1. TOP
  2. 地域別情報
  3. 染め物のテーマパーク「高崎市染料植物園」ハンカチ染めから染料実験まで!

染め物のテーマパーク「高崎市染料植物園」ハンカチ染めから染料実験まで!

LINEで送る
Pocket

「高崎市染料植物園」は、
染料植物に特化した
全国的にも珍しい植物園。

白衣観音が見守る自然豊かな観音山の中腹にあり、
美しく手入れされた敷地は、

気持ちの良い散策路として
ハイカーに親しまれています。

その玄関口にある「染色工芸館」では、
平成6年4月に開園して以来

こつこつと続けられてきた
貴重な研究成果を見ることができるほか、

季節ごとに企画される
染色体験で実際に布を染めることもできます。

県外からたくさんの染色ファンたちが
足を運ぶ、隠れた人気スポットです!

 

染色の歴史を追う「染料植物の道」

染色は衣服と深い関係を持っており、
布をつくる「織り」は縄文時代に、

「染め」は弥生時代に
はじまったといわれています。

飛鳥時代になると「色」が
身分を表す意味合いを持つようになり、
染色の重要性が増していきました。

「染料植物の道」では、

「飛鳥・奈良の道」「平安・鎌倉の道」
「室町・江戸の道」「現代の道」

4つのエリアに分け、
それぞれの時代に使われた
染料植物を育てています。

ひとつひとつの植物に丁寧な説明と、
染めたときの色見本が表示されています。

観音山の緑が気持ちよく、
散策にも最適!

1周約700mの整備された道ですので、
小さなお子さんやお年寄りも
無理なく歩くことができますよ。

こちらもオススメのスポット。
高崎に“はにわ”が出現!?「上毛野はにわの里公園」に行ってみよう!

染め物初心者から上級者まで大満足!「染色工芸館」

「染色工芸館」では、
染色家の先生を招いて定期的に
染め物の講習会を開いています。

全4回~6回の本格的な技法講習会から、
2時間で仕上がるワークショップ形式まで、
内容はさまざま。

珍しいものでは、
染料の実験ができる講座もあります。

それ以外にも月に3~4回、
水曜日と日曜日を中心に、
職員による染色体験日を設けています。

この日の染色体験では、
「ヤブマオ」というイラクサ科の植物で
草木染を行いました。

こちらが「ヤブマオ」。

茎と葉を細かく刻み、
20分ほど煮出して染める液を作ります
(2時間の講習では、職員が作っておいたものを使います)。

どんな色に染まるのでしょうか……?

まずは手順の説明から。

こちらはお手本を見ながら、
輪ゴムを使った絞り染めの方法を
紹介している様子です。

布のたたみ方で、
ハート形もできちゃうんですよ!

染め上がりがムラにならないよう、
絞った布をお湯に浸して……

それから、ぐつぐつ10分間、
均等に染まるように常に棒で
やさしくかきまぜながら煮ていきます。

この後「放冷」といって、
鍋の中で冷めるまで放置して

色を染み込ませる工程があるのですが、
体験では時間がないので割愛。

すぐに媒染に移ります。

「媒染」は、布に染料を定着させるための
重要なステップ。

アルミ分や鉄分といった金属を含む
「媒染液」に浸して行います。

使用する金属の成分によって
色の出方が変化するので、

同じ染料でも媒染によって
違った色合いが楽しめるのです。

今回はミョウバンを使った
「アルミ媒染」でした。

この後軽く水洗いをし、
もう一度お鍋で、ぐつぐつ15分。

輪ゴムをほどいたら……

こんな模様に。

想像通りだと嬉しいですが、
思いがけない模様になっても楽しい!

よーく水洗いして、乾かして完成です。

同じように縛っても
ひとつとして同じ模様がない、
まさに1点モノ。

8月の染色体験は藍の生葉染め

生葉を使用すると、
藍色ではなく淡い空色に染まります。

火を使わず簡単なので、
小さなお子さんにもおすすめですよ。

染め物のテーマパーク「高崎市染料植物園」まとめ

高崎市染料植物園では
染色体験や講習会のほかにも、

里山探検やネイチャーゲームといった
観音山の自然を利用したワークショップや、
自然観察会も豊富に企画されています。

7~8月の夏休み期間中は、
子どもワークショップもたくさん!

もちろん、
おとな向けの技法講習会も行われます。
今年の夏は家族で染め物にチャレンジしてみませんか?

高崎市染料植物園

所在地:〒370-0865
高崎市寺尾町2302-11

Tel:027-328-6808

開園時間:午前9時~午後4時30分、

4月~8月の土日祝は午前9時~午後6時
(入園は閉園30分前まで)

休園日:月曜日
(祝日の場合は翌日、年末年始)

入園料:無料
(工芸館入館の際には一般100円、高・大学生50円)

HP:http://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2014011400979/

*講習会やワークショップの
申し込み方法につきましては、
HP内「染料植物園だより」をご確認ください。

こちらの記事も読まれています!

1.年間48万人が来店!高崎の老舗パスタ店「シャンゴ」とは?

2.オムレツの日本チャンピオン店「エッグチキン」!昭和の絶品オムライス

3.ぐんまちゃんの可愛いスイーツがたくさん!高崎市の洋菓子店『ファヴール』

4.爆発的人気をとげた日本で一番かたいおおみやの「かりんとうまんじゅう」

5.和菓子?洋菓子? もちもち・ふんわり 妙ちくりんの『生クリーム大福』

6.タレとドーナツが融合した群馬のソウルフード「焼きまんじゅうドーナツ」

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ento

ento

群馬県太田市を中心とする、ママクリエイター団体。
ライター5名で執筆を行っています。