いま話題の新たな群馬土産!『上毛かるたせんべい』とは!?

LINEで送る
Pocket

新たな群馬のお土産として、今注目を集めている『上毛かるたせんべい』。

群馬県民なら、誰もが知っている「上毛かるた」の絵柄をプリントした、とても粋なおせんべいです。
さまざまなテレビで取り上げられ、今や「上毛かるた」は全国でも知られるようになりました。

県外へお土産を持っていく際には、喜ばれること間違いなしの商品です!

希少な地元のブランド米と老舗せんべい店の伝統技術!

上毛かるたせんべい 群馬土産

おせんべいの原料として使われるお米は、桐生市黒保根町で収穫された「くろほの雫」を使用。
「くろほの雫」とは、黒保根町の稲作農家有志によってつくられたブランド米。

その良質さが口コミで広まり、出荷されるとすぐに完売してしまうほど人気のお米です。
そして生産委託をしたのは、県内の老舗せんべい店。

希少な良質米を使い、老舗せんべい店の技術でつくられる、なんとも贅沢な逸品なのです!

絵柄は4種類!表も裏も楽しめる!

上毛かるたせんべい 群馬土産

プリントされている絵柄は「え」、「き」、「つ」、「に」の4種類。

そして各おせんべいの裏面には、読み札もプリントされています。
群馬県民なら、表の絵札を見れば読み札がパッと頭に浮かぶでしょう。

しかし、県外の方はそうはいきません……。

こういった気遣いと遊び心も、注目されている理由のひとつなのでしょう。

食べ終わっても残る!名産品を利用した特製の「しおり」

上毛かるたせんべい 群馬土産

おせんべい3枚で1袋として販売されている『上毛かるたせんべい』(480円)。
袋の中には、オリジナルのしおりが1枚入っています。

かるたの絵札・読み札とともに、その土地の説明が書かれたしおりは、思い出にもお土産にも最適です。

上毛かるたせんべい 群馬土産

また、しおりに使われている紐には、群馬県産の「きびそ」(シルク)が使用されています。
「きびそ」とは、蚕が繭を作るときに最初に吐き出す糸のこと。

名産品であるシルクを、しおりの紐に使うというアイディアもじつにオシャレです!

「上毛かるた」の詳細はこちら!
「上毛かるた」は群馬県民しか知らない?そのルールや誕生秘話

群馬の魅力を発信したい!製作者の想い

上毛かるたせんべい 群馬土産

『上毛かるたせんべい』プロデュースしたのは、桐生市出身の星野智昭さん。
2015年に東京都から群馬県へUターン移住したことを機に、群馬や地元桐生の情報発信が足りていないと感じたそうです。

そんなときに黒保根町の農家さん、老舗のおせんべい屋さんと出会い、『上毛かるたせんべい』のアイディアを思いつきました。

質の高いものを目指したいと、東京都内で活躍する前橋出身のアートディレクターに協力を依頼。
そして試行錯誤の末、2016年秋に 『上毛かるたせんべい』の販売をスタートさせたのでした。

「お土産を通して、地域や群馬の魅力を発信していきたい」『上毛かるたせんべい』は、星野さんのそんな熱い想いからつくられたのでした。
また、「お土産を入り口として、県内各地の情報が得られるメディアにもつなげたい」と、今後の展望も語ってくれた星野さん。これからの活躍にも期待したいですね!

オンラインショップ・販売店情報

上毛かるたせんべい 群馬土産

『上毛かるたせんべい』(3枚入り480円)は、オンラインショップのほか、県内3店舗で購入できます。

【上毛かるたせんべいオンラインショップ】
URL:https://shop.jomokrt.com
【群馬いろは】(群馬物産展)

住所:群馬県高崎市八島町222番地
(JR高崎駅東口「イーサイト高崎」2F)

TEL:027-321-0067

営業時間:9:00~21:00/9:00~20:00(日・祝)

定休日:無休

【わびさびや】(手作りジェラート、漬物販売・カフェ・ギャラリー)

住所:群馬県桐生市新宿3丁目4−49

TEL:0120-170-144

営業時間:10:00~18:00

定休日:月曜日および最終日曜日(12月を除く)

【フタバ商店】(香辛料、野菜販売・カフェ)
群馬土産
住所:群馬県太田市鶴生田町790-4

TEL:090-2143-5236

営業時間:12:00~19:00

定休日:不定休

まとめ

群馬を全国に発信したいという思いからつくられた、新たな群馬のお土産。
それは、徹底して地元・群馬にこだわった、“純群馬産”のおせんべい。

来客時のお菓子、友人宅への手土産、県外の方へのプレゼントなど、さまざまなシーンで活用できそうですね!

上毛かるたせんべい公式HP
https://www.jomokrt.com/

LINEで送る
Pocket

Gotoトラベルでお得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須