群馬県伊勢崎市旧時報鐘楼|赤レンガの大正ロマンな映えスポット

旧時報鐘楼 敷地内外観1
LINEで送る
Pocket

群馬県伊勢崎市にある旧時報鐘楼

伊勢崎市の重要文化財であり、景観重要建造物に指定されています。
街中に何気なくそびえたつレトロなたたずまいは、SNSなどの写真スポットにもピッタリ!

レトロな赤レンガ造りで大正ロマンあふれる観光スポット、伊勢崎市「旧時報鐘楼」をご紹介します。

赤石楽舎と旧時報鐘楼

旧時報鐘楼 敷地内外観2

伊勢崎駅より徒歩約10分の距離、かつて伊勢崎藩陣屋があったところに赤石楽舎という施設があります。

旧時報鐘楼は、その赤石楽舎の敷地内にあります。

赤石楽舎とは

旧時報鐘楼 地域交流センター「赤石楽舎」

群馬県伊勢崎市。
かつて伊勢崎銘仙と呼ばれる絹織物で栄えたこの地の陣屋跡地には伊勢崎市立北小学校があり、その隣地に旧時報鐘楼がありました。

2008年、北小学校改築とともに建設されたのが、地域交流センター「赤石楽舎」です。

北小学校も含め赤石楽舎と総称されているようで、子どもたちの学びの場として、また人々の交流の場として活用されています。

その前にそびえたつのが、大正ロマンあふれる赤レンガの鐘楼「旧時報鐘楼」です。

旧時報鐘楼

旧時報鐘楼 横から見る赤レンガの鐘楼

旧時報鐘楼は、赤石楽舎建設のはるか以前、大正5年に完成した群馬県内最古の鉄筋コンクリート建造物です。

当時は朝昼夕と3回の時刻を知らせていましたが、1937年(昭和12年)からは警察署望楼のサイレンが時報を担うことになりました。

大正初期から昭和初期の22年間、伊勢崎市の時刻を知らせるシンボルとして人々に親しまれていた鐘楼です。

赤レンガ貼り高さ14.56mある塔で、大正ロマンを感じるドーム型の屋根ルネサンス風の窓が美しく、Instagramなどの“映えスポット”としても人気です。

建築当時は楼の上部に中台寺の釣鐘がありましたが、戦時中の金属回収により供出、また塔屋部分も戦火で焼失してしまいました。

戦後に寄棟造りに復旧されたのち、1990年(平成2年)に伊勢崎市施行50周年記念として建設当初の美しい屋根をあしらった姿に復元されました。
1993年(平成5年)には、伊勢崎市の重要文化財に指定されています。

塔を建てた貿易商の小林柱助とは

旧時報鐘楼の建てたのは、当時横浜でハッカ貿易商を営んでいた伊勢崎市出身の小林柱助翁です。薬種商を営む家で育ち、幼いころから薬と商いが身近にあった彼は、成人すると横浜で薬種貿易商となりました。

その後、天然ハッカの本格輸出で着実に業績を伸ばし伊勢崎市への数々の社会貢献ののち、貿易で学んだ「時間の大切さ」を知っていたためか時報鐘楼の建築費用を寄付したといわれています。

景観重要建造物にも指定されている旧時報楼

旧時報鐘楼 景観重要建造物の碑
景観重要建造物とは、景観法(第19条)の規定に基づき、地域の自然や歴史・文化的な観点から見てそれらを形成するのに重要なものとして指定された建造物です。

伊勢崎市では、とくに養蚕などの産業遺産を現在に伝える重要な要素を持ったものが対象とされています。
旧時報鐘楼 斜めから見た赤レンガの鐘楼
この美しいレンガ造りの鐘楼は周辺の景観形成において重要なものと判断され、2015年(平成27年)、伊勢崎市景観重要建築物第2号に指定されています。

付近には景観重要建造物第1号いせさき明治館が

旧時報鐘楼 いせさき明治館
旧時報鐘楼の近くには、このほかにも景観重要建造物第1号に指定されている「いせさき明治館」があります。

明治45年に建築された群馬県内最古の木造洋風医院建築です。
伊勢崎藩医の今村家が建築、和洋折衷の特徴的な造りの建物です。

営業時間:10:00~17:00

入館料:無料

定休日:祝日を除く月曜日、火曜日

住所:群馬県伊勢崎市曲輪町31-4

電話: 0270-40-6885

アクセス:
車 関越自動車道伊勢崎ICより約15分
電車 JR伊勢崎駅、東武伊勢崎線伊勢崎駅より徒歩約10分

駐車場:あり(無料・8台)

伊勢崎市観光物産協会公式HP:http://www.isesaki.ne.jp/kankoukyoukai/meijikan.html

 

景観重要建造物第1号、伊勢崎明治館も一見の価値ありです!

旧時報鐘楼詳細情報(住所・アクセス・駐車場)

旧時報鐘楼 敷地内外観1

営業時間:常時

住所:群馬県伊勢崎市曲輪町28-23

電話:0270-75-6672(伊勢崎市文化財保護課)

アクセス:
車 北関東自動車道伊勢崎ICより約15分
電車 JR伊勢崎駅より徒歩約10分

駐車場:あり(無料・約40台※赤石楽舎駐車場)

公式HP:https://www.city.isesaki.lg.jp/kanko/rekishi/shitei/kenchiku/3784.html

 

まとめ

旧時報鐘楼 旧時報鐘楼外観
伊勢崎市に美しい景観をもたらしてくれる歴史と情緒にあふれる旧時報鐘楼いかがでしたか?

伊勢崎市出身、横浜でハッカ貿易商を営んでいた小林柱助氏によって寄付・建設された群馬を誇る建造物です。

地元では何気ない光景かもしれませんが、町の歴史を振り返りながら古くから伊勢崎を見守り続けてきた鐘楼は趣深く写真素材としても魅力的です。

周辺もレトロな雰囲気の歴史ある建物がありお散歩や観光にぴったりですよ。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須