大使就任:群馬県のぐんま大使、こんにゃくパークのこんにゃく大使

家族や交友関係

志村けん様

信じられません、
言葉にもなりません。
仕事も遊び方も、
全てに師匠らしさがありました。
そばにいて学ばせていただいた事すべて、
感謝しかございません。
哀愁があるから笑いになると仰った言葉、
生涯忘れません。
謹んでご冥福をお祈り申し上げます。

中山秀征

中山秀征さんの投稿 2020年3月30日月曜日

家族を1番に考えている人は交友関係が薄い傾向がありますが、中山さんは公私ともに多そうです。デビュー前からのご友人の河合俊一さん、事務所の先輩でもある松本明子さん、巨人の原監督(2020年時点)や選手たち、芸人仲間などその多さに驚きます。レギュラー番組をいくつも持ち、人との線を引かずに上手に接する中山さんだからこそ人を呼ぶのですね。

実家は縫製工場!群馬の田舎に住んでいた過去

散財・借財癖のある高祖父は、江戸の村絵図に名前があるほどの資産家。明治の群馬産業トップの養蚕業を営む祖父、高度経済成長期に独立して縫製工場を営む父。中山さんもバブル時代にデビューしていますので、代々資産家気質かもれません。テレビ番組では、両親と兄の4人家族が暮らした実家を紹介しました。池のある広い庭と2階建ての大きな家、隣接する縫製工場。お金持ちなのね、ということがよくわかります。
中山さんの育った藤岡市は、あぜ道のある田園や川遊びの出来る清流に森林・山々と自然あふれる場所。元気いっぱいな少年時代を想像できますね。

イケメンと話題の子どもが4人!家族について

昨日は結婚記念日でした。早いもので20年❗お互いに今年で50歳になります。子供ちちもすくすく育っています。僕たちもお互いに体に気を着けて頑張りましょう。ワインがとても美味しい夜でした。

中山秀征さんの投稿 2017年6月7日水曜日

結婚後は、大学生と高校生と中学生2人の息子と妻の6人家族です(2020年時点)。
夫人は宝塚トップの娘役出身。知的美人な顔立ちなので、息子たちもイケメン顔に成長しそうですよね。唯一ご長男だけ、夫人のブログで高校卒業時の写真を公開されていますが、どちらかというと可愛らしい顔立ち。しかし!大学4年生の今、噂どおりのイケメン君になっています。これはかなりモテるはず。
家族で過ごすおうち時間が増えるコロナ禍の昨今、たくさんのエピソードを楽しむ中山家は、本当になかよし家族ですね。

テレビで語った交友関係

コロナ感染で亡くなった志村けんさんや岡江久美子さんと交流が深かった中山さん。
志村さんの誕生日幹事歴は20年。若い時にもらった金言「バカでいろよ、利口になるなよ」の意図を、分析・理解して受け取ったそうです。岡江さんとは5年間、テレビ朝日の番組で司会を共演。人柄や当時のエピソードを、スポーツ新聞サイトページで語っています。
一方で、「別に」事件前日のラジかるッ事件が有名な沢尻エリカさんとは、後に和解共演しましたが、2019年の逮捕事件で因縁トラブルに終止符。中山さんは、いつ時も誹謗中傷するコメントは出していません。さすがですね。

⇒ 数々のバラエティ番組に出演しバラドルの地位を確立した井森美幸さんも群馬県出身です。

群馬観光大使として活躍中!群馬のおすすめ店2選

群馬大使の井森美幸ちゃんと上毛新聞の取材をやりました❗まだまだ群馬PR作戦頑張ります‼️

中山秀征さんの投稿 2018年9月11日火曜日

群馬大使の中山秀征さんが、高崎の人気グルメ店をテレビ番組で紹介しました。まずは、魚介たっぷりな旨辛大盛パスタが1番人気の「ボンジョルノ」。次に、揚げたてカツをオリジナルブレンド中農ソースにどっぷり漬け込んだかつ丼の美味さがたまらない「松島軒」。どちらも、市民に愛されている人気のお店です。

ボンジョルノ

食フェス「キングオブパスタ」でキング王にも輝いたボンジョルノ。
ファミリー層やカップル・女子会向けなど、利用者ニーズに合わせたコンセプトの店舗は高崎と前橋に5店。安価でボリュームもあり美味しいと口コミの絶えない豊富なメニューは、リピーターも多い人気のイタリアンです。食フェス優勝メニューや人数限定格安メニューも楽しめます。

松島軒

この味を絶やしてはいけない高崎の絶メシリスト店にも入っている「松島軒」は、ねんきの入った赤い軒先テントと濃紺のれんが目印の老舗ラーメン店。知る人ぞ知る人気メニューは、黄色いカレーライス。昭和のなつかしさを感じさせる色合いとクリーミーな味わいは、世代問わず舌をうならせています。お酒との相性も良くおつまみとしてもおすすめです。

出演番組

中山さんのレギュラー番組の日本テレビ「シューイチ」の人気コーナーで、紹介した商品が話題沸騰。いったいどんな商品なのでしょうか。気になりますね。そのほか、中山さんの出演する話題の番組を紹介します。

シューイチ

「シューイチ」は、報道や芸能・スポーツと旬な話題を取り扱うニュース・情報番組です。旬な話題のコーナーや初々しい天気キャスターの天気コーナーが人気です。
その人気コーナーで紹介された商品が、SNSやブログを賑わせているのでいくつかご紹介しますね。

スーパーフィート
履くだけで、本来の足の動きを取り戻し体の歪みや痛みを矯正する効果が期待できるインソール。

「9割の老眼は自分で治せる」日比野佐和子著書
スマホの使用頻度が高い若年者にも老眼が増えている近年、自分で目を鍛えて改善する方法として医療クリニックの先生の本。

GYMSTICK(ジムスティック)
バーから出ているチューブを使って、全身エクササイズするフィンランド発トレーニングツール。

次はどんな商品が紹介されるのか楽しみですね。

中山秀征のクイズ イマジネーター

NHKラジオ第1
「中山秀征のクイズイマジネーター 」
昨夜もご視聴、ありがとうございました。
ゲストに神木隆之介くんが来てくれました😊

毎回多彩なゲストにスタジオ大盛り上がり。
来週は美 少年が初登場‼️
お楽しみに(^^)

中山秀征さんの投稿 2019年9月5日木曜日

NHKラジオで毎週木曜夜9時に生放送のクイズ番組で、ハマりものや連想する言葉を当てるクイズが用意され、中山さんの進行でテンポよく進んでいきます。回答方式は、出演ゲストのチーム対戦型に加え、スマホで参戦するリスナーからヒントや質問をもらうリスナー参加型。チームを勝利に導くリスナー投稿が、ワクワク感満載にさせています。

中山秀征の有楽町で逢いまSHOW

毎週日曜夕5時30分に放送の歌番組で、東京の有楽町にあるニッポン放送イマジンスタジオで、観覧公開収録されている演歌や歌謡曲の名曲ライブショー(現在はコロナ禍により無観客ライブ)。司会進行の中山さんとアシスタント石川みゆきさん(フリーアナウンサー)のタッグで、ゲスト歌手からトークでも魅力を引き出し、生ライブを盛り上げていきます。

舞台やライブにも出演

ヒデライブ2019 THE令和もヒッパル
オフィシャル2次抽選先行受付中!

■受付期間:5月11日(土) 15:00~5月19日(日) 23:59
お申込みはこちら>>>…

中山秀征さんの投稿 2019年5月13日月曜日

若い頃はライブ開催多かった中山さんですが、熟年期突入の2017年、50歳の節目にカバーアルバムのリリースと記念ライブを開催しました。翌年と次の年も趣向を変え一夜限りのライブを開催。3年連続で開催されたライブショーは、すべてチケットSOLD OUTになっています。曲間のトークも楽しそうですよね。2017年は多くのイベントに歌手として出演しています。東京の街なかで開催されるジャズフェス2017では、芸人タレントグループで参加し、ストリートミュージシャンとして観客に歌声を披露しました。
そして2020年、東京公演のミュージカルコメディに出演。11年ぶりの舞台も器用にこなし大盛況で千秋楽を終えています。今後も50代の魅力の小出し技が続きそうですね。

中山秀征 クイズ ライブ
©©https://www.amazon.co.jp/

【50】
購入先:https://www.amazon.co.jp/

価格:1,811円

SNS

中山秀征さんの投稿 2019年8月15日木曜日

FacebookとInstagramだけをフル活用し、自身の宣伝や近況報告を積極的に行なっています。基本スタイルは情報発信のみ。コメントへの反応や意見をするような投稿はありません。炎上を生み出さず、芸能界を長く生き残る中山さん流のコツですね。SNSでは、どんな投稿をされているのでしょうか。

Facebook

2013年夏に初めたFacebookでは、出演しているレギュラー番組やバラエティ番組の番宣やオフショットが中心ですが、著名人との記念写真や自撮りスタイルで撮った家族の写真をたくさんアップしています。また、墨と向き合う書道作品も多いことから、プロフィール用の特技ではないことがわかります。

Facebook:https://www.facebook.com/HideyukiNakayama.net/

Instagram

2018年夏から開始したインスタグラムでは、プライベートショットや撮影オフショットにコメントを付けて投稿しています。また、持ち歌を唄って次の人にバトンをつなぐ「#アイドルうたつなぎ」では、1994年発売曲「夏だ!」を披露しています。気になる人はぜひご覧あれ!

Instagram:https://www.instagram.com/hidechan0731/

今後の活動予定

中山秀征さんの投稿 2020年7月15日水曜日

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、東京オリンピック2020は中止となり、翌年の開催予定となりました。中山さんは聖火ランナーの1人で、ぐんま大使として観光スポットを走行する予定だったので、開催が決定したら来年の夏に走るかもしれません。また、小学1年生から始めた書道は、特待生級の腕前。2020年に初の個展開催を予定していましたが、コロナ禍のため断念。来年リベンジすることを誓ったとスポーツ新聞サイトが記事にしています。2021年個展の夢が叶うといいですね。
テレビ業界でもコロナ禍は大きく影響しているので、中山さんも苦戦しているのではないでしょうか。ひょっとしたら、テレビ業界を離れオンライン動画配信で企画番組編成を兼ねた出演番組構想を抱いているのかも。今後のスケジュールや抱負の情報はあまり見当たりませんが、2021年の活躍も期待しています!

まとめ

NEWSポストセブンでも中山さんの「愛想力」が記事になっていましたが、「実行力」もありますよね。
小さい頃描いた、なりたかった夢を実現している人は少なく、なれなかった理由は上手に説明できる大人になる人が多いなか、夢を夢で終わらせない人とは中山さんのような人をいうのでしょうね。夢への努力を惜しまず、夢をつかむため実行に移し、人からの話は金言として受け止め活かす。人に嫌われても人を嫌うことをせず、違う道でもゴールはつながっていると思い、成功ではなく楽しむことを重要とする。そんな人生を謳歌している中山さんのこれからが楽しみです。個人的にはイケメン長男君のこれからも気になっています(笑)
安定した存在で居続けるのが難しい芸能界ですが、新しいことへの挑戦の披露よりも、いつも必要とされている人であり続けてほしいと願います。

※情報は記事作成当時のものです

行こうぜ!お得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須