高崎市の箕郷矢原宿カフェ|養蚕住宅をリノベーションしたほっこりできる古民家カフェ

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ
LINEで送る
Pocket

かつて箕輪の城下町として栄えた高崎市箕郷町
ここに養蚕住宅をリノベーションし、古民家カフェが誕生しました。和菓子とコーヒー・お茶が楽しめるほか、無料で休憩スポットとしても利用できる箕郷矢原宿カフェ(みさとやばらじゅくカフェ)をご紹介します。

箕輪城の城下町

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

高崎市内から車で20分ほど榛名山方面に向かったところに位置する箕郷町。
今から500年ほど前、周辺地域を支配していた長野氏が築城し、その後100年ほど栄えた箕輪城がありました。

現在は城址が残り、近くには榛名山もあるため高崎周辺観光とともに多くの人が足を運びます。

養蚕住宅をリノベーション

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

大正時代の大きな養蚕住宅を高崎市がリノベーションし、箕郷矢原宿カフェが2020年10月に誕生しました。

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

現在東京在住の方が寄贈。
1階は居住スペースで2階が養蚕室になっており、1階の土間・和室・縁側、台所をリノベーション。

カフェとしての利用はもちろんのこと、観光の休憩スポット、さらには会議スペースとしても利用できます。

和と歴史を感じるレトロカフェ

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

風格感じる箕郷矢原宿カフェ。中に入ると左手に広い土間が広がります。ここでミーティングや休憩もできます。

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

右側にはかつての居間だった座敷があり、カフェ兼休憩所になっています。

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

テーブルが4つほどあり、座椅子もあるのでご年配の方も立ったり座ったりが安心。
空いていれば好きな場所に座っていいというスタンスのよう。スタッフの方が席を案内してくれます。

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

縁側あり、土間あり古き良き日本を感じられのんびりした時間が流れます。

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

観光案内も置いてあるので、周辺散策に役立ちますよ。

古民家でのんびり

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

箕郷矢原宿カフェで味わえるメニューをご紹介します。

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

和スイーツはみたらし団子としそまんじゅうの2種類。お値段90円(税込)とリーズナブル。

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

みたらし団子

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

もちもちしたお団子にたっぷり甘いみたらしがかかって絶品、焦げ目がこれまた香ばしくて美味しい。

しそまんじゅう

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

地元の志倉製菓さんが作る癒しのおまんじゅうです。

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

ドリンクはと日本茶100円とコーヒー200円の2種類。珈琲をいただきます。入れたてで風味と香りの良いコーヒーは和スイーツによく合います。

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

古き良き日本の風情を感じながら、ほっこりしたひと時を過ごせます。

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

あわせて読みたい。

箕郷矢原宿カフェ店舗情報

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

営業時間:10:00〜16:00
定休日:毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日〜1月3日)
住所:群馬県高崎市箕郷町西明屋1650
電話:027−386−8520
駐車場:敷地内に駐車スペースあり(無料・約5台)
アクセス:
車 関越自動車道高崎ICより約25分
電車 JR高崎線高崎駅よりタクシー約30分
公式HP: https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2020100700059/

 

まとめ

高崎市 箕郷矢原宿カフェ 古民家カフェ

群馬を代表する箕輪城近くに誕生した箕郷矢原宿カフェいかがでしたか?

訪れる人の交流や観光の休憩スポットになるようにと高崎市が一般の方から譲り受けた大きな養蚕住宅をリノベーションし誕生したカフェ。
カフェメニューを味わうもよし、休憩に立ち寄るもよし。また土間でミーティングや会議もでき、活用方法も様々。

ノスタルジックな雰囲気あふれる箕郷矢原宿カフェに是非足を運んでみてくださいね。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

行こうぜ!お得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須