【奇祭・裸祭り】川原湯温泉の湯かけ祭りは観光客も一緒に楽しめる!毎年1月20日に開催

LINEで送る
Pocket

群馬県吾妻郡にある
川原湯温泉で行われる「湯かけ祭り」

そのはじまりは
1193年までさかのぼるとも
言われている伝統ある温泉地で、

観光客も一緒に楽しめる
迫力満点のお祭りです。

奇祭、裸祭りとも呼ばれる
この湯かけ祭りの魅力に迫ります。

惜しまれながら引っ越しした川原湯温泉

群馬県吾妻郡長野原町にある
川原湯温泉は、

1193年に源頼朝が狩をしている
最中に発見したとされています。

共同浴場の「王湯」には
それに因んで
源氏の家紋が掲げられています。

吾妻川の谷間の
上部の道路沿いに、

数軒の旅館がひしめく様に
存在していましたが、

八ッ場ダムの建設計画により、
引っ越しを余儀なくされました。

共同浴場は
2014年の「王湯」の閉館をもって
全て閉鎖され、

「王湯」は翌月5日より
高台にある新源泉地に

「王湯会館」として
営業を再開しています。

八ッ場ダム建設地から高台に移動した、共同浴場「王湯」に実際に伺いました!
詳しい情報はこちらから。

奇祭ともいわれる湯かけ祭りの由来

毎年1月20日の5時00分から行われる
「川原湯温泉湯かけ祭り」。

突然温泉のお湯が
湧き出なくなったことに
困りはてた農民が、

生きたニワトリをいけにえにして
祈ったところ再びお湯が沸きだし、

湯をかけあったのが
始まりだといわれています。

昔は、
湯かけ祭に出ない家にも
片っ端からお湯をかけ、

トラブルになったことも
しばしばあったようです。

明治のはじめに中止しようという
動きがありましたが、

疫病が流行り
亡くなる人が多数出たので、

きっと湯かけ祭をやめたせいだ
ということで再開され、
その後は途絶えることなく続いています。

魅力のひとつはその迫力!


©http://www.kawarayu.jp/yukake.html

毎年1月20日の5時00分から、
賑やかに行われる奇祭「湯かけ祭り」。

小学生から60歳ぐらいまでの
参加者が鉢巻、下帯、足袋姿で
桶をもって共同温泉王湯のそばに集まり、
紅組と白組に分かれます。

「今年もお湯をいただきました」
という神主さんの神事の後

「お祝いだ」という
掛け声をかけながら、

一斉に温泉のお湯をかけあいます。

お湯かけ合戦後、
会場につるされた
紅白のくす玉にお湯をかけて、

割れると中からでてくる
生きた鶏を我さきにと捕まえて
祭壇にお祀りし、
その年の無病息災をお祝いします。

例年寒い季節に行われますが、
見物している観光客にも
お湯がかかり
一緒にお祭りを楽しめます。

寒い季節に食べたくなる群馬の郷土料理「おっきりこみ」。
ぜひご自宅で作ってみてくださいね。

川原湯温泉周辺の観光

川原湯温泉散策絵図 湯かけ祭り
©http://www.kawarayu.jp/annai.html

『景色を見ながらブラブラ歩く温泉街』
というコンセプトを持つ川原湯温泉街。

公営の駐車場が二つあり、
車を停めて
散策を楽しむことができます。

温泉街には、
2014年7月に新天地に引っ越した
共同浴場をはじめ、

山本館、丸木屋、
やまだ旅館などの宿泊施設や、

キッチン赤いえんとつ、
まるきやカフェなどの
食事処も充実しています。

川原湯温泉周辺地図
©http://www.kawarayu.jp/access.html

また付近には吾妻渓谷や、
戦国時代からの丸岩など
自然がもたらす絶景の観光名所、

ダム建設のために作られた
八ッ場大橋や不動大橋など
見どころもたくさん。

橋の上から望める大自然の風景は
爽快な気分を味あわせてくれます。

周辺の観光情報は
こちらからチェックしてみてください。

川原湯温泉協会HP:http://www.kawarayu.jp/annai.html

川原湯温泉「湯かけ祭り」イベント詳細


湯かけ祭り

開催日時:2020年1月20日(月)AM5:00~

会場:川原湯温泉 王湯前

住所:群馬県吾妻郡長野原町川原湯491-6
電話番号:0279-83-2591(川原湯温泉協会)

駐車場:あり(無料)

アクセス:
電車
 JR高崎駅より吾妻線 川原湯温泉駅まで75分
 JR上野駅より新特急「草津号」乗車 川原湯温泉駅まで2時間20分

 関越自動車道 渋川伊香保ICより国道17号、353号・145号線で60分
 上信越自動車道 上田ICより国道144号線嬬恋村経由で90分
 上信越自動車道 碓氷軽井沢ICより国道18号線中軽井沢経由 国道146号・145号線で60分

川原湯温泉協会HP:http://www.kawarayu.jp/annai.html

まとめ

高台の新天地に引っ越してから、
今年で6回目となる
川原湯温泉の湯かけ祭り。

ダムの建設が始まり
団体観光客が減少している傾向にあり、
地元の人はダムが早く完成して

昔のように
にぎわってほしいと熱望しています。

お祭りは大きな盛り上がりを見せ、
参加者だけでなく観光客も
一緒に迫力と伝統を体感できます。

今年の1月20日は
川原湯温泉に入りがてら、

湯かけ祭りで一年の幸福と
無病息災を祈願してみてはいかがでしょうか!

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須