【孤独のグルメ】レストラン・ブラジル|大泉町は群馬のブラジル?地球の裏側へと旅した気分になれる街!

孤独のグルメ レストランブラジル 大泉町

邑楽郡大泉町は、面積約4.5km四方の群馬県でもっとも小さな町。

人口総数は約4万2千人で、そのおよそ1/10がブラジル国籍の日系ブラジル人とその家族です。町のあちらこちらに日系ブラジル人が営むマーケットやレストランがあり、異国情緒を味わうべく都内からバスツアーが組まれるほど。

小さいながらも日本一のブラジル人街として全国に名をはせる、群馬のブラジル・大泉町に行ってきました!

オープンから30年目を迎えた「レストラン・ブラジル」

大泉町のレストランのなかで、おそらくいちばん有名だと思われるのがここ、「レストラン・ブラジル」。1990年の創業です。

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

TVドラマ「孤独のグルメ」でも取り上げられたブラジル料理専門店。店長は日系ブラジル人の岩田ダニエルさんです。

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

さすが有名店。店内にはたくさんのサイン色紙が飾ってあります。

あまり知られていませんが、嵐の相葉雅紀さんもロケで訪れたことがあるのです……!

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

メニューはやはりお肉料理が中心。ブラジル料理の代表といえば、やっぱりシュラスコでしょう!

ということで、「エスぺトン・デ・ピカーニャ」という牛肉のブラジル風焼き肉(小300g1460円、中400g1950円、大500g2440円)と、ブラジルの家庭料理「フェイジョン」(160円)をいただきました。

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

十分大きいですが、こちらで小サイズ。串刺しのお肉が目の前に運ばれてくると、つい「わぁ~すごい!」と声をあげてしまいます!

トングでつかんでナイフで削ぎ切るのが正しい食べ方……というわけではなく、串から抜いてステーキのように食べてもかまわないそう。でも削ぎながら食べたほうが、おいしく感じるから不思議です。

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

フェイジョンはカリオカ豆の煮物で、ブラジルの家庭料理です。マーケットであんなにたくさん豆類が売られていたのは、フェイジョンをつくるためだったのか!と納得。

ごはんにかけていただきます。

トロトロに煮込まれた野菜と豆の素朴な甘さがやさしい、家庭の味です。料理についての質問に、にこやかに答えてくれた岩田さん。

ほかのお客さんからも親しく声をかけられ、丁寧に対応する姿から、人柄の良さが伝わってきました。

【レストラン・ブラジル】

群馬県邑楽郡大泉町西小泉5-5-3

TEL: 0276-62-0994

営業時間:
月・火・木・金11:00~15:00、17:30~22:30
土・日12:00~22:30

定休日:水曜日

孤独のグルメシーズン7に登場した下仁田の豚すき焼きもオススメ。

海外旅行気分を味わいたいなら「キオスケ・シブラジル」

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

鮮やかな看板が目を引く「キオスケ・シブラジル」

ブラジルをはじめ外国からの輸入品を取り扱うマーケットです。

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

棚のいちばん広いスペースを占めているのが豆類。日本ではあまり耳慣れないカリオカ豆を筆頭に、うずら豆、ささげ豆、黒インゲン豆……まだまだたくさんの種類の豆がならびます。意外だったのはパスタ類やトマトソースの品ぞろえが豊富なこと。

なんでも日系ブラジル人が多く住むサンパウロはイタリア移民が多く、イタリアの食文化が輸入されブラジルの食文化として根付いているのだそうです。

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

ブラジルといえば牛肉!「キオスケ・シブラジル」にも広いお肉コーナーがあります。

オーナーの北川さん自らお肉を切り分け、パッキングして並べていきます。

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

1パックの量がとにかく多い!お友達とシェアしてもいいですね。

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

カフェスペースで休憩もできます……が、メニューはすべてポルトガル語!
読めなくても店員さんに聞けば丁寧に教えてくれますので、ご安心を!

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

こちらはアサイー&ブルーベリーのシェイク(500円)。

ミルクも入っていてまろやかな甘さです。
おいしいし、量も多い!500mlくらいありました。テイクアウトもできますよ。

【キオスケ・シブラジル】

群馬県邑楽郡大泉町坂田3-13-342

TEL: 0276-20-1020

営業時間:
月・火・木・金10:00~21:00
土・日 9:00~21:00

定休日:水曜日

下仁田名物のタンメンもオススメ。

まとめ

孤独のグルメ 群馬 レストランブラジル 大泉町

今回紹介した2店以外にも、バーや服飾関係など、大泉町には 日系ブラジル人が営むさまざまなジャンルのお店がそろっています。日本人にとっては心弾む外国のような町であり、ブラジル人にとってはなつかしいふるさとのような町。

ふたつの顔を持つ大泉町は、誰でも歓迎してくれます。

暑い夏は、暑い国ブラジル気分に浸るのにぴったり。地球の裏側へ旅行するつもりで、夏休みは日本のブラジル・大泉町に遊びに行きませんか?

行こうぜ!お得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須