男気らーめんアカギ|デカ盛り濃厚二郎系ラーメンの名店に今日もファンが集う

LINEで送る
Pocket

桐生市でデカ盛りラーメンといったらここ!男気らーめんアカギさんです。

腹が減ったらウチに来い!そんな気迫を感じさせてくれるお店です。男性だけでなく大食い自慢の女性も大歓迎。

二郎系ラーメン店富士丸を彷彿とさせる男気らーめんアカギ、早速お店の紹介に入っていきましょう。

渡良瀬川沿いの大人気ラーメン店

小麦の産地として知られ、美味しいラーメン屋さんが軒を連ねる群馬県

そんな群馬東部の桐生市で、デカ盛りだけでなく、その確かな味でお客さんを虜にしているラーメン屋さんが、男気らーめんアカギです。

二郎系ラーメンへと変貌を遂げたアカギ

JR桐生駅から徒歩圏内という好立地に佇む男気らーめんアカギ。
その味を求めて日々行列ができるほどの繁盛店です。

店名からも何だかイカツイ雰囲気が伝わってきますが、店舗の外観はこんな感じです。

男気らーめんアカギ 外観1
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

男気らーめんアカギ 看板
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

真っ赤な店舗の壁と黄色い大きな看板が目印です。この色の組み合わせは間違いない!目立つのですぐ見つかりますね。

こちらのお店、以前は二郎系とは関係ないデカ盛りラーメン処として親しまれていましたが、2016年9月に、かの有名な富士丸譲りの濃厚二郎系が食べられるお店としてリニューアルしました。
本家ラーメン二郎系の流れもしっかりくんでいます。
男気らーめんアカギ 赤城男気道
©http://akagi-ramen.jp/akagidou.html

ちなみに桐生市にあるアカギの正式な店名は、男気らーめんアカギ桐生総本店。かつては栃木県佐野市にも店舗がありましたが、現在では本店に一本化して営業を続けています。

店内の様子

男気らーめんアカギ カウンター席
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

男気らーめんアカギ テーブル席
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

7人が座れるカウンターに4人がけのテーブル席が1つ。
混雑する時間帯は長居できないですが、食べ盛りの子供と一緒に家族連れでも来店できそうです。

来店時の心構えとは!?

男気ラーメンアカギ 食券機
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

男気らーめんアカギの基本メニューは二郎系ラーメンのみ。まさに一本勝負です。麺の量は小・中・大3種類で、好みに応じて汁なしもチョイスできます。

トッピングは全て50円~120円程度と良心的な価格帯で、豚ちょい増、辛ネギ、たまねぎ、つけたま、うずら(5個)、濃厚チーズの6種類になります。

せっかくデカ盛りの店に来たからにはインスタ映え写真を!と増し増しメニューを頼もうとする人も多いでしょう。でもそこは要注意です!アカギでは食べ物を大切にするという意味でもルールがあるんです。

麺は無料で中まで増せますが、取り分け、シェアは一切禁止
また常識的な時間内で完食できるように、無理な麺増しはできません

麺を増した場合は完食必須、残した人には追加料金が発生する場合がありますので、自身の胃袋と相談して量を決めてくださいね。

赤城男気道を突き進むラーメンがこれだ!

男気らーめんアカギ らーめんトッピング
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

豚増し、辛ネギ、うずらのトッピング、他にも色々増していそうな豪快なラーメンから男気があふれています。この食欲をそそる、美しくさえある見た目にはジロリアンたちも黙っていられません(笑)。

男気らーめんアカギ 麺
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

二郎系を存分に体現する太麺。長めにゆでているのか表面が独特な舌触りで、この麺がスープをまといやすくしています。でありながら中は柔らかすぎず、もちっとコシを残した食感はお見事!

スープは油分多めの乳化タイプ。男気たっぷりにガッツリ飲み干したいスープです。ただ全部飲み干すと、その後喉が渇くので要注意ですね(笑)。

男気ラーメンアカギ 豚肉
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

そしてこちらが、厚みの半端ない豚。ホロホロのお肉と適度な脂身を持つ肉汁が、口の中でとろけます。これぞ至福の時間。これ一品だけでもメニューとして提供できそうな旨さです。

男気らーめんアカギ アブラ
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

そして男気らーめんアカギ名物の1つ、コールで追加できるアブラです。ただの油の塊ではなく、スープに溶けると粒が小さくバラけます。味付けがしてあるので、スープに溶かす前に麺と一緒にパクリ、も良いですね。

イベントや期間限定メニューも展開

男気らーめんアカギ イベント告知
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

男気らーめんアカギでは、イベントや期間限定メニューが随時登場します。ホワイトボードに手書きする告知方法は、どことなく温かい感じがして素敵です。気になる人はぜひ、ツイッターでチェックしてくださいね!

 

男気らーめんアカギ店舗情報

男気ラーメンアカギ 看板2
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

営業時間:17:30~24:00
※現在は昼の営業は行っていません

定休日:日曜日、第1・第3月曜日

住所:群馬県桐生市清瀬町3-26 モダンピース1階

電話:非公開

駐車場:あり(店舗前2台、近くに無料駐車場あり)
※近くの無料駐車場の台数は不明

アクセス:
車 北関東自動車道太田薮塚ICより約20分
電車 JR桐生駅より徒歩約12分

公式HP:http://akagi-ramen.jp/akagidou.html

公式Facebookページ:https://www.facebook.com/akagiramen

 

まとめ

男気らーめんアカギ らーめん
©https://tabelog.com/gunma/A1002/A100201/10010878/

店名を変えずに二郎系へとメニューを一新した富士丸インスパイアラーメン店、男気らーめんアカギ。2016年のリニューアル後もファンが足繁く通う人気店です。

大々的な宣伝はしなくても、旨いお店には自然と人が集まるもの。常連さんをはじめ、新規のお客さんの舌も魅了しています。

おひとり様はもちろん、カップルやファミリーにもおすすめのアットホームなお店です。食べ残しは厳禁!なので、適量で注文して、あなたもアカギのラーメンを存分に堪能してくださいね!

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須