高鳥天満宮|菅原道真が御祭神の学業成就パワースポット【板倉町大高嶋】

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

板倉町にある高鳥天満宮。知恵付けの神様が祀られるパワースポットです。
境内には豪華絢爛の彫刻や、天井画さらには願掛けにちなんだ変わったご祈祷などもあり。高鳥天満宮の由緒や御祭神、御朱印などをご紹介します。

由緒創建

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

幼い頃から学業優秀だった菅原道真は右大臣に出世しましたが妬まれ、901年九州の太宰府に左遷されてしまいしました。

道真公に支えていたた岩下勝之丞が左遷に随行したいと申し出ましたがこれを断り、自画像を彼に手渡しました。勝之丞は故郷の出羽に帰り、この自画像を大切に守りました。

子孫の岩下勝之進がこれを持って京都の北の八幡宮に足を運んだところ、菅原道真公が夢枕に立ちこう告げたのだそう。

「鳥が高く飛んで、止まないこの地にまつるように」とこれをきっかけに1234年、高鳥天満宮がこの地に創建されたのです。

御祭神・ご利益について

御祭神は由緒でもご紹介しましたが、菅原道真公、学問の神様として有名ですね。

ご利益はもちろん学問成就・合格祈願。また家内安全、交通安全、厄除け、心願・諸願成就などのご利益があるとされています。また、初宮詣や七五三詣や愛車のお祓いもしていただけますよ。

境内参拝

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

一の鳥居を抜け、参道を進むと左手に手水舎があり、階段の右手にはお焚き上げ所もあります。

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

手水舎

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

お焚き上げ

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

正面に本殿・拝殿が見られ、豪華絢爛の彫刻が施されています。

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

これは名工石原常八らによって作られたといわれています。

また御祈祷者が入れる拝殿の天井画も有名ですよ。

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

境内社の六社合祀社や浅間神社なども鎮座するので、ともに参拝できます。

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

境内社

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真
http://tenjin.ohuda.com/keidai1.html

願いを込めて撫で、受験生の努力が実を結ぶようと努力一貫碑もあり。

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

境内裏手には心宇池や天神の滝もあり境内散策も楽しめます。

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

心宇池

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

天神の滝

願掛け撫で牛で心願成就

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

拝殿の前に並ぶ黒い願掛け撫牛。古くから牛は天神様の使いとして知られてきました。御祭神の菅原道真公は丑年生まれ、牛車で左遷先に向かう途中、牛によって賊からの何を逃れたという伝説があります。

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

これにちなんで高鳥天満宮では土で作られた願掛け撫牛を授与しています。

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

これにちなんで高鳥天満宮では土で作られた願掛け撫牛を授与しています。学業成就とともに家内安全や心身健康の願掛けができ、毎年新しい牛と取り替える風習があるんですよ。

授与物・御朱印について

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

お守りや御朱印は社務所で賜れます。
合格祈願、学業成就、交通安全などご利益にちなんだお守りたくさん並びます。もちろん撫で牛のお守りもあり合格祈願にぴったり!

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

お正月に賜れる期間限定の御朱印。見開きで龍も施され豪華絢爛です。

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

御朱印 500円
 
 
あわせて読みたい。

基本情報

社務所営業時間:9:00〜17:00
拝観料:無料
住所:群馬県邑楽郡板倉町大高嶋1665
電話:0276−82−0122
駐車場:あり(無料・20台)
アクセス:
車 東北自動車道館林ICより約25分
電車 東武伊勢崎線館林駅よりタクシー約20分
公式HP:http://tenjin.ohuda.com/

 

まとめ

板倉町 高鳥天満宮 御朱印 菅原道真

板倉町に鎮座する高鳥天満宮をご紹介しました。

菅原道真公を御祭神とした学業成就のご利益をメインに賜れるパワースポット。
拝殿・本殿には豪華絢爛な彫刻が施され、参拝とともに見物も可能。お守りや御朱印、さらには高鳥天満宮ならではの撫牛も賜れます。

学業成就など受験生にピッタリ、また様々な心願成就を祈願できるのでにぜひご利益を賜ってみてはくださいね。

※情報は掲載当時のものです

行こうぜ!お得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須