ぐんまフラワーパークはSNS映え素材の宝庫!季節の花々や絶景イルミネーションを写真におさめよう

LINEで送る
Pocket

群馬県前橋市、赤城山の中腹に位置するぐんまフラワーパーク。春夏秋冬の花が咲き誇る、群馬を代表する花のスポットです。花に癒されたい人はもちろん、インスタなどのSNSにアップするための写真を撮りに訪れる人も多い場所です。

今回の記事では、そんな「ぐんまフラワーパーク」の人気シャッタースポットを選りすぐりました。

エリア別に紹介!「ぐんまフラワーパーク」内の映えるスポット

ぐんまフラワーパーク 前橋市 園内

ぐんまフラワーパーク 前橋市

2010年に誕生した花のテーマパーク、ぐんまフラワーパークは、農業関連企業の「カネコ種苗株式会社」により運営されています。年間を通じて花々の鑑賞ができるだけでなく、時期によっては花火やイルミネーションなども楽しめる「花と光の楽園」です。

東京ドーム約4個分、約184,000平方メートルという広大な園内をグルっと一周すると、ふと立ち止まってシャッターを押したくなる場所がたくさん見つかります。

早速おすすめのフォトスポットを見ていきましょう。

メインエリア

ぐんまフラワーパーク メインエリア フラトピア大花壇
©http://www.flower-park.jp/

パークエントランス近くに広がるフラトピア大花壇。年4回花の入れ替えが行われ、季節ごとの花が見事に咲き誇ります。代表的な花は春のチューリップです。

ぐんまフラワーパーク メインエリア ラベンダー

今回訪れたのは8月で、ちょうどラベンダーの時期にあたりました。可憐な花に目を奪われ思わずパシャリ。

ぐんまフラワーパーク メインエリア パークタワー

園内のほぼ中央にある、ぐんまフラワーパークのシンボル的存在パークタワー。展望台にもなっている高さ18mのタワーからは、赤城山や関東一帯の景色だけでなく、天気に恵まれれば富士山や東京スカイツリーも臨むことができます。

ぐんまフラワーパーク メインエリア パークタワー
©http://www.flower-park.jp/

花を近い距離から撮るのも良いですが、フラトピア大花壇の一面に広がるフラワーアートを、ぜひパークタワーの展望台からカメラに収めてくださいね。

ぐんまフラワーパーク メインエリア フラワーアート

ぐんまフラワーパーク メインエリア フラワーアート

ぐんまフラワーパーク メインエリア チュウチュウトレイン

エントランス付近は、ぐんまフラワーパークのオリジナルキャラクターと写真が撮れる人気の記念撮影スポット。園内案内ガイド付きのチュウチュウトレインに子供たちも大喜び!

噴水エリア

ぐんまフラワーパーク 噴水エリア ぐんまの池

ぐんまフラワーパーク 噴水エリア

エントランスから右に進むと広がる噴水「ぐんまの池」は、太陽の光と水が融合するフォトスポットです。イルミネーションの時期にはライトアップも行われ、高く立ち昇る水とライトが幻想的な姿を見せてくれます。

ぐんまフラワーパーク 噴水エリア バラ園
©http://www.flower-park.jp/

ぐんまフラワーパーク 噴水エリア バラ園

噴水の右隣には立派なバラ園が広がります。シーズンは年2回、5月中旬〜6月上旬と10月。世界各地のバラがブロックごとで植えられていて、その数はバラ園だけでなんと150品種1000株もあるそうです。こんな素敵な場所で写真を撮らない手はありません!

バラ好きの方必見!こちらの記事では、県内のおすすめバラスポットを一挙紹介しています。

日本庭園エリア

ぐんまフラワーパーク 日本庭園エリア

日本庭園エリアは、和の雰囲気漂う落ち着いたスポットです。エリア内の茶屋ではお食事から甘味まで取り揃えており、パーク巡りで疲れた時の一服にもぴったりです。

ぐんまフラワーパーク 日本庭園エリア ドリンク

これからの紅葉の季節、色づいた葉をバックに撮る1枚は、間違いなくSNS映えしそうです!

日本庭園エリアの茶屋「そば・甘味処さくら」の名物パフェはこちら!

鑑賞温室エリア

ぐんまフラワーパーク 鑑賞温室エリア

園内見どころの1つである鑑賞温室エリア。この内部にも実は穴場的フォトスポットがあります。

ぐんまフラワーパーク 鑑賞温室エリア インドネシアゾーン

ぐんまフラワーパーク 鑑賞温室エリア メキシコゾーン

フィリピンやインドネシア、ブラジル、メキシコなど、普段はなかなかお目にかかれない規模で各国の植物が展示されています。インドネシアエリアでは蘭(ラン)が、ブラジルエリアではカラフルなベゴニアが温室の中で花を咲かせていました。

新型コロナの影響でなかなか海外旅行が難しい今、ちょっとしたプチ旅行感を楽しめるかも!?

ぐんまフラワーパーク 鑑賞温室エリア

ぐんまフラワーパーク 鑑賞温室エリア アルマジロ

植物の種類がとにかく豊富なので、SNSウケする写真をがっつり撮影しちゃいましょう。ちなみにこの写真のアルマジロ、本物に見えますが実は置物です(笑)。

イベント時期も狙い目

ぐんまフラワーパーク 花火
©https://www.akagi-trip.com/

ぐんまフラワーパークでは、1年を通して花々にまつわるイベントが盛りだくさんですが、アトラクションはそれだけではありません!写真映えスポットとして毎年多くの人を惹きつけているのが、夏の花火と冬のイルミネーション

ライトアップされた園内に、壮大な音楽とともに打ちあがる約3,700発もの花火。思わず見とれてしまいます。

ぐんまフラワーパーク 花火
©http://www.flower-park.jp/

エントランス近くから撮影すると、こんな魅力的な写真が撮れるかもしれません。残念ながら2020年は中止となってしまいましたが、2021年に期待しましょう。

ぐんまフラワーパーク 妖精たちの楽園 イルミネーション
©http://www.flower-park.jp/

イルミネーション「妖精たちの楽園」は、毎年11月〜翌年1月頃まで開催されています。2020年も開催できることを願います。

ぐんまフラワーパーク 光の饗宴「プロジェクションマッピング」
©http://www.flower-park.jp/

イルミネーションの期間中、パークタワーには光の饗宴「プロジェクションマッピング」が上演されます。通常どおりパークタワーの展望台にも上れるので、眼下に広がる煌びやかな光景をフィルムに焼き付けることもできます。

どんな写真になるか、あとはあなたの腕の見せ所ですよ!

ぐんまフラワーパーク 施設情報

ぐんまフラワーパーク 地図

営業時間:
3月1日〜10月31日 9:00〜17:00
11月1日〜2月末日 9:00〜16:00
※夜間特別イベント時の閉園時間は21:00

入園料金(中学生までは無料):
4月1日~6月30日 720円
7月1日~3月31日 610円 
※公式HPで入手できる割引クーポンや年間パスポートもあります。
詳細は公式HPをご覧ください。

定休日:年中無休

住所:群馬県前橋市柏倉町2471−7

電話:027−283−8189

駐車場:あり(無料・521台)

アクセス:
車 北関東自動車道伊勢崎ICより約30分
電車 上毛電鉄大胡駅よりタクシーもしくはデマンドバス約15分

公式HP:http://www.flower-park.jp/

※詳細は施設に直接お問い合わせください

まとめ

ぐんまフラワーパーク フォトスポット

ぐんまフラワーパーク 花

群馬屈指の花のパラダイス「ぐんまフラワーパーク」のイチ押しフォトスポット、いかがでしたか?

最近では一眼レフカメラを使う人もよく見かけます。ぜひあなたもカメラを片手に園内を散策し、こだわりの1枚をSNSにアップしてくださいね。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須