1. TOP
  2. お土産
  3. 登利平|たつ吉|とり弁鶏|「弁当帝国」群馬県で愛される『とり重弁当』=『とり弁』!人気3店舗を食べ比べ!

登利平|たつ吉|とり弁鶏|「弁当帝国」群馬県で愛される『とり重弁当』=『とり弁』!人気3店舗を食べ比べ!

 2017/09/18 お土産 グルメ
 
LINEで送る
Pocket

『秘密のケンミンSHOW』
(日本テレビ系列)内で、

“弁当を日本一愛するケンミン”
として紹介された群馬県。

人気のお弁当として
ピックアップされたのが、

県民なら誰でも一度は
口にしたことがある
「登利平」の『鳥めし弁当』!

とり重を気軽に
テイクアウトできるようにした
とり重弁当であり、

県民のソウルフードとして
愛されています。

県内ではほかにも、
とり重弁当を販売する店舗が
数多くあります。

そこで、県内で人気のある
とり重弁当=とり弁
食べ比べてみることに。

番組で紹介された「登利平」、
桐生市にある和食処「たつ吉」、

太田市に今年オープンした
「とり弁鶏」の3店舗を比較します!

県民ならば誰しも知っている、上州御用鳥めし本舗「登利平」!

『秘密のケンミンSHOW』
(日本テレビ系列)で紹介された、

県内一有名な
とり弁の店「登利平」。

昭和28年創業以来、
末永く愛されている
「上州御用鳥めし」を
販売しています。

写真は、
お持ち帰り専門店の桐生店です。

本店は前橋市六供町にあり、
宴会もできる
食事処となっています。

お持ち帰り専門店を含め、

店舗は県内に28店舗、
埼玉県に3店舗、
栃木県に1店舗
展開しています。

今回は奮発して、
「鳥めし弁当 松」(税込820円)
食べてみることに。

登利平独自の薄く
スライスしたムネ肉と、

ボリュームのあるモモ肉の
2種類の味が楽しめるお弁当です。

ムネ肉には
甘じょっぱいタレがしみ込み、
噛むほどに味がしみでてきます。

ほんのりとした甘さがあるものの、
醤油の風味があとを引くタレ。

創業60余年にわたって受け継がれる、
この登利平秘伝のタレが、
県民に愛される秘訣なのです!

モモ肉は弾力がありながらも柔らかく、
肉の旨味が生きています。

そしてもちもちのご飯には、
タレがたっぷり。

ムネ肉、モモ肉、
どちらと一緒に食べても相性バツグン!

県内一有名なとり弁なのも納得です。

【登利平 本店】

住所:前橋市六供町1-18-6

TEL:027-223-5454

営業時間:
お食事11:00~22:00、
テイクアウト10:00~22:00

定休日:無休

URL:http://www.torihei.co.jp

老舗の高級な味を、家でも味わえる「たつ吉」!

桐生市にある「和膳 たつ吉」は、
約80年の歴史を持つ老舗の和食処。

市内では宴会、会食の場として
親しまれているお店です。

なかでも、
とり重は人気のメニュー。

そして今年3月、
待望のお持ち帰り専門店が
オープンしました。

写真はお持ち帰り専門店、
第1号店として
オープンした桐生相生店です。

持ち帰りできるお弁当の種類は、
「とり重弁当」(税込650円)のみ。
(※お吸い物(+80円)をつけることもできます。)

注文を受けてから作るため、
ホカホカのできたて!

開けた瞬間から、
炭火の香ばしい香りが漂います。

タレを自分の好みで足せるよう、
タレの小瓶が入っています。

私はたっぷりと、
全部かけました。

照りのあるタレは、
なんとも食欲をそそります!

やや甘みが強いタレと、
編み目状についた焦げが相まって、
双方の旨味を活かしています。

国産のとりモモ肉を使用していて、
簡単に噛み切れてしまう柔らかさ。

名店ならではの高級な味を
家でも味わえて、
お値段はリーズナブル。

これは病みつきになります!

【和膳 たつ吉】

住所:桐生市新宿3-13-10

TEL:0120-44-3525

営業時間:11:00~14:00、17:00~20:00

定休日:毎週火曜日

その他お持ち帰り専門店
・桐生相生店・太田薮塚店・太田飯塚店・足利葉鹿店
※詳細はホームページにてご確認ください。
URL:http://tatsukichi.co.jp

東京にお出かけの際は、こちらのとり弁もオススメ!
期間限定!あの特急あさまのヘッドマークがお弁当になって登場!

新たに仲間入りした期待のホープ「とり弁鶏」!

「とり弁鶏」は、

今年5月に太田市飯塚町に
オープンしたばかりの
とり肉料理専門店。

店舗には食事処、持ち帰り窓口、
群馬県民が大好きなドライブスルー
完備しています。

持ち帰りできるお弁当の種類は
15種類(※おかずのみを除く)!

とり重弁当をはじめ、
から揚げ弁当、
そぼろ弁当などがあります。

他のお弁当の誘惑に負けず、
「とり重弁当」(税込650円)を購入。

こちらも注文を受けてから網で焼くため、
ふたを開ける前から
焼きたてのお肉のいい香りがします。

お肉が小さめにカットされているので、
子どもや女性も食べやすいです。

お肉にはタレがよくしみ込んでいて、
ほどよい柔らかさ。

肝心のタレは、甘さひかえめで、
しょう油のコクと旨味を感じます。

甘いのが苦手な方には、
こちらのとり弁がおすすめです!

【とり弁鶏】

住所:太田市飯塚町693-2

TEL:0276-55-0009

営業時間:
お持ち帰り・ドライブスルー 10:00~22:00
イートイン 11:00〜22:00
(ラストオーダーは全て21:45)

定休日:無休

URL:http://boston-gr.com/wordpress/toribenkei-ota

登利平|たつ吉|とり弁鶏|「弁当帝国」群馬県で愛される『とり重弁当』=『とり弁』まとめ

同じとり弁でも、
お店によってタレ、とり肉の部位、
焼き方などがまったく違いました。

三者三様の味、
こだわりを感じられます!

そして今回3店舗の
とり弁を食べ比べてみて、

わたしは生粋の
グンマーだということを再認識。

とり弁、
やっぱりおいしすぎます!!

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ento

ento

群馬県太田市を中心とする、ママクリエイター団体。
ライター5名で執筆を行っています。