野ぼとけそばやまいち屋|蕎麦の実を石臼で挽いた香り高くコシの強い絶品そば!みなかみ町湯宿温泉

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町
LINEで送る
Pocket

群馬県みなかみ町猿ヶ京地区にあるやまいち屋
石臼で引いた香り高くコシの強い蕎麦が食べられると地元の方や観光客に人気のお店。挽きたて・茹でたての美味しい蕎麦を味わってきましたのでご紹介します。

老舗そばうどん専門店

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

国道17号線三国街道沿いで地元の人をはじめ、観光客にも人気のお蕎麦屋さん。

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

こちらは本店。昭和レトロな佇まいの店内はテーブルのボックス席そしてお座敷席があります。

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

店内には有名人の色紙が飾られ、人気ぶりが伺えます。お昼時にもなると多くのお客さんで大賑わい。

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

猿ヶ京地区の本店とたくみの里店の2店舗を構えます。

創業60年を超える歴史

創業60年以上の老舗。創業当初はリーズナブルでくつろげるヤマイチ食堂という大衆食堂として営業。
30年ほど前店舗を改装し現在のやまいち屋となり、お蕎麦やうどんメニューなどの提供が始まったのだそう。

やまいち屋のこだわり

蕎麦は北海道産そばの実を中心にその日の分だけを石臼で挽いているので香り高い。挽きたての粉で打った茹でたてのお蕎麦は絶品。
うどんは独自に3種類の小麦粉をブレンドし喉越しよく仕上げています。素材と製法へのこだわりが美味しさを生み出すのですね。

こだわりの蕎麦とうどん

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

からみそうどん
大きな器にたっぷりの野菜とうどんが入っています。田舎風うどんとも言えるビジュアル。
見ただけで心と体が温まります。一口いただくと出汁のきいたつゆと麺。そして野菜が幸せのハーモニーを醸し出してくれます。

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

喉越し抜群の麺にピリ辛の汁が絡み絶品。大きな器ですが、デカ盛りではないのでご安心を!ちょこんと乗った辛味噌がアクセントを与えてくれます。
1,050円(税込)

豊富なメニュー

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

やまいち屋バリの豊富なメニューをご紹介しましょう。

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

看板メニューのお蕎麦。
いかがです?この光沢。香り高く風味抜群のお蕎麦メニューが充実。

薬師そば、御膳屋鴨汁そばや定食などをはじめ定番のもりそばやざるそばなど豊富なメニュー。
季節の食材を使った天ぷらも絶品!がっつりなのにリーズナブルな御膳メニューもあり。

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

さらに人気のかつ丼とのセットメニューもあり、お腹いっぱいになること間違いなし!

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

名物の名代野ぼとけそばは石臼挽きのそばが4つの器で登場。それぞれ違う具材と共に美味しいお蕎麦が味わえる贅沢なメニュー。四季折々の山菜や天ぷらを堪能できると大人気。
さらにラーメンやご飯、カレーライス、お酒のおつまみにぴったりの一品料理、アルコールやソフトドリンクメニューも充実しているので、子供から大人まで楽しめます。

あわせて読みたい。

やまいち屋店舗情報

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

公式HP:https://www.nobotokesoba-yamaichiya-01.com/

本店

営業時間:11:00〜20:00
定休日:毎週木曜日
住所:群馬県利根郡みなかみ町湯塾温泉596
電話:0278−64−1321
駐車場:あり(無料・8台)
アクセス:
車 関越自動車道月夜野ICより約20分
電車 JR上越新幹線上毛高原駅よりタクシー約20分

 

たくみの里店

営業時間:11:00〜17:00
定休日:毎週木曜日
住所:群馬県利根郡みなかみ町須川825−1
電話:0278−64−1020
駐車場:あり(無料・5台・たくみの里駐車場も利用可能)
アクセス:
車 関越自動車道月夜野ICより約16分
電車 JR上越新幹線上毛高原駅より徒歩約16分

 

まとめ

野ぼとけそば やまいち屋 みなかみ町

風光明媚で群馬屈指の観光地、みなかみ町猿ヶ京地区にあるやまいち屋いかがでしたか?

古くから地元の人に愛され、観光客にも人気のお蕎麦やうどんは素材・製法にとことんこだわり絶品。具材・天ぷらなどにも季節の野菜を使い、旬の味わいを堪能できます。
近くのたくみの里への観光やスキーなどのアクティビティーとともにぜひやまいち屋の美味しさを味わってみてくださいね。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

行こうぜ!お得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須