【あずま水生植物公園】夜はホタル観賞も!ハナショウブやカキツバタが咲き誇る伊勢崎市民憩いの場

あずま水生植物公園 カキツバタ
LINEで送る
Pocket

群馬県内にはカキツバタやハナショウブが見られるスポットが数多く存在し、毎年5月下旬~6月中旬になると多くの人の目を楽しませてくれます。

その中でも今回取り上げるのは、伊勢崎市のあずま水生植物公園

見頃になると黄色や薄紫色の可憐な花が咲きこぼれる、市民の癒しスポットを紹介しましょう。

水と緑の公園「あずま水生植物公園」

あずま水生植物公園 看板

あずま水生植物公園 カキツバタ

あずま水生植物公園は伊勢崎市が所有する植物公園で、落ち着いた住宅地の一角にあります。

水生植物とは、その名の通り水の中で生活する植物の総称で、ハスやスイレンのように水辺に花や葉を浮かべるものから、熱帯魚飼育などに使う水草まで様々な種類があるそうです。

あずま水生植物公園 花

あずま水性植物公園の敷地内には小川が流れ、5月中旬から6月中旬にかけて約4,000株もの花が一斉に開きます

あずま水生植物公園 公園

園内にはブランコや東屋が併設されており、家族や友人とゆったりと時間を過ごすのにも最適です。ポカポカ陽気の中、つい長居してしまいそうですね。

また、例年6月中旬頃には花の見頃に合わせて「あずま水生植物公園まつり」が開催され、農産物の直売や募金者へのブルーベリー苗木の配布などが行われています。

※2020年は、新型コロナウイルス感染防止のため開催はありません。

ゾーンごとに観賞できる花々

あずま水生植物公園 案内

入口付近には立て看板に地図の記載があり、縦長の園内のどこにどんな植物が生息するのかひと目で分かるようになっています。

あずま水生植物公園 カキツバタ

園内一番奥の弁天エリアと、八ツ橋がかかる水中ゾーンはショウブ園。小ぶりの花びらに気品を感じます。

さらにこの周りを囲むように「さつき」「紫陽花」が植えられていて、見頃を迎えると、これらの植物がカラフルに園内を彩ります。

あずま水生植物公園 カキツバタ

あずま水生植物公園 園内

そして八ツ橋お隣、親水広場と小川を挟んだ反対側には、ショウブに加えカキツバタが一面を埋め尽くし、その光景はまさに壮観です。

夜はホタル池で幻想的な夜を

あずま水生植物公園 ホタル池

今回あずま水生植物公園を訪れたのは昼間の時間帯で、夜の写真は撮れなかったのですが…駐車場の目の前にはホタル池が設置されています。

ホタルのシーズンは、地域によって異なるものの5月〜7月といわれており、園内の花の見頃が重なります。

昼は花に心和み、夜はホタルに癒される時間。同じ時季に2つの風情を同時に楽しめますね。

公園と一体化する大東神社

あずま水生植物公園 大東神社

あずま水生植物公園のお隣には、由緒正しい「大東神社」が鎮座。徳川家の旗本であった久永氏の陣屋跡に建立された神社として知られています。

あずま水生植物公園 大東神社

あずま水生植物公園 大東神社

樹齢500年を超える白樫や2007年に新たに植えられたご神木が、厳かな様子で参拝客を迎えます。

日陰に入ると、少し暗くなった光景が神社の雰囲気をいっそう引き立てていました。筆者も心を落ち着けて、しっかりお参りしてきました。

あずま水生植物公園(大東神社)施設基本情報

あずま水生植物公園 園内


営業時間: 24時間

入園料金:無料

定休日: なし

住所:
伊勢崎市東小保方町3300(あずま水生植物公園)
伊勢崎市東小保方町3297-2(大東神社)

電話: 0270-62-9914(伊勢崎市役所あずま支所あずま道路対策室)

駐車場: あり(無料・約30台)

アクセス:
車 北関東自動車道伊勢崎ICより約20分
電車 JR伊勢崎駅よりバス約36分
※いせさきしコミュニティバス「あおぞら」バス停「みやまセンター」より徒歩1分

公式HP:https://www.city.isesaki.lg.jp/isesaki_life/3/2/5796.html

※詳細は施設に直接お問い合わせください

 

まとめ

あずま水生植物公園 花

伊勢崎市民に愛される水と緑の公園、あずま水生植物公園。例年見頃になると、ハナショウブカキツバタなど初夏の花が観賞できる穴場スポットです。

春から夏へ向かう季節の花散歩、あなたもカメラを片手に訪れてみてはいかがですか。お隣のパワースポット、大東神社へもぜひ足を運んでくださいね。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

Gotoトラベルでお得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須