みどり市高津戸峡|桜も新緑も紅葉も渓谷沿い遊歩道から望む四季の美

LINEで送る
Pocket

大自然にあふれる群馬県。新緑、紅葉さらには雪景色など四季折々の美しさを見せてくれます。山々に囲まれ清らかな水が流れる群馬には美しい渓谷が豊富。

そのうちのひとつ、群馬県東部、みどり市にある「高津戸峡(たかつどきょう)」をご紹介しましょう。

関東の耶馬渓ともいわれる高津戸峡

高津戸峡 はねこし橋 関東の耶馬渓

みどり市大間々、渡良瀬川の中流に位置する高津戸峡は、吾妻渓谷とともに「関東の耶馬渓」とたたえられる景勝地です。

耶馬渓といえば日本三大奇勝としても知られる大分県の名勝で、紅葉の名所でもあります。高津戸峡もとくに新緑から紅葉の季節にかけての時期が見ごろといわれる人気スポットです。

桜・新緑・紅葉ともに美しい高津戸峡

高津戸峡 はねこし橋 美しい

新緑の季節から秋にかけて、もっとも美しいといわれる高津戸峡。
とくに渡良瀬川の両岸が美しい色とりどりの紅葉が見られる時期には、渓谷とのコラボレーションを楽しもうと多くの見物客でにぎわいます。関東の耶馬渓と称されるだけの渓谷美が楽しめます。

また桜の季節も、散策する人が多く訪れます。

鉄道でのアクセスもスムーズ

高津戸峡 はねこし橋 電車

渓谷といえば一般的には山間にあり車でのアクセスが主となりますが、高津戸峡へは電車でも気軽にその美しさを見に行けるのが嬉しいポイント。

最寄り駅はわたらせ渓谷鐡道「大間々駅」で、駅から徒歩約5分でアクセス可能!大自然の中にあるスポットとしては希少ですね!

新緑に赤が映える「高津戸橋」

高津戸峡 はねこし橋 平成21年3月完成

高津戸峡 はねこし橋 4代目

高津戸峡といえば、インパクトがあり目を引く真っ赤な橋「高津戸橋」が有名です。新緑の季節には橋の赤が映え、その対比が美しいといわれます。

4代目となる現在の橋は、3代目の形を残したアーチ橋。3代目はアーチの上を通る構造でしたが、4代目はアーチの中を通る中路形式となっています。

高津戸峡 はねこし橋 渓谷美

橋の上からはこのような渓谷美が眺望できます。
さらに上流にある、白くて大きな三角がシンボルの「はねたき橋」までもが見られるスポットです。

近くには、高津戸峡を望むツツジや菊の美しいスポット「ながめ公園」もありますよ。

高津戸橋のすぐ近く、関東菊花大会も開催される「ながめ公園」についてはこちらの記事でご紹介しています。

立ち止まれる歩行者用絶景スポット「はねたき橋」

高津戸峡 はねこし橋 歩行者用絶景スポット

高津戸峡 はねこし橋 歩行者専用橋

同じく高津戸峡にかかる橋に、白く大きな三角が特徴の「はねたき橋」という歩行者専用橋があります。

全長120m、幅3.5mと大人2人が並んで歩けるほどの広さで、車が通らないため立ち止まって眺望を楽しむのに最適です。

高津戸峡 はねこし橋 歩行者専用橋 タイル

橋には全国から寄せられた、花や魚や鳥が描かれたタイルが120枚貼り付けられています。

高津戸峡 はねこし橋 タイル

近くには高津戸ダムもあります。

高津戸峡 はねこし橋 高津戸ダム

以前は吊り橋でしたが1994年に現在の橋となり、夜にはライトアップも施されるなど大間々地域のシンボル的存在となっています。

高津戸峡近くのオススメスポット

高津戸峡の渓谷沿いには遊歩道もあり、四季折々の自然が楽しめる散策路となっています。
そのほか、周辺のオススメスポットもご紹介しましょう。

高津戸峡遊歩道

高津戸峡 はねこし橋 散策路

高津戸橋からはねたき橋までの約500mは遊歩道として整備されています。川面に近く、自然を感じられる散策路としても人気です。
途中には、川底のくぼんだ所に落ちた石が水流によって回転してできた穴「ポットホール」や、まるでゴリラの頭のように見えることから名づけられたという「ゴリラ岩」などの奇勝が見られます。

大間々神明宮

高津戸峡 はねこし橋 大間々神明宮

高津戸橋の近く、ながめ公園の脇にある「大間々神明宮」

1347年、境内地の伊勢ヶ淵岩頭に天照皇大神の分霊を文袋坊が祀ったのが始まりと伝えられています。明治初頭に発令された神仏分離令を経て、周辺1町18か村の総鎮守として郷社に列しました。

高津戸峡 はねこし橋 鳥居

厳かな雰囲気が漂う鳥居がそびえたちます。五穀豊穣・産業発展・疫病予防などの御利益があるといわれています。

住所:群馬県みどり市大間々町大間々2245

 

子育ての仏様「はね瀧道了尊(はねたきどうりゅうさん)」

高津戸峡 はねこし橋 はね瀧道了尊

高津戸峡遊歩道対岸、はねたき橋のたもとにある「はね瀧道了尊」子育ての仏様として、江戸時代から信仰されているそうです。

もともとは現在より少し上流に鎮座していたとのことですが、台風で流されたままになっていたのを2003年に現在の場所に勧請されたとのことです。

高津戸峡 はねこし橋 不動明王

高津戸峡 はねこし橋 不動明王

非行や不登校など、子どもの心のねじれに御利益があるといわれる「ねじれ木」が奉納されています。

高津戸峡 はねこし橋 ねじれ木

天狗の大下駄も祀られており、触って健脚祈願ができます。

高津戸峡 はねこし橋 天狗の大下駄

住所:群馬県みどり市大間々町大間々1259

 

高津戸峡から車で12分、大間々町にある神秘スポット「小平鍾乳洞」もチェックしてみてくださいね!

高津戸峡スポット情報(アクセス・駐車場)

高津戸峡 はねこし橋 駐車場

住所:群馬県みどり市大間々町大間々

アクセス:
車 北関東自動車道「太田藪塚IC」「伊勢崎IC」より約25分
電車 わたらせ渓谷鐡道大間々駅より徒歩約5分

駐車場:あり(無料・200台)※ながめ公園駐車場

 

まとめ

高津戸峡 はねこし橋 関東の耶馬渓

群馬を誇る渓谷のひとつ、関東の耶馬渓ともいわれる「高津戸峡」と魅力あふれる周辺オススメスポットいかがでしたか?

渓谷沿いには遊歩道もあり、立ち止まって渓谷を眺望できる歩行者専用橋も。大自然の中、のんびり散策するのにぴったりのスポットです。

高津戸峡 はねこし橋 渡良瀬川

近くには見どころや観光スポットもたくさん。
四季折々の自然が楽しめますが、とくに新緑と紅葉のシーズンがオススメ。自然の息吹を感じに渡良瀬川の美しい渓谷に足を運んでみませんか?

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須