1. TOP
  2. お土産
  3. 群馬県民ならば分かるはず!群馬のあるある13選!

群馬県民ならば分かるはず!群馬のあるある13選!

LINEで送る
Pocket

県民ならば「あーねぇー」と言ってしまうことでも、
県外の人からは「それ変だよ」と言われてしまう。
そんな群馬の“あるある”をまとめてみました。

群馬の“あるある”生活編

ちょっとの移動も車!なんでも『ドライブスルー』?!

車はひとり1台持っているのが常識の群馬県。
そんな県民の、車への依存度は異常レベル。
歩いて2~3分のコンビニに、車で行くのは当たり前。

ついには車から降りるのも面倒なので、ドライブスルーの活用度も半端じゃない。
ファストフードのみならず、スターバックス、保険薬局、クリーニング店、
さらにはメガネ店「JINS」や回転寿司店まで、ドライブスルー対応。恐るべし群馬……。

スーパーといったら、もちろん『ベイシア』!

ベイシア』とは、前橋市に本社を置くスパーマーケット。

群馬を中心に、東日本全体に店舗を展開しています。
店舗によっては衣類や家具、電化製品もあり、県民の生活を支えてくれています。

株式会社ベイシア/ http://www.beisia.co.jp/index.html

強風なんて当たり前!『からっ風』は名物!

山々に囲まれた盆地の群馬県は、山を越えて
赤城おろし」と呼ばれる強く乾燥した風が吹きつけます。

息ができないほどの強い向かい風が吹いた際には、
ぜひとも後ろ向きで歩いてみてください。小学生あるあるです。

雷には慣れっこ!夏の夕立はハンパない!

群馬は自然災害が少ない地域ですが、夏場の雷発生率は非常に高いです。
というのも、盆地でどこまでも平らな地形が続くからなのだそう。

夏場に太平洋から吹く風が、群馬の山々によって上昇気流を起こし、
雷雲が発生しやすくなるのだとか。
耳の鼓膜が破れそうな雷鳴なんて、県民は慣れっこです。

群馬の“あるある” 食べもの編

焼きまんじゅうにみそパンと、『味噌味』がお好き?!

名物の「焼きまんじゅう」、ローカルグルメの「みそパン」、
「味噌まんじゅう」など、県民には『味噌味』が人気。
名産のこんにゃくも、甘辛味噌や酢味噌をつけるのが定番。

手土産は『ハラダのラスク』『旅がらす』『七福神あられ』の3本柱!

ガトーフェスタ ハラダの「ガトーラスク」は全国的に人気になり、一時品薄になったほどの人気商品。

工場見学で中をみつこともできますよ。
人気のお菓子の秘密はココ!「ガトーフェスタ ハラダ」の工場見学に行こう!

(株式会社 原田・ガトーフェスタ ハラダ URL: http://www.gateaufesta-harada.com/

旅がらす」は、鉱泉水と小麦を使用した薄さが特徴の鉱泉せんべいに、クリームを挟んだお菓子。
さっくりとした食感のため、子どもからお年寄りまで食べやすいです。

(株式会社 旅がらす本舗 清月堂 URL: http://www.seigetsudo.co.jp/

七福神あられ」は7つの味が楽しめる、一口サイズのあられせんべい。
8年連続のモンドセレクション金賞受賞のおいしさ!
(株式会社 幸煎餅 URL: http://www.7292.com/

群馬の手土産といえば、この3つははずせません!

ラーメンといえば『おおぎやラーメン』!

群馬では定番のラーメンチェーン店。安中に本社を置き、県内を中心に北関東に店舗を拡大しています。県民は全国チェーンだと思っている人も多いほど、県内ではメジャーなお店です。
(株式会社おおぎやフーズ URL:http://www.oogiya.com/

群馬の“あるある” 学校編

「起立!注目!礼!」何が変なの?

おとなになってから知る衝撃の事実。
他県では、「注目!」がないそう。
県内の小学校では「注目!」の号令で、先生の方を見なければ叱られます。

小学校の机の並びは、「一の川」「二の川」「三の川」

小学校では、机の並ぶ列のことをなぜか「○の川」と呼びます。
使用例として、ちがう教室に移動するときに
「じゃあ、一の川の子から移動してー!」と、言います。

運動会の組み分けには山の名前!

小学校の運動会では、チーム分けに県内の山の名前を使用。
「赤城団」「渡良瀬団」「吾妻団」「榛名団」「白根団」というように命名されます。
山はたくさんあるので、ある程度のチーム数があっても安心です。

「渡良瀬団」なんてあるの?
桐生の小学校では「渡良瀬団」は今も昔も健在です。

渡良瀬山という山自体はないのですが、
渡良瀬川周辺の山を「渡良瀬山地」と呼ぶため、この辺りが団名として使われる由来のようです。

中学生が制服を着るのは年に数回!

県内の中学生が制服を着るのは、学校行事のときのみ。

入学式、卒業式、期末テスト、修学旅行など、
制服を着る機会は年に数回しかありません。

それ以外はすべて、学校指定のジャージで生活。登下校も授業も、すべてジャージ。
今思えば、制服なんて必要なかった気もします……。

群馬の“あるある” まとめ

県民の方ならば、わかっていただけることばかりではないでしょうか。

わたしも生粋の群馬県民。県外に出るまでは、
「それ常識じゃないの?」なんて思っていたことばかりです。
県内の方も、県外から来られる方も、
こんなおもしろい群馬をぜひとも愛してくださいね!

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ento

ento

群馬県太田市を中心とする、ママクリエイター団体。
ライター5名で執筆を行っています。