1. TOP
  2. 地域別情報
  3. 東毛エリア
  4. 富士山やスカイツリーまで臨める?! 邑楽町シンボルタワー「未来MiRAi」

富士山やスカイツリーまで臨める?! 邑楽町シンボルタワー「未来MiRAi」

LINEで送る
Pocket

シンボルタワー「未来MiRAi」とは?

「未来MiRAi」という名称は、未来へと羽ばたく町のシンボルとして、
また町のランドマークとして大空に伸びてほしいという意味を込めて、
公募によって決定したそうです。

タワーに入ってまず目に留まるのが、「手づくりミニショップ」のコーナーです。

邑楽町出身・在住・在勤のかたに限り、1カ月500円で1スペースをレンタルできます。
温かみのある手づくり品が、良心的な価格で販売されています。

お時間に余裕のあるかたは、ゆっくり見てみると掘り出し物が見つかるかもしれませんね。

そのほか「多々良沼」まで足をのばして野生の白鳥の観賞もオススメです。
「多々良沼」で野生の白鳥(ハクチョウ)に遭遇する確率アップの秘訣大公開!

視界360度!地上36メートルの大パノラマ

行きはエレベーターで昇り、帰りは階段で下りるのがおすすめだと教えていただき、
さっそくその通りに進んでみます。

5メートル刻みで高度が表示されています。

階数は2階ですが、展望室は地上36メートルの高さに。
エレベーターのドアが開くと、目の前には広大なパノラマが展開します。

この時期は山々が雪の帽子をかぶり、趣がありますね。
赤城・榛名・妙義の上毛三山をはじめとする山々を、ぐるっとひと回り眺望できます。

更に上へ!40メートルの屋上展望室

地上36メートルの展望室を楽しんだ後は、階段を上って屋上展望室に出ることができます。

階段を上った先に待っているのは、風を感じることのできる開放的な空間。

屋上展望室の方が、大自然の迫力をよりダイレクトに感じることができるかもしれませんが、
強風の日には気をつけてくださいね。

天気が良いと、こちらの方角にスカイツリーが見えるのですが……
残念ながらこの日は見ることができませんでした。

そして富士山も見ることができず、少し心残りです。
天気の良い日に、改めて訪れたいと思いました。

最後の最後まで楽しめます!

行きはエレベーターに乗り10秒ほどで展望室まで上がりましたが、
帰りは189段の階段を下りていきます。

階段の途中にいくつか小窓があるのですが、
実は下りながらこの小窓から外の景色をのぞいてほしいとのこと。

小窓からのぞくたびに地上の車や人がだんだん大きくなってくる様子が楽しめます。

また時期によって時間が変わりますが、
タイミングがいいと「影タワー」という、レアな景色を見ることもできます。

帰り道の階段でも、楽しみながら下りてくることができました。
「行きはエレベーター、帰りは階段がおすすめ」という言葉に納得です。

邑楽町シンボルタワー「未来MiRAi」まとめ

展望室には、この方角には何が見えるのかと説明が書いてあるので、
景色と照らし合わせて見られるので便利です。

有料の双眼鏡もいくつか設置してあるので、利用してみるのもいいかもしれません。
ぜひ天気の良い日を狙って、スカイツリーや富士山を見つけてみてくださいね!


邑楽町シンボルタワー「未来MiRAi」 ストリートビュー

取材協力:邑楽町シンボルタワー「未来MiRAi」

住所:
邑楽町大字中野2639-1

開館時間:
10:00~18:00(4月~9月)・10:00~16:00(10月~3月)

休館日:
月曜日・火曜日(祝日を除く)・年末年始(元旦は午前中開館)

展望料金:
小学生以上100円(就学前の児童は無料ですが保護者の同伴が必要です)

お問合せ先:
邑楽町役場商工振興課 commerce@swan.town.ora.gunma.jp
TEL:0276-47-5026

シンボルタワー「未来MiRAi」
TEL:0276-88-8686

こちらの記事も読まれています!
1.【秘密のケンミンSHOW】群馬県のおっきりこみの意味や由来とおすすめレシピ7選

2.全国に広がる人気 群馬県産のいちご「やよいひめ」をとことん味わおう!

3.仮面ライダーでも有名なマニアにはたまらない『藪塚石切り場』の巨石廃墟を探検!

4.織物のまち・桐生でめぐりたい歴史的建造物4選

5.【神秘】真逆に伸びたレア鍾乳石が立ち並ぶ大間々小平鍾乳洞とは?

6.【パワースポット】神様をボコボコに殴る招福神社?草木ダムにある貧乏神追放神社がすごい!

LINEで送る
Pocket

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ento

ento

群馬県太田市を中心とする、ママクリエイター団体。

ライター5名で執筆を行っています。


この人が書いた記事  記事一覧

  • 前橋で藩主を務めた幕府四大名家「前橋四公」が日本酒になって登場!

  • 第60回「関東菊花大会」菊を見ながら紅葉狩り!ながめ公園の秋の風物詩

  • 今が旬!沼田市自慢のりんご狩りへでかけよう!

  • ガラス彫刻が体験できる隠れ家工房!『がらすあーと・とりる』

関連記事

  • 2年に1度のアートの祭典『中之条ビエンナーレ』が幕開け!町中に芸術があふれます

  • 群馬県沼田市にある東洋のナイアガラ!大迫力の「吹割の滝」へ

  • 夏は水遊びも!水の流れる姿から名付けられた「兜滝」

  • 嬬恋村キャベツ畑の中心で大切な人へ100人の男たちが愛を叫ぶ「愛妻の丘」

  • 子どもはたった700円で楽しめる!!豊かな自然に囲まれた『桐生が岡遊園地』

  • 【ららん藤岡イルミネーション2016】ハイウェイオアシスららん藤岡が夕暮れから光の聖地に!