10万本の梅が織りなす絶景!箕郷梅林(みさとばいりん)の「天空の梅まつり」

LINEで送る
Pocket

群馬三大梅林の一つ箕郷梅林では、梅の開花時期にあわせて「天空の梅まつり」が開催されます。
毎年3月の上旬頃に始まる「梅まつり」。
300ヘクタールの丘陵地に約10万本の梅や神津桜が咲き誇ります。

日本一の梅の生産を誇る高崎市にある箕郷梅林の「梅まつり」の魅力を、2017年取材当時の情報と共にお伝えします。

善地梅林広場(善地会場・日の出スポット)

散策路が広く取られた善地会場では展望台があり、
高崎市内をはじめ前橋市などを360度眺望できます。

展望台の真下には、梅と神津桜の白とピンクの世界が待っています。

善地会場の大きな特徴は、梅林のなかを約500メートル散策できる「観梅コース」と
関東平野が展望できる約600メートルの散策コース

のんびりと散歩気分で梅林を散策できます。

駐車場は展望台近くにあり、一般車・大型バスなども駐車可能。
駐車料金を入り口で支払うと、梅とティッシュのお土産が付いてきます。


展望台からの眺めは絶景。まる壮大な360度のパノラマが見渡せます。


展望台から降りるとすぐ、梅林。
梅林を散策していくと、心地よい梅の香りが漂い、蜂の羽音も聞こえてきます。


梅林を抜けると600メートルの散策コースに。
散策コースを下りきると無添加食品の「加工サークル梅売店」があり、箕郷の名産物を販売しています。


駐車場の外では、「みさと加工サークル梅売店」で、「おやき」や「みそおでん」などが
その場で食べられます。

さらに「ゆずみそ」や、「ごま」、「梅干し」、「梅ジャム」など箕郷の名物を販売います。

箕郷の丘陵で梅と高崎・前橋市街地の大パノラマを楽しむなら「善地会場」がおすすめです。

カニ沢会場


善地会場から車で3分ほど下ると「カニ沢会場」です。


ここには、お土産屋さんの駐車場もあります。
しかし、梅とティッシュがプレゼントされるのは「うめ公園駐車場」!


「みさと梅まつりメイン会場」の「カニ沢会場」には、売店がたくさんあるのが大きな特徴です。
名産物を味わいながら、のんびり梅見を堪能できます。


駐車場から梅公園までの間には、食べ物屋さんが軒を並べます。


「梅せんべい」や「ワサビせんべい」、「焼きまんじゅう」、「やきもち」、
「梅」など群馬の名産物が販売されています。


梅公園の中央ではイベントが開催されており、「おまんじゅう」や「梅ジュース」、
「梅の小枝」のプレゼントも。

「梅まつり青空芸能大会」も開催されていました。


梅公園には子育ての白梅があり、子孫繁栄、幸福をもたらすご神木として崇拝されています。


梅公園の奥には、「織姫の館特産物研究センター」があります。
そこでは「特産の梅干し」や「ジャム」、「ジュース」そして「梅まんじゅう」が販売されています。

もちろん、梅の試食もできますよ。


お勧めなのがこちらの「梅まんじゅう」

種類は「梅あん」・「しそ」・そして「あんこ」の3種類で1つ100円。
梅味あんの、まんじゅうを割ってみるとたっぷりの梅ジャムがたっぷり入っています。

「カニ沢会場」では目と舌で箕郷の梅を満喫できます。

梅まつりイベント情報詳細


みさと梅まつり

開催期間:未定(例年3月上旬~下旬開催)
開催場所:
みさと梅公園(蟹沢会場)
善地梅林広場(善地会場)

入場料金:無料

定休日:なし(気象状況等により休日の可能性あり)

住所:群馬県高崎市箕郷町善地・富岡
電話:027-371-5111(高崎市箕郷支所産業課)

駐車場:あり(有料・普通車300円、バイク100円、マイクロバス・大型バス1,000円)

アクセス:
車 関越自動車道 前橋ICより車で約30分
バス
 JR高崎線 高崎駅西口2番乗り場より30分「箕郷営業所」下車タクシーで5分

公式サイト:https://www.city.takasaki.gunma.jp/docs/2017121900025/

みさと梅公園(蟹沢会場)および善地梅林広場(善地会場)への地図

まとめ

「みさと梅まつり」は、いかがでしたか?

約10万本の梅が咲き誇る姿は、言葉で言い表せないほどの美しさです。
満開の梅を見ながら「梅まんじゅう」など箕郷の名物を味わってみるのもいいですね。

今年は「みさとの梅まつり」で春の訪れを感じてみませんか?

※情報は取材当時のものです

高崎白衣大観音で縁結び?!毎年2月14日~3月14日に開催される「赤い糸祈願祭」はこちらでチェック。
たまご好きは必見!たまご屋さんのこだわり卵&スイーツをご紹介。
LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須