1. TOP
  2. 地域別情報
  3. 吾妻エリア
  4. 川原湯温泉王湯・八ッ場ダム建設で移転後も800年の歴史を受け継ぐ

川原湯温泉王湯・八ッ場ダム建設で移転後も800年の歴史を受け継ぐ

LINEで送る
Pocket

草津温泉や四万温泉、万座温泉など群馬が誇る温泉が集まる吾妻郡。

その吾妻郡を流れる吾妻川の南部に位置する長野原町・東吾妻町周辺は、国指定名勝吾妻峡や2019年完成予定の八ッ場ダム建設地もあり、多くの人から注目を集めるスポットです。

そして、八ッ場ダムの建設によって水没するのが川原湯温泉。
源頼朝が発見したといわれる、800年以上の歴史を持つ温泉街です。

2014年、八ッ場ダム建設地から高台に移動した、歴史ある川原湯温泉のシンボルである共同浴場「王湯」に足を運んでみました。

生まれ変わった共同浴場川原湯温泉「王湯」

1193年、源頼朝が発見したといわれる歴史ある川原湯温泉。

それ以来地元の人をはじめ多くの観光客に親しまれてきました。
その川原湯温泉のシンボル的存在の共同浴場が、川原湯温泉王湯会館。

1967年に王湯会館が建設され、地域の憩いの場となりました。

ダム建設計画が浮上してから、周辺住民による反対集会にも利用されていた王湯は、2014年に惜しまれながら閉館し、新天地で生まれ変わりました。

ダムの底から高台へ

2014年7月、八ッ場ダムを造るため高台に移転し、さらなる歴史を築き始めた王湯。

源泉は、ダム建設事業によって掘り当てられた新湯。この新しい川原湯温泉源泉から、ポンプでくみ上げてお湯を引いています。

旧王湯会館のフォルムは玄関に残され、新しい地で愛され続けています。

また1957年、全国温泉コンクールでベストテン入りした記念に建てられた「平和の白鳩の塔」も王湯の前に移設され来館者を出迎えてくれます。

のんびり日帰り入浴が楽しめる王湯の施設案内


新しい川原湯温泉は、「景色を見ながらブラブラ歩く温泉街」がコンセプト。

王湯は大自然に囲まれ、のんびりとくつろぎながら日帰り入浴が楽しめる温泉施設です。

館内に足を踏み込むと新しい木の良い香りが漂います。


玄関右手に下駄箱があるので靴を入れ、中央の券売機で入場券を購入し入館。

1階にはお風呂、そして2階には休憩所もあります。

男女別の大浴場には絶景あふれる露天風呂!

男女別の大浴場は、もちろん源泉かけ流し。

石造りの内風呂はのんびり温泉が湧き出る音を聞きながら入浴できます。

露天風呂からは吾妻の美しい大自然が見られ、心癒されること間違いなし!

温泉の泉質・効能

泉質は含硫黄・カルシウム・ナトリウム・塩化物・硫酸塩温泉(低張性中性高温泉)。

酸性の草津温泉の上がり湯といわれる中性の泉質です。
神経痛・リューマチ・胃腸病・婦人病などに良いといわれています。

王湯施設情報


©http://kawarayu.jp/ouyu.html

営業時間:10:00~18:00

料金:大人500円・子供300円(2時間)

休館日:1月1日・1月20日

住所:群馬県吾妻郡長野原町川原湯491-6

電話:0279-83-2561(川原湯温泉協会)

アクセス:
車 関越自動車道渋川伊香保ICから60分/上信越自動車道碓氷軽井沢ICから60分
電車 JR川原湯温泉駅下車徒歩15分

駐車場:無料(県道375号線沿いにある川原湯温泉駐車場)

公式HP:http://kawarayu.jp/ouyu.html

食事やタオル・シャンプーなどのアメニティー用品など

王湯に食事処などはありません。

シャンプーやボディーソープは備え付けなので持参の必要はありませんが、タオルなどは有料なので持って行った方がいいかもしれません。

割引クーポン情報

公式サイトなどで割引クーポンはありませんが、このサイトでも紹介している「群馬の源泉パスポート」で100円引きが利用できる施設です。

今だけぜひ参加したい八ッ場ダム見学ツアー

今しか見られないダムの建設現場を見学できるツアーは価値あるものです!

四季折々の季節限定ツアーや、夜景よりも美しいナイトツアーもあり、日々変わりゆくダムの様子にリピーターも訪れるそうです。

滅多にできない体験なので、機会があればぜひ参加したいですね!

歴史あるド迫力の湯かけ祭りも開催!

厳寒の朝に男たちが裸で湯をかけあうという独特で風変わりな祭り「川原湯温泉湯かけ祭り」。
毎年1月20日の朝5時から行われます。

400年ほど前、突然温泉が湧きださなくなった折に生きた鶏をいけにえに捧げたところ、お湯が再び湧き出たことがはじまりといわれています。

ふんどし姿の若い衆がお湯をかけて回る姿は圧巻。もちろん観光客も参加できます。

川原湯温泉王湯・八ッ場ダム建設で移転後も800年の歴史を受け継ぐまとめ

高台に再建され、生まれ変わった川原湯温泉共同浴場「王湯」。

場所は少し変わりましたが、ノスタルジックな時間が流れる温泉として新天地でも愛され続けるでしょう。

八ッ場ダムの完成も間近となり、現在ダム周辺の観光や見学ツアーも充実、多くの観光客でにぎわっています。

地元の人が愛し、守り続けてきた歴史あるその土地に思いをはせながら、新天地で動き出した川原湯温泉王湯。

これからも川原湯温泉のシンボルでありつづける、この最高泉質の日帰り温泉で、癒しのひとときを過ごしてみてください。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の観光情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の観光情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

We Love 群馬編集部

We Love 群馬編集部

We Love群馬編集部では、群馬県の有名な場所、観光地、食べ物や文化を紹介するだけでなく、地元の人しか知らない、地元の人でも知らなかったようなコアな情報まで、群馬県民も群馬県民じゃない人も知りたかった「本当の群馬」をお伝えしていきます。