1. TOP
  2. お土産
  3. 1日に1000人の来客!創業400年以上の歴史を誇る水沢うどんの元祖「田丸屋」

1日に1000人の来客!創業400年以上の歴史を誇る水沢うどんの元祖「田丸屋」

 2017/08/21 お土産 グルメ 中毛エリア
 
LINEで送る
Pocket

讃岐・稲庭と並ぶ
日本3大うどんのひとつ、
「水沢うどん」

麺は強いコシと弾力があり、
透き通るような白さが特長です。

一般的に冷たいざるうどんで提供され、
つけ汁は醤油つゆ、胡麻つゆなど、
店舗によっても違いがあるそう。

なかでも、
渋川市伊香保町にある
創業天正10年「田丸屋」は、

もっとも古くからある
水沢うどんの大本家です。

小麦粉、水、塩、出汁、
素材にこだわりを持ち、

昔ながらの伝統と製法を
軸にしながらも、
新しいものを取り入れているという、
さらなるこだわりも!

日常食でもある
うどんを「特別」に、

そして「贅沢」に
堪能することができる
「田丸屋」をご紹介します。

水沢うどん街道のはじまり「田丸屋」へいざ!

水沢うどんの歴史は、
伊香保町水沢地内にある
水澤観音寺の参拝客に、

上州の小麦粉と水沢の名水で作られた
手打ちうどんをふるまったことが
はじまりだそう。

当時のうどん屋は、
「田丸屋」を入れてわずか2軒。

現在では水澤観音寺を中心に、
13軒ものうどん屋が立ち並んでいます。

その名も
「水沢うどん街道」と呼ばれ、

水澤観音から
約4㎞続く街道となっています。

入り口から、
格式高い老舗の雰囲気が感じられます。

玄関を抜けると、
広々とした畳敷きのエントランスがあります。

想像以上に開放感のある店内は、
シックなカラーで統一された
和モダンの雰囲気です。

座席はテーブル席、お座敷、
特別室(有料)と、
約200席あります。

続々とお客さんは来店されても、
回転率がいいので早く席につくことができますよ。

ツヤツヤのうどん、こだわりの出汁つゆ、そして天ぷら!

こちらは1番人気のメニュー
「ほてい様福膳,二色つゆ」1,700円(税別)。

もりうどん、天ぷら、
小鉢が2種類ついています。

小鉢は日替わりで、
毎日新鮮な食材を楽しむことができます。

透き通るような白さ、
艶のある美しさが特長の水沢うどん。

小麦粉、水、塩と
シンプルな素材だからこそ、
小麦本来の風味がよく分ります。

さらに、
旨味を引き出すために熟成させているため、
強いコシとつるつるの食感を
楽しむことができるのです。

「おいしくて、体にやさしい」
という信念のもと、

素材一つひとつを
丁寧に選び抜いてきました。

こだわりの「胡麻つゆ」。

香り高くコクの深い味わいを出すため、
最高級の金ゴマを使用しています。

そして、胡麻つゆと合わせた
3種類の野菜の絞り汁が、

胡麻つゆの風味を
より一層引き立たせています。

では、
3種類の野菜とは一体何でしょうか?

その答えを求めて
ぜひ「田丸屋」で、
胡麻つゆの秘密を知っていただきたい!

「田丸屋」の出汁は
利尻昆布、羅臼昆布、真昆布を、
季節や気候によって
使い分けるという徹底ぶり。

熟成された天然昆布と、
一本釣りしたかつおの本枯れ節だけで
出汁をとり、
うどんに合う醤油つゆを作っています。

うどんに欠かせない
揚げたてサクサクの天ぷらは、

新鮮な野菜の素材そのものを
たっぷり味わうことができます。

肉厚なまいたけの天ぷらは、
食べた瞬間「ジュワーッ」と
旨味が口いっぱいに広がります。

最初のひと口はそのままに、
次に塩で、最後につけ汁でと、
何度も違う味わいを楽しむことができます。

全粒粉で作られた“うどんの原点”は女性に人気!


女性のお客様に人気のメニュー
「古伝 喜利麦」(こでん きりむぎ)1,000円(税別)。

厳選した国産小麦の全粒粉で作った、
昔ながらのうどんです。

幅も太さもあり、
モチモチの食感がたまりません!

昔ながらの伝統と技法を用いたうどんは、
噛むほどに全粒粉そのものの香りが
口いっぱい広がり、
豊かな風味を味わうことができます。

最初の一口は「うどん」
そのものを味わいます。

絶妙な塩気と噛み応えのある太麺、
全粒粉の風味、

一つひとつがバランスよく合わさり、
何もつけなくても
そのままいただける「うどん」です。

お好みで、塩、オリーブオイル
いただくスタイル。

「古伝 喜利麦」を目当てに
来店するお客さんも多いのだそう。

うどんを楽しんだあとは、伊香保の有名観光地「石階段」はいかがですか?
伊香保の石段にあふれる歴史と温泉情緒

道路を挟んだ
お隣には土産店があり、

自宅でも「水沢うどん」
堪能することができます。

古くからこだわりを追求し続けている、「田丸屋」。

お客さんに
「おいしいものを提供したい」という信念は、
代々変わることはありません。

結果、県内外から多くのお客さんが訪れ、
リピーターになることも多いのだそう。

たくさんある水沢うどんのなかでも、
はじめに訪れてほしい、
知ってほしいオススメの1軒です。

水沢うどんの元祖「田丸屋」まとめ

住所:群馬県渋川市伊香保町水沢206-1

営業時間:
年中無休9:00〜15:30 、
売り切れ次第終了

定休日:無し

電話:0279-72-3019
FAX:0279-72-3003

HP:http://www7a.biglobe.ne.jp/~tamaruya/index.html

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の観光情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の観光情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ento

ento

群馬県太田市を中心とする、ママクリエイター団体。
ライター5名で執筆を行っています。