奥利根スノーパーク(みなかみ町のスキー場)コース&ゲレンデ施設お役立ちガイド

奥利根スノーパーク
LINEで送る
Pocket

みなかみ町にある奥利根スノーパーク。

2015シーズンにゲートハウスが新設され、ますます快適になりました。

また、2016-2017シーズンには、今までの山頂から先に伸びる第4リフトを新設し、それに伴い新コース・ブナの木コースが登場。さらに、2019-2020シーズンからは、ブナの木コース下部からエントリーする新コース・ゆきざるコースも新設されます!

首都圏から2時間で行けるアクセスの良さと小学生以下はリフトが全日無料開放、そして、ほぼすべてのコースをナイターで滑ることができるという、滑り派のファミリーも大満足のアーバンゲレンデ・奥利根スノーパーク。

今回は、そんな奥利根スノーパークのお役立ち情報を紹介します。

ゲレンデ&コース滑走ガイド

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

奥利根スノーパークのコースは全10本。初心者にも上級者にも評価が高いゲレンデです。各コースの特徴を簡単に紹介します!

NEW!ゆきざるコース

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ナイター対応:△ 平均斜度:18度 最大斜度:30度 最長滑走距離:1,000m レベル:中級

2019-2020シーズンから新設!ブナの木コース下部からエントリーするこのコースの最大斜度は30度。滑りごたえのあるコースです。

ブナの木コース

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ナイター対応:✕ 最大斜度:25度 最長滑走距離:900m レベル:中級

2016-2017シーズンより新設された第4リフトにアクセスする新コース。標高1,180mのゲレンデ最高地点からの快適なクルーズを楽しめます。

向山ゲレンデ

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ナイター対応:○ 平均斜度:15度 最大斜度:22度 最長滑走距離:600m レベル:初級

第3リフトで繰り返し滑走できる向山ゲレンデは初級者でも楽しめるワイドな一枚バーン。ナイター滑走も可能で、第3リフト左サイドに常設される向山パークもナイターまで利用できます。

また、降雪時でも整備が入らない非圧雪の新・深雪エリアの設定もあります。

かもしかコース

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ナイター対応:○ 平均斜度:5度 最大斜度:8度 最長滑走距離:600m レベル:初級

向山ゲレンデから、急斜面のあるくらししゲレンデを通らずに万治平ゲレンデに迂回するコース。初級者にも安心の緩やかなコースです。

くらししゲレンデ

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ナイター対応:○ 平均斜度:18度 最大斜度:30度 最長滑走距離:600m レベル:中級

向山ゲレンデと万治平ゲレンデを結ぶ、変化に富んだワイドな一枚バーン。F-style監修のモーグルコースも設置されています。中級者の練習に最適です。

万治平ゲレンデ

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ナイター対応:○ 平均斜度:12度 最大斜度:18度 最長滑走距離:200m レベル:初級

とても滑りやすいコースです。

斜面に向かって左サイドに万治平パーク、右サイドの第2リフト脇にはビギナーズパークが設置されています。

展望コース

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ナイター対応:✕ 平均斜度:23度 最大斜度:33度 最長滑走距離:1,000m レベル:上級

非圧雪の急斜面が続く上級者向けコース。降雪時はパウダー、普段は天然のコブ斜面となり、上級者の腕試しに最適なロングコースです。

エキスパートはみなかみの山並みを眺めながら豪快に滑ることもできます。

林間コース

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ナイター対応:○ 平均斜度:18度 最大斜度:25度 最長滑走距離:550m レベル:中級

万治平ゲレンデから展望コース下部を通り、ベースのゲートハウスに抜ける中級者向けのコース。そこそこ斜度もあるので、初級者は無理をせずに林道コースに回ることをおすすめします。

林道コース

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ナイター対応:○ 平均斜度:5度 最大斜度:8度 最長滑走距離:1,500m レベル:初級

ゲレンデ上部からゲートハウスへ向かう際の初級者向け迂回コース。

コース幅は広くないので、やむを得ない時以外は立ち止まらずにゆっくり滑り降りるよう心がけましょう。

ゲレンデでは前の滑走者に優先権があるので、ゆっくり滑っている前走者を追い抜く時は安全なスピードで、周りに注意して滑るようにしてくださいね。

コブコース

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ナイター対応:○ 平均斜度:20度 最大斜度:28度 最長滑走距離:240m レベル:中級

くらししゲレンデ内にある、コブのプロ集団F-style監修のモーグルコース。基本、毎日メンテナンスが入るので、いつも最適なコブ斜面を滑ることができます。

群馬県内にあるその他のスキー場の情報は、こちらの記事をどうぞ。

ランチはここで!ゲレ食ガイド

ゲートハウス・カフェコーナー

ゲレンデベースのゲートハウス内にあるカフェ。数種類のカレーや軽食があります。

営業時間:7:00~22:00(金・土・祝前日24:00)
場所:ゲートハウス1F

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

レストハウス

ゲレンデ中腹にあるレストハウスには1Fと2Fで併せて408席もの充分なキャパを持つレストランがあります。ハンバーグカレーや、カツカレー、牛丼やソースカツ丼、ラーメン、そば、うどんなど豊富なメニューでお腹を満たすことができます。

また、平日の午前10時までの限定で、モーニングコーヒーの無料サービスを実施しています。体を温めてからゲレンデに行ける嬉しいサービスですね。

営業時間:8:00~21:00
場所:第2リフト乗場

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/
レストハウス外観

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/
レストハウス1階席

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/
レストハウス2階席

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/

ファミリー向け施設

キッズゲレンデ

キッズゲレンデは、第1リフト乗り場横と第2リフト乗り場横の2ヶ所にあります。ネットで仕切っているので小さなお子様でも安心です。

ベビールーム

ゲートハウス1Fに男女別のロッカールームと更衣室、さらにオムツ替えや授乳に使えるベビールームも完備。小さなお子様連れでも安心です。

営業時間:7:00~22:00(金・土・祝前日24:00)
場所:ゲートハウス1F

奥利根スノーパーク スキー スノボー ゲレンデ
©https://okutone.jp/
ロッカールームとベビールーム

奥利根スノーパークの口コミ

奥利根スノーパークを実際に利用した人の口コミを紹介します!

小学一年の娘とスノーボードをしに行きました。レストランなどは使わず拠点を車に置いて休憩の度に車に戻りました。人はそこまで多くなく初心者の娘には滑りやすかったようです。リフトに乗ってから、斜面を滑ってくる距離が長く、1回リフトに乗れば長い時間滑ってられるのがよかったようです。営業開始時間が早く6時から滑れるのがポイント高い。1日券で早朝から楽しめました。
(30代男性)

毎年、家族で奥利根スノーパークを利用してます。
駐車場無料、子どもリフト券無料がとても助かってます。
コースも子どもが滑るにはちょうど良いと思います。
(40代女性)

最寄りのインターからスキー場までは道路に水が出ているのでアクセスが楽。
大人リフト券は高めだが小学生はリフト無料なので、ファミリーで行くと財布にも優しめ。
(40代男性)

このように、ファミリーにおすすめという口コミが多いようです。
また、中級者におすすめという口コミも多くありました。

コースが多くて一日中楽しめました。私は初中級者ですが難しく感じましたが、あまり混んでいなかったので自由に滑れました。
(30代男性)

平日ということもあり、リフトの待ち時間も無し。
ゲレンデは特段広くはないが、バリエーションには富んでいる。
初級コース、上級コース、パウダーエリア等々・・・。
スキーヤーの当方としてはレストハウス正面のゲレンデは幅広い急斜面で滑り応え有り。
圧雪整備も○。
(20代男性)

出典:https://snow.gnavi.co.jp/

施設情報


【基本情報】
営業時間:
通常6:00~22:00
金・土・祝・前日6:00~23:00
※23時までの営業日は17:00~18:00にナイター前圧雪整備のため一時コースクローズ

料金:

券種 一般 60歳以上
中学生
早朝券
(6:00
~9:00)
1,700円 1,700円
1day passport
(営業開始
~営業終了)
6,200円 5,000円
1日券
(営業開始
~17:00)
5,100円 4,000円
5時間券
(チケット購入
から5時間)
4,200円 3,700円
ナイター券
(16:00
~22:00
or 23:00)
2,700円 2,700円
1回券 650円 650円

※小学6年生以下は全日無料

一般以外の方は、年齢確認があるので、証明できるものを持って行きましょう。

営業期間:
2019−2020シーズン
2019年12月14日(土)~2020年4月5日(日)
※ナイター:2019年12月21日(土)~2020年3月21日(土)

住所:群馬県利根郡みなかみ町向山
電話:0278-72-8101

アクセス:
電車 JR上越線 水上駅より無料シャトルバス乗車約10分
 関越道水上ICから約25分

駐車場:あり(900台・無料・24時間開放)

公式HP:https://okutone.jp/

まとめ

奥利根スノーパークは、ナイターでほぼ全面滑ることができ、さらに小学生以下リフト料金無料が魅力のゲレンデです。

中斜面(15~20度)が多く、ステップアップやしっかり滑って練習したい派に向いたアクティブゲレンデですが、万治平ゲレンデは、初級者パラダイスでファミリー層でも安心して楽しく滑ることができます。

首都圏から車で2時間ほどで到着できる好アクセスの奥利根スノーパークにぜひ足を運んでみてください!

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

Gotoトラベルでお得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須