ペヤングやきそばピザ|ワンハンド焼きそばパンが手軽すぎてエモい!

LINEで送る
Pocket

群馬を代表する味「ペヤングソースやきそば」から今度はなんとピザが登場。ワンハンドで楽しめる便利でおいしいピザが、マルハニチロ株式会社とのコラボで実現しました!

ひとつで大満足、ペヤングテイストを存分に味わえる「ペヤングやきそばピザ」をご紹介しましょう。

群馬の味「ペヤング」の新商品がとまらない

ペヤングやきそばピザ 新商品

斬新な「たぬきやきそば」や「きつねやきそば」「ホルモンやきそば」など、多彩な新商品が止まらないペヤング。

今回は、国内大手食品メーカー「マルハニチロ株式会社」とのコラボレーション第2弾となります。
ちなみに第1弾は「ペヤングそばめし」でしたね!現在もまだスーパーなどで販売されている人気商品です。

ペヤングやきそばピザ そばめし

また「ばかうけ(ペヤングソースやきそば風味)」「ペヤング激辛やきそばEND風味」など、ペヤングとお菓子メーカーとのコラボ商品も展開されています。

アレンジしてもおいしい!ペヤングとマルハニチロのコラボ第1弾「ペヤングそばめし」はこちらの記事をチェック!

新商品「ペヤングやきそばピザ」!

ペヤングやきそばピザ パッケージ

さて今回はピザ。なんとなく想像がつくような、ワクワクが止まらないような「気になって買わずにはいられない商品」が、またまた登場しました。

ペヤングやきそばピザ パッケージアップ

パッケージがこちら。売り場に並んでいても、すぐにペヤングだとわかるデザインです。見落とす心配はなさそうです。

ペヤングやきそばピザ 中身

ピザ生地の上にはソースとチーズ、そしてキャベツ・紅ショウガ・あおさが入った焼きそばが「どん!」と乗っています。焼きそばにもソースがたっぷりかかっていますよ。

調理方法はレンジでチンするだけと簡単!

作り方はとっても簡単!紙のトレイごと透明フィルムから出してそのままチンするだけなんです。チルドのピザといえばトースターで焼くものもありますが、こちらは備え付けのトレイのまま温めるだけの簡単調理です。

レンジで、500Wならで1分50秒、600Wなら1分30秒加熱するだけ!透明のフィルムをはがせば、そのままラップをかけずにチンしてOKです!

少し冷ましたら紙のトレイを半分に折って指定の部分を切り取れば、やきそばパンのようにワンハンドで食べられます。外出先での昼食やおやつ、さまざまなシーンに重宝しそうですよ!

気になる味は?

ペヤングやきそばピザ 味

ということで早速手軽にピザを味わってみました。気になるテイストは…?

ペヤングやきそばソースのテイストが前に、前に出ています。目をつぶって食べてもペヤングだとわかる味。

ピザ生地はパンのように肉厚。高級な焼きそばパンのような食感とテイストで、ボリュームもたっぷり!これひとつで大満足。お腹も心も満たされます。

商品スペック&価格

ペヤングやきそばピザ スペック

販売開始日:2020年2月3日(月)

価格:230円で入手
(販売場所によって異なると思われます)

商品ページ:https://www.maruha-nichiro.co.jp/products/product?j=4902165274745

1枚105g当りの商品スペックは下記の通り。

エネルギー:253kcal
たんぱく質:9.3g
脂質:8.8g
炭水化物:34.1g
食塩相当量:1.3g

小麦、卵、乳成分、牛肉、ごま、大豆、鶏肉、豚肉、りんごなどの特定原材料等のアレルギー物質が含まれています。
また、焼きそばにかかっている「あおさ」は、特定原材料のうちエビやカニが混ざる漁法で採取されたものです。

製造販売元基本情報

ペヤングやきそばピザ 製造販売元基本情報

製造販売元:マルハニチロ株式会社 群馬工場

住所:群馬県邑楽郡大泉町吉田1201

電話:0120-040826(お客様相談室)

問合せ受付時間:9:00~17:00(土日祝祭日・指定休業日を除く)

公式HP:https://reishoku.maruha-nichiro.co.jp/

まとめ

ペヤングやきそばピザ 新発売

勢いがとまらないペヤングソースやきそばシリーズ。今回新発売となった「やきそばピザ」も巷をザワつかせています。

手軽にレンチン2分弱で簡単、ワンハンドで食べられるペヤングテイストのピザで、おやつにも食事にもぴったり!
まるで高級焼きそばパンのような食感とペヤングやきそばならではのソースの味と香りがたまりません。

もはや群馬の顔ともいえる「ペヤング」の新商品をぜひ味わってみてくださいね!

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須