とんかつうかい亭一花|後継者が見つからなければ絶メシに?極厚ジューシーとんかつとフライの名店

LINEで送る
Pocket

高崎絶メシリストの掲載店とんかつうかい亭一花(いちげ)は、平日週末を問わず、毎日ひっきりなしにお客さんが出入りするとんかつ屋さんです。

どこかのチェーン店!?と勘違いするくらい立派な外観ですが、オーナーと奥さんが仲睦まじく経営されています。その人気の秘訣は何なのでしょうか?
後継者も募集しているとの噂ですが…そんなうかい亭一花の魅力に迫ってみましょう。

洋食のコックさんだったご主人が一念発起して立ち上げたお店

とんかつうかい亭一花 入口
©https://tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10000370/

とんかつうかい亭一花の創業は昭和56(1981)年。もともと洋食のシェフだった店主さんが、とんかつに勝負をかけようとオープンしたお店です。

当時の店主さんは34歳。その若さでの思い切りに感服です。
最初の店舗は15坪程のこじんまりしたレイアウトでしたが、紆余曲折を経て、高崎と前橋で大成功をおさめた後、最終的に現在の店舗に一本化したのが20年近く前とのことです。

ところでうかい亭という名前、どこかで聞いたことがありませんか?そうです!あの美食で知られる超有名店です。ご主人と奥さんが敬意を込めて、自らの店名の一部に拝借したのだとか。

とんかつうかい亭一花 店内
©https://tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10000370/

広々して落ち着いた店内は、カウンターとテーブル席に分かれています。おひとり様も気兼ねなく食事ができるカウンターは、どこかセレブ感に溢れています。家族みんなで、おじいちゃんおばあちゃんや小さなお子さんと一緒にテーブル席で賑やかに食べるのも良いですね。通路も広く取られているので安心です

とんかつうかい亭一花のこだわりとは?おすすめメニューも紹介

かつ専門店ということで、かつに対する想いには並々ならぬものがあります。

お肉は銘柄豚に頼ることなく、オーナー自らが選りすぐった上質の豚肉だけを使用。調理の際も、注文が入ってからお肉を切って叩くことで、鮮度を失わないうちに衣に閉じ込めることができます。

さらに、かつと言えば胃もたれが心配な人もいると思いますが、うかい亭一花では味がしつこくなりすぎないよう、店主自ら生み出したオリジナルブレンド油で揚げているので安心です。

そんなうかい亭一花のかつメニュー。美味しくないはずがありません!本来なら全部試してみてください!と言いたいところですが、まずはイチオシメニューを見てみましょう。ちなみに各メニューのご飯は中と大から選べますよ。

鉄板メニュー厚切りロースカツ

とんかつうかい亭一花 厚切りロースカツ
©http://www.ukaitei.com/menu.html

うかい亭一花の定番メニューがこちら。とんでもなく肉厚です!お値段は税込2,000円で、脂身を楽しみたい方には通常のロースカツもありますよ(税込1,450円)。とんかつのお供として外せないご飯と味噌汁、お新香、小鉢まで付いた逸品です。

ふわふわ卵との相性がたまらないかつ煮

とんかつうかい亭一花 かつ煮
©https://tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10000370/

寒い日にはぴったりのメニューかつ煮。ちょこんと乗った三つ葉が見た目と味のアクセントに!

とんかつうかい亭一花 かつ煮アップ
©https://tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10000370/

少し甘めのタレと卵が絶妙にからんで、かつを包み込んでいます。子供も大好き!豚肉の旨味がぎゅっと凝縮された、うかい亭一花に行ったらぜひ食べてほしいメニューの1つです。

他メニューも侮るなかれ!絶品メニューの数々

うかい亭一花は、ランチタイム後の休憩を挟んで夜20時30分まで(ラストオーダーは20時)営業しています。
日中に訪れるママさん達から仕事帰りでクタクタの人まで、みんなを癒やし元気を与え続けるメニューのラインナップを紹介します。

おトク感満載のランチタイムメニュー

とんかつうかい亭一花 海鮮フライ
©http://www.ukaitei.com/lunch.html

ランチタイムサービス(ご飯、味噌汁、小鉢、サラダ付き)土日を含め毎日提供されています。一番お値打ちなもの(ひとくちヒレ、ヒレソース丼、ロースとんかつ)で税込1,000円から、海鮮フライ3種(エビ、キス2枚、ホタテ)を贅沢に盛った海鮮ランチ(税込1,400円)まで、通常メニューと比べてリーズナブル。

さっぱり好きさんは、ひとくちヒレととんかつから選べるおろしランチはいかがですか。ロース肉を使ったしょうが焼きや、鶏肉メニュー(鶏おろし、鶏かつチーズ煮)もオーダーできますよ。

写真は、ひとくちヒレにエビとキスフライが付いた豪華バージョンけやき(税込1,250円)です。

うかい亭自慢のかつ料理

とんかつうかい亭一花 変わりかつ
©http://www.ukaitei.com/menu.html

とんかつうかい亭一花 特製味噌かつ
©http://www.ukaitei.com/menu.html

うかい亭一花と言ったらとんかつ。もちろん全てにご飯、味噌汁、小鉢、サラダが添えられています。

ヒレ、厚切りヒレ、ロース、厚切ロースなどの定番メニューに加え、チーズとアスパラがお肉にくるまれた変わりかつ、濃厚味噌が食欲をそそる特製味噌かつなどが並びます。

お肉の質が高いので全然重くなく、量が多くてもペロッと食べられてしまします。柔らかくてジューシーなお肉に箸が止まらない!お値段は税込1,100円からです

ボリューム満点メニュー

とんかつうかい亭一花 むくげ
©http://www.ukaitei.com/menu.html

こちらはむくげ。色々なフライを少しずつ盛り付けているので、何を注文しようか迷ってしまう人や、お肉もお魚も欲張りたい人にはうってつけです。他のセットも、海鮮とお肉のフライを組み合わせたがっつり系

うかい亭一花のボリュームメニューにつく小鉢はなんと3品(通常は1品)です!

少食さんはボリューム抑えめメニューをどうぞ

とんかつうかい亭一花 ひとくちヒレ
©http://www.ukaitei.com/menu.html

ひとくちヒレやエビひとくちだけでなく、ご飯の量を少なめにした丼物やカツ煮メニューも用意されています。せっかく心を込めて作ってもらった料理を残したくないですよね!量が控えめで女性を中心にウケているメニューです。

おつまみやテイクアウトメニュー、お弁当メニューまで揃っています

とんかつうかい亭一花 カウンター
©https://tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10000370/

フライをつまみながら軽く一杯飲んで帰りたいという日、ありますよね?うかい亭一花では、単品の海鮮フライや揚げ物系、冷奴や生ハムマリネなどのおつまみ系まで充実しています

また、通常メニューは全品お持ち帰り可能で、箱代100円をプラスするだけで丁寧に包んでもらえますよ。会議や慶事向けのお弁当サービスも提供しています。
※お弁当にはお味噌汁は付きません。

高崎市にあるデミグラスソースののったとんかつの名店「藤よし」もおすすめです。

とんかつうかい亭一花の施設情報

とんかつうかい亭一花 看板
©https://tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10000370/

営業時間:11:30~14:30、17:00~20:30

定休日:火曜、水曜日

住所:群馬県高崎市緑町 1-27-6

電話:027-364-6484

駐車場:あり (無料、12台)

アクセス:
車 関越自動車道前橋ICより約10分
電車 JR高崎問屋町駅より徒歩約20分

公式HP:http://www.ukaitei.com/

フライ好きの方には、こちらの店舗もおすすめです!

まとめ

とんかつうかい亭一花 外観
©https://tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10000370/

かつて新宿の伊勢丹に出店していたとんかつの某名店と、超高級店うかい亭からインスピレーションを受けて誕生した、とんかつうかい亭一花

店主さんと奥さんが二人三脚で40年近く暖簾を守り続けています。お子さん達がお店を継げないため、今すぐにと言うわけではないですが、真面目に将来の後継者を募集しているそうです!

とんかつうかい亭一花 メニュー
©https://tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10000370/

絶品のとんかつやフライをリーズナブルに、そして気軽に味わえると地元民からも大人気。

素材や作り方にも一切手抜きなしの職人が織りなすメニューは、1度、いや何度でも食べる価値アリです。地元の方でなくても、高崎を訪れた際にはぜひ一度足を運んでみて下さいね!

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須