【高崎の土地活用会社を徹底比較】おすすめランキング7選

LINEで送る
Pocket

土地を持っているのに使い道がなく長年放置していたり、「節税対策にアパートを建てませんか?」と突然営業マンが訪ねてきた経験はありませんか?
土地を上手に活用すれば、節税や収入など多くのメリットが得られるので、空き地にしておくのはもったいないことです。

しかし、「その営業マンの話は本当だろうか?」「たくさんの活用法があるのでどれを選んだら良いか分からない。」など、悩むことも多いでしょう。

今回の記事では、注目度の高い土地活用例や営業マンを見極めるためのポイント、さらに高崎市土地活用の相談ができる会社7選をご紹介します。土地活用を申し込む前に参考にしてみてください。

高崎市で土地活用の相談ができる会社、見積もりサービスのランキング7選

高崎市内で土地活用の相談ができる会社をご紹介します。

ご自身で土地活用はどの会社が良いのか分からないという場合は、一括資料請求もおすすめです。たくさんの業者がありますので妥協せずに検討してみてください。

7位 広田住宅センター


公式HP:http://www.e-hirota.com/

不動産業を通して、地域の発展に尽くすのが経営理念であり、仲介業や不動産管理事業など幅広く展開しています。また、植林活動などの社外活動、社会貢献にも力を入れている会社です。

こちらの会社では、土地や建物の賃貸や売却を取り扱っています。活用方法がお決まりの際には、市場調査も兼ねてご相談してみてはいかがでしょうか。

6位 日成ビルド工業株式会社

公式HP:http://www.nisseibuild.co.jp/

事務所や工場、店舗、施設、立体駐車場などあらゆる施工をされている会社「日成ビルド工業株式会社」。どのような土地活用をするのかまだ明確になっていないのでしたら、カタログ請求がオススメです。

立体駐車場・プレハブハウスにも種類があり、建材や駐車場の形式も選べ多彩なバリエーションの事例から選ぶ事ができます。
高崎市に営業所があります。

5位 東建コーポレーション株式会社

公式HP:http://www.token-maebashi.com/

地域の社会貢献をテーマにしている会社で、土地活用のノウハウやコンサルティングなど、経営者の視点に立った役立つ情報を得る事ができます。
サイト内には、節税コラムや、法務相談室、賃貸経営ニュースなど、税理士や司法書士の専門家が土地活用のコラムを書いているのでサイトを見ているだけでもとても為になりますね。

土地活用のポイントについて語ったオーナーインタビューもあり、役立つ情報を得ることができるなどもあるのが特徴です。
高崎、太田、前橋、伊勢崎に支店があります。

4位 群馬セキスイハイム

公式HP:https://www.gs816.jp/

前橋市に本社がある「群馬セキスイハイム」。
サポート制度が充実していて、経営設計・管理、建物の管理など、綿密な調査の元、ロングバリュー(資産価値を維持し、収益性の高い)経営プランを提案していただけます。

土地活用による収益や維持費などの収支計画のシミュレーションも行っていただけます。

3位 積水ハウス


公式HP:https://shm-keiei.com/

積水ハウスでは、シャーメゾンフェスタを全国で行なっています。賃貸住宅経営について詳しい情報を気軽に聞きに行くことができますよ。

フェスタ参加者は、土地活用に必要な情報・ノウハウが詰まった、積水ハウスオリジナルガイドブックをゲットできますので、土地活用をするときの参考にしてみては?
まずは資料請求、シャーメゾンフェスタの実例見学会に参加してみてはいかかでしょうか。

2位  賃貸経営一括見積サイト:教えてアパート経営


公式HP:https://www.landusage.jp/

アパート経営や賃貸経営を考えている人におすすめのサイト「教えてアパート経営」。多くのメディアに取り上げられ、提携企業には大手不動産会社やハウスメーカーが名を連ねています。

ユーザー満足度も95.7%と高評価!
その理由は、厳選された会社の中から希望にあった企業を選ぶ事ができるから!
豊富な実績の中から、ご自身のお困りごとや土地のご希望に似た事例を探してもらい、収益モデルを提案してもらいましょう。

⇒ 教えてアパート経営の詳細はこちら

1位 土地活用一括資料請求サービス:リビンマッチ


公式HP:https://www.lvnmatch.com/

アパートマンション経営・駐車場経営・戸建て賃貸経営・高齢者住宅・土地資産活用に対応している「リビンマッチ」。

まだ具体的な土地活用方法を決めかねている方でも、無料で資料請求が出来、希望に沿った土地活用プランを提案してもらえます。全国の80社以上の登録会社の中から、最適な会社・最適な土地活用方法を探してみてください。

⇒ リビンマッチの詳細はこちら

土地活用が困難な場合は売却も検討する

土地を持っていても、アクセスが悪い、土地の地盤や形が悪いなど土地活用を行うことが難しい・収益が見込めない場合があります。
そういった場合には、売却を検討してみてはいかがでしょうか?

不動産売却「リビンマッチ」

公式HP:https://lp.lvnmatch.com/sell/promo/

不動産売却を取り扱う会社の一括資料請求ができる「リビンマッチ」。1,400社以上の中から査定額を比較し、簡単に資料請求ができます。

440万人以上の利用実績があり、不動産価格満足度で堂々の一位を獲得した実績あるサイトです。登録企業に大手不動産会社が名を連ねている点も安心のポイントですね。

⇒ 不動産売却「リビンマッチ」の詳細はこちら

土地活用をおすすめする2つの理由

土地活用を行うことでのメリットをご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

税金が安くなる

土地活用を行うことで、税金が安くなります。

土地を持っていることで、毎年支払い義務が生じます。

【土地を所持することでの税金】

  • 固定資産税:1.4%
  • 都市計画税:0.25%

(2019年4月1日現在)

しかし、土地に住宅などを建てることで減税の対象となります。
面積の広さによって、固定資産税は下記のように減額されます。

【減税額】

  • 面積が200㎡以上の場合は3分の1
  • 200㎡以下の場合の減額は6分の1

また、土地だけのままよりも建物が建っている方が相続税も減税することが出来ます。
土地の価値は、更地よりも建物が建っている方が価値として下がるため、約2割程度の減税になるといわれています。
(※活用の種類により減税額が異なるため、詳細は専門家へご相談ください)

安定収入を得られる

土地活用を行うことで、収入面のメリットもあります。

【土地活用を行うことでの収入面のメリット】

  • 不法投棄の処分代や除草・清掃費用などが掛からない
  • 収入を得ることができる

土地を空き地のままにしておく場合には、不法投棄や害虫被害の可能性があり、これらを減らす・なくすために定期的な除草や清掃が必要です。

土地活用を行うことにより、これらの手間や費用を減らすことができます。
また、ローンを払い終われば、老後資金の足しにすることができますね。

人気の土地活用例のメリット・デメリットを比較

では具体的にどういった土地活用があるのでしょうか?人気の土地活用法のメリット・デメリットをご紹介していきます。ご自身の所有地に向いている活用法・経営方法を探してみてください。

【人気①】駐車場経営

駐車場経営都会向きです。
田舎の場合には、家や会社、各商業施設などに駐車スペースが備わっていることが多く、また、有料駐車場を利用する頻度が少ないからです。

【メリット】

  • 初期投資が少なくて済む
  • 立地が良ければ手堅く収益を見込める

駐車場経営は土地を整備するだけで済みますので、初期投資が少なく、時間がかかりません。
好立地の場合には、手堅く収益を得ることが出来ます。

【デメリット】

  • 立地が良くなければ、駐車場経営のコスト(税金・維持費)と収益が同じくらいの可能性も

立地がよくない場合には、利益よりも駐車場経営のコストの方が多くなることがあります。

駐車場経営を検討する場合には、

  • どういった目的のために車を停めるのか
  • 既に周辺に駐車場があるか
  • 収益を本当に見込めるのか

など、需要やシミュレーションを密に行い、検討しましょう。

【人気②】アパートなどの賃貸経営

賃貸経営とは所有地に、戸建て住宅やアパート・マンションを建て、アパート経営・賃貸マンション経営を行うこと。
部屋を貸し出して住んでもらうことで、家賃として固定収入をもらう土地活用です。

多くの収入を期待する事ができますが、運営者として建物管理も必要になります。
賃貸経営都会向きです。

【メリット】

  • 高額な収益を期待することができる
  • 一度住人が住み始めると、安定した収入を得ることができる
  • 節税することができる

賃貸経営は毎月賃料収入を得ることができ、高額な収益を期待することができます。また、住宅用地となりますので節税が出来るのもメリットです。

【デメリット】

  • 初期投資が大きい
  • 需要(家族連れや一人暮らし用など)に合っていないと、空室のリスクがある
  • 補修などのリスクがある
  • 転用は難しい

賃貸経営のデメリットは、初期投資が大きく空室などのリスクが高い点です。またゴミや清掃のために管理会社にお願いする場合や、年数を重ねてからは補修が必要になるなど、運用・修繕費用が掛かります。

人口が多い都会の方がリスクは低いでしょう。
ただし、田舎の場合には戸建て賃貸の需要があるなど、地域によって需要は異なります。地域のニーズに応じて選択すると良いでしょう。

【人気③】土地の賃貸

土地の賃貸とは、土地を借りたい人に土地を貸す事。

【メリット】

  • 初期投資が必要ない
  • 安定した収入を得ることができる

土地の賃貸は、リスクが低く安定した収入を得る事が出来る点がメリットです。
土地を貸す際には、事前に整備する必要がなく、また貸出後も、用意や準備、経営管理等の必要がありません。
更に、土地を貸りる場合、長期的に利用する事が多いため、長期的な安定収入を得る事が出来ます。

【デメリット】

  • 立地や広さによっては、借り手が現れないことも
  • 収益が低い

借りたい人の目的に合っていない場合には、借り手が現れない可能性もあります。また他の土地活用法と比べると収益は低くなります。

ですが、土地活用は田舎、都会どちらにも需要があります!
土地活用に迷っている場合には、土地の賃貸から始めるのもおすすめです。

トランクルーム経営

トランクルーム経営とは、物置となるコンテナをいくつも置き、収納スペースを貸し出す土地の活用方法です。
市場は拡大傾向にあり、都会・田舎のどちらにも需要があります。

しかし、立地によってトランクルーム経営が出来ない場所もありますので、事前に調べる必要があります

【メリット】

  • 初期投資が少ない
  • 管理費が少ない

トランクルーム経営はコンテナを置くだけですので、初期投資があまりかからず、管理の手間や費用が少ないことが特徴です。

【デメリット】

  • 単価が低い
  • 集客が難しく、空室のリスクがある

トランクルーム経営は、住宅街が近くにない場合には、利用される確率が下がります。
コンテナ利用料金は他の活用法と比較すると高くありませんので、一つでも空きが出てしまった場合赤字になる事もあります。

太陽光発電の設置

太陽光パネルを置く事で、太陽の光を電気に変え、収入を得る土地活用の方法です。
所有地が広くても、立地が悪かったり、地形の状況や整備にコストがかかりすぎてしまう場合には、太陽光発電に土地を活用するのも一つの方法です。

【メリット】

  • 安定した収入を見込める
  • 借り手を探すコストもかからない

天気には左右されますが、周辺環境や立地などに関わらず、安定した収入を見込むことができるため、人気があります。
太陽光パネル設置の初期投資はかかりますが、初期投資分を回収した後は、長期的に安定した収入を得ることができます。
再生可能エネルギーである太陽光発電は、国から補助金が出るという利点もあります。

【デメリット】

  • 経年劣化のリスク

太陽光パネルは野ざらしとなりますので、痛みやすく、経年劣化のリスクがあります。
発電量次第ではなかなか初期投資を回収出来ない可能性も。

都心ではなく田舎向けの土地活用の方法です。

ロードサイド・コンビニ経営

通行量が多い土地に建てられたお店を経営することを、ロードサイド店舗経営と呼びます。

コンビニ・ロードサイド店舗経営ともに、大きな通りに併設されている土地を持っている場合におすすめです。田舎、都心どちらにも需要があります。

【メリット】

  • 高収入を得られる可能性がある

オフィス街であったりと、利用者が多くいる立地の場合、初期投資を回収できる可能性も高くなります。

【デメリット】

  • 運用にお金が掛かり、利益が出ない可能性も
  • 中途解約不可などの制限があり、需要が少ない場合でも転用が難しい

個人店の場合、広告費などは全て実費になりますので、初期投資に時間とお金がかかります。
また、FC(フランチャイズ)にすると、契約期間や時間などを本部の方針に合わせなくてはいけません。また、毎月ロイヤリティー(契約料金)を払わなくてはいけません。そのためFCの場合にもリスクが高いことを覚えておきましょう。

福祉施設経営

福祉施設の経営は、人気・市場規模ともに拡大傾向にある土地活用の一つ。

今後も、需要・収益化に見込みがあり、社会貢献出来る土地活用です。

【メリット】

  • 社会貢献が出来る
  • 立地に左右されない
  • 補助金が出る

高齢者が生活する施設を作りますので、立地は関係ありません。場所に関係なく経営する事が出来るのが福祉施設経営のメリットです。
また、福祉施設を経営するにあたり、国からの助成金は50%、都道府県からは25%の助成金が出ます。

【デメリット】

  • 初期投資が大きい
  • 入居者が見つからない可能性も
  • リスクが高い

福祉施設の経営は、施設建設以外にも、専用の器具や設備が必要となりますので、高額な投資が必要です。
また、福祉施設専門の建設業者を探し、建設後は入居者募集、クレーム対応等が必要になります。一度始めたら、簡単にやめることができません。

以上のように福祉施設経営はとてもリスクが高いため、福祉施設を経営する会社に土地を貸し、借地料を手に入れるという方法がおすすめです。

土地活用営業マンは信頼できる?見極めのポイント

土地活用をしませんか?と営業マンが突然訪ねてきた経験はありませんか?

「土地活用は相続税や固定資産税・都市計画税対策になる」といったうたい文句で営業マンが訪ねてくることがあります。ですが、訪問営業を行っている会社の中には、信頼できない会社もあります。

誰でも簡単に、土地の所有者と住所を確認する事ができ、調べた情報をもとに、無作為に営業を掛けている可能性もあります。

信頼できる営業マンを見極めるポイントを紹介しますので参考にしてください。

【信頼できる営業マンであるかの判断基準】

①知識を持っている・根拠が明確

営業マンが提案や話をする場合には、明確な数字や、過去の例、その土地の明確な家賃相場を示してくれるかといった点に注意しましょう。また、法規制や幾ら節税できるかといった知識や事例を持っている人なのかどうかも確認してください。

②デメリットやリスクについても説明してくれる

メリットがあればデメリットがありますし、経営する上でのリスクもあります。良いことだけを提示するのではなく、過去に行ったトラブル事例なども一緒に提示してくれるかどうかも判断ポイントです。

③強引に契約を迫らない・根拠なく大幅な値下げをしない

強引に契約を迫ってくる。根拠なく大幅な値下げを行う場合は要注意です。
契約を取ることを優先し、利益重視で考えている可能性があります。

しかし、どの営業マンが正しく、間違っているのかをご自身で判断することは難しいですよね。一社のみから話を聞くのではなく、複数の土地活用会社の営業マンから話を聞き、「家賃相場」「収益予想」なども含め、比較検討して選んでみてください。

まとめ

今回は土地活用についてご紹介しました。
土地活用には様々な方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。
また、悪徳業者が大切な土地を狙う危険性もあります。

1人の営業マンの言葉を鵜呑みにするのではなく、他社と比較したり、ご自身で口コミや実績を調べたりすることで、納得して土地活用を選んでみてください。
今回の記事が、土地経営・売却のヒントになりましたら幸いです。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須