中華蕎麦あお木second|並んでも食べたい淡麗麺とコクまろな黒醤油らーめん稲庭風【高崎市高砂町】

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

高崎市にある中華蕎麦あお木second、平日休日問わず人気のラーメン店。

並ぶの覚悟で至福の一杯を味わってきたのでご紹介しましょう。

ロケーション・店舗の様子

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

県道27号、通称高駒線とJRの線路が交差するアンダーのすぐそばに、あお木secondがあります。

青い狼煙がお店の目印、開店から閉店まで客足の絶えない人気店です。

木を基調にしたモダンな店内はカウンターが8席、洗練された落ち着いた雰囲気の店内。

淡麗自家製麺と濃厚スープのラーメンで定番から限定メニューといったこだわりのラーメンを生み出しています。

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

駐車場はお店から少し離れたところにありますよ。

メニュー

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

カウンターにメニュー表はなく、券売機を見て決めます。
定番メニューには淡麗煮干しや白醤油らーめんそして昭和の中華そばなどが並びます。

お邪魔した時には限定メニューの昆布水つけ麺がありました。

らーめんのほか、白米や卵かけご飯、肉盛り焼豚丼など、ご飯も一緒に楽しめますよ。

黒醤油らーめん稲庭風

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

黒醤油らーめん稲庭風 900円

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

その名の通りインパクト抜群な黒深みのある醤油スープのらーめんです。思わずごくりと唾を飲みます。

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

まずはスープを一口、こくのあるまろやかな味わいです。見た目ほど味は濃くありません。

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

日本三大うどんの一つ、稲庭風の麺を使用しています。
この麺にとってもよくスープが絡み、まるで稲庭うどんを食べているのか?という錯覚に陥りますが、らーめんです。

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

味玉も程よく半熟でしみしみ。

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

穂先メンマも柔らかい。

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

チャーシューは2枚
弾力があるのに柔らかくジューシーな肉汁が溢れます。

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

コリコリ食感のつみれも入っており、豪華絢爛。

まさに並んでも食べたいらーめん!

気がつけばあっという間に完食、スープも飲み干してしまいたくなる美味しさ。

他のメニューも魅力的だったので、リピートして味わってみようと思います。
 
 
あわせて読みたい。

店舗情報

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

営業時間:
平日10:30〜14:00/18:00〜20:00
土曜日・祝日10:30〜14:00(品切れ次第終了)
定休日:毎週日曜日
住所:群馬県高崎市高砂町244-1
駐車場:あり(無料・14台)
(駐車場住所:高崎市高砂町135)
アクセス:
車 関越自動車道高崎ICより約10分
電車 JR高崎駅より徒歩約20分
公式Twitter:https://twitter.com/cyukasobaaoki
高崎市周辺情報:https://www.jalan.net/travel/cit_102020000/
高崎市で宿を探す:https://travel.rakuten.co.jp/yado/gunma/takasaki.html

 

まとめ

群馬県高崎市高砂町 中華蕎麦あお木second メニュー 淡麗麺 黒醤油らーめん稲庭風

煮干しや昔ながらの中華そばなどバラエティーに飛んだ至福のらーめんを提供する中華蕎麦あお木second黒醤油らーめん稲庭風をご紹介しました。

ツルツルで腰のあるうどんのような麺に絡むクリアなスープと、具材が至福の味わい。
さすが行列の人気店、並んでも食べたい一杯です。

定番から限定メニューまで飽きの来ない魅力的なラインナップ。
最新情報は公式ツイッターで確認してお見逃しのないように!

※情報は掲載当時のものです

行こうぜ!お得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須