声優・田中敦子の吹替出演作品やキャラまとめ|攻殻機動隊素子の私生活に迫る

田中敦子 声優 キャラ 出演作品
LINEで送る
Pocket

艶のある声が特徴で声優として多くの人を魅了する田中敦子さん。
様々なアニメや海外ドラマの吹き替え声優として活躍中です。特に、『攻殻機動隊』シリーズの草薙素子役は代表作、当たり役と高い評価!
声優の場合声だけでの出演が多く、どのような方なのか注目されにくい裏方のイメージが強い中、田中敦子さんは様々な場で活躍し注目を集めてきました。近年では東日本大震災の復興支援を行うため、文芸あねもねRのPodcast番組『純喫茶あねもねR』でチャリティー活動にも力を入れています。

最近の出演作品だけでなく、気になる結婚相手やプライベートについても徹底リサーチ。田中敦子さんのプロフィール、出演キャラクターの紹介、今後の活動についてまとめていますので是非最後までお付き合いください。

田中敦子のプロフィール

声優の田中敦子さんは群馬県前橋市のご出身です。名門校として有名な群馬県立前橋女子高等学校(通称:前女)、フェリス女学院大学国文科を卒業されています。

学生時代から演劇とダンスを続けますが、大学卒業後は一般的なOLとして就職します。OLとして働きながらレッスンも受けつつ、所属していた舞踏団のステージ活動も続けていました。その間に出会った声優関係者に声をかけられ、東京アナウンスアカデミー(現:東京アナウンス・声優アカデミー)で学ぶうちに声優の道に進むこととなりました。声優として大活躍されている田中敦子さんが元々は声優志望ではなかったことに驚きです!

様々なキャラクターを演じる田中敦子さんは、演じたキャラクターの愛称でファンから呼ばれていることがあるようです。愛称の「少佐」は、代表作とも言われる『攻殻機動隊』シリーズの草薙素子の通称。役どころに声がハマりすぎてしまった結果、キャラクターの通称で呼ばれるようになってしまったようです。長年キャラを大切に演じてきた田中敦子さんも愛称を気に入っているのではないでしょうか。

芸名:田中敦子
愛称:少佐、あっちゃん、あつを
本名:佐藤 敦子
生年月日:1962年11月14日
血液型:O型
身長:164 cm
職業:声優、ナレーター
所属:マウスプロモーション
出身地:群馬県前橋市
出身校:群馬県立前橋女子高等学校、フェリス女学院大学国文科

結婚|夫と息子の存在

田中敦子さんはご結婚されており、一人息子さんがいらっしゃるようです。ご主人や息子さんの情報は公開されておらず、田中敦子さんのSNSに登場したことはありません。
一度ご自身のブログで「息子」と紹介されて登場した青年は、実際の息子さんではなく声優として共演した際の息子役の声優さんだったようです。

田中敦子さんがお母さんだったら、きっと素敵な声で本の読み聞かせをしてくれるんじゃないかなと想像してしまいます!田中敦子さんのご家族が羨ましいですね。

似た名前の人物|ジャーナリスト田中淳子は別人

声優の田中敦子さんは、NHK記者・ジャーナリストの田中淳子(たなかじゅんこ)さんと間違われてしまうことがあるようです。お名前の漢字が1文字違いで、お仕事も芸能・メディア関係ということで間違われてしまうことがあるのではないでしょうか。
また、埼玉県にある栄東高校の校長先生にも田中淳子さんという方がいらっしゃるようです。

声優業界では、CREATIVE OFFICE CUE所属の田中温子(たなかあつこ)さんという方がいます。漢字は異なりますが、同じ業界で同じ読み方だと人違いされてしまうことが多いのではないでしょうか。
また、同姓同名でスタジオジブリ及びテレコム・アニメーションフィルム所属のアニメーターさんや現代アートの美術家の方もいらっしゃるそうです。

「田中」「敦子」の姓名共に日本人にはポピュラーな名前なので、一般の方を含めると同姓同名の方が多くいらっしゃるのではないかと想像します。

アニメ代表作|出演作品とキャラクター

田中敦子さんと言えば知性的、クール、姉御肌といった大人の女性役がぴったりとハマる声質で、「草薙素子(少佐)」が当たり役として有名ですよね。しかし、正統派のヒロインから悪役のボス、シリアスな役柄からコメディー色のある役柄まで幅広く演じているようです。
どの作品でも田中敦子さんの声だと分かるのに、キャラの個性が活かされ全くの別人!流石としか言いようがありません。

ここでは、そんな田中敦子さんの代表作など出演作品をまとめています。気になる作品をぜひチェックしてみてください。

攻殻機動隊|草薙素子(少佐)

攻殻機動隊の最新作『SAC_2045』でも登場するクールでかっこいい「草薙素子」を演じているのは田中敦子さんです。脳などの一部を除き義体化した女性型サイボーグで、指揮官を担当するクールな役どころです。クールで合理的な考えを持つだけでなく「ゴーストの囁き」と呼ばれる直感も大切にする側面があり、機械的なキャラクターの中にも人間味を感じます。

作中で草薙素子は「少佐」と呼ばれており、演じる田中敦子さんも愛称として「少佐」と呼ばれることがあるようですね。

名探偵コナン|領域外の妹 /メアリー世良

名探偵コナンを知らない日本人はいないと言っても過言ではありませんね。コナンに登場するメアリー世良(領域外の妹)は、とても硬い口調で話す役どころで田中敦子さんの声の雰囲気にぴったり!

メアリー世良(領域外の妹)は、赤井秀一、羽田秀吉、世良真純の実母です。消息を絶った夫・赤井努務の行方を捜している際、務武に変装していたベルモットによってAPTX4869を飲まされ、コナンと同じように幼児化し中学生のような見た目になっています。
2021年に上映された『名探偵コナン 緋色の弾丸』にも登場。

呪術廻戦|花御(はなみ)

2018年から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、2020年から毎日放送・TBS系列『スーパーアニメイズム』枠でテレビアニメ版『呪術廻戦』が放送されます。作者は、芥見下々さん。最近ではAmazonプライムビデオなど動画配信サブスクリプションサービスでも配信され一層人気が高まっているアニメです!

「呪い」をメインテーマとし、呪霊と呼ばれる具現化した呪いと呪術師たちとの戦いが描かれています。
ネット上では、「『鬼滅の刃』の次は『呪術廻戦』の時代!」とかなりの高評判です。その中に登場する「花御(はなみ)」を田中敦子さんが演じています。

花御は筋骨隆々な体つきで目からは角のように2本の枝が伸びており、一見ぎょっとしてしまう風貌です。大男のようにも見えますが、女性の田中敦子さんが演じているように女性的な一面も持ち合わせています。

作中では、呪霊には性別の概念はないとされていますので、花御は男でも女でもないようですね。複雑なキャラクターにもぴったりハマってしまう田中敦子さんの洗練された演技に注目!

Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀|妖荼黎・ナレーション

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(通称:サンファン)で語り手・ナレーションを行ていたのは、田中敦子さんです。台湾と日本の共同制作テレビ人形劇ということもあり、中国語の難しい漢字や読み方が登場するので普通の日本のアニメよりも難易度が高い印象。
しかし、豪華な声優陣が登場するためか、日本のみならず台湾でも大人気です!

ラスボスとして登場する妖荼黎(ようじゃれい)は、窮暮之戰(きゅうぼのせん)において人間界に攻め入った魔神たちの一柱です。
日本版のアニメでは女性の田中敦子さんが声優をされていますが、台湾版アニメでは男性が演じている様ですね。田中敦子さんの力強い声やニュアンスは唯一無二で、台湾版では女性が演じることが難しかったのではないでしょうか。

銀魂|フミ子

原作のマンガは週刊少年ジャンプ(集英社)で2004年から2018年まで連載され、累計発行部数は5500万部を突破した超人気作。きわどい時事ネタや下ネタが散りばめられたギャグコメディが描かれています。
その中に登場するフミ子は、幻の傭兵部族蓮蓬の1人で江連の元恋人で着ぐるみを来た姿が特徴的ですね。キャラクターの雰囲気は、ルパン三世に登場する峰不二子に似ていると言われることが多いようです。

ゲームのCV(キャラクターボイス)

田中敦子さんは、テレビアニメの声優だけでなくゲームのキャラクターボイス(CV)の声優もされています。アニメや吹き替えだけでなく、ゲームのキャラクターボイスの声優としても根強い人気があり、田中敦子さんが声優をしているのであれば「一度そのゲームをしてみたい!」と考えるファンも多くいるそうです。

『リアル脱出ゲーム×FAINAL FANTASY XIV ONLINE 代迷宮バハムートからの脱出(FF14)』
「メルウィブ・ブルーフィスウィン」役で出演。都市国家リムサ・ロミンサの首長であり、グランドカンパニー「黒渦団」の最高司令官「提督」です。やっぱり田中敦子さんの声はリーダーの役にぴったりですよね。

『アズールレーン』
アズールレーンでは、「フッド」「ティルピッツ」と2役こなしています。フットとティルピッツ役が田中敦子さんと発表された際Twitter上では「これはやばい!待ってました!!」「知っている声優さんの中でも特に好き!」とかなり盛り上がったようです。

海外ドラマ・映画吹き替え

海外ドラマ好きであれば絶対に見たことがある名作ドラマに吹き替え声優としてたくさん出演されている田中敦子さん。まだ知名度の低い若い頃にも人気ドラマで吹き替えを行っていました!
幅広い役柄で活躍されており、この吹き替えも田中敦子さんが声優をされていたのか!?と思われること間違いなしです。

超人気名作ドラマから最近話題になっているドラマまで、田中敦子さんが吹き替えをされている作品を紹介します。

フレンズ|フィービー

伝説のドラマシリーズ『フレンズ』はNYを舞台で、男女6人のライフスタイル、友情・恋愛を描いたコメディ作品です。今でも世界中で愛される名作の『フィービー』の吹き替えを担当されていました。以前日本の地上波でも放映されており、フレンズの放送を楽しみにしていたファンの方も多いのではないでしょうか。

モニカの元ルームメイトで波乱万丈な過去を持つにも関わらず楽観的でおちゃめな性格のフィービー。フィービーのキャラクターは、現在の知性的、クール、姉御肌といった大人の女性役を演じることの多い田中敦子さんのイメージとは少しズレていますが一度聴いたら忘れられない声ですね!

コールドケース|リリー

コールドケース』は、アメリカのフィラデルフィアを舞台にコールドケースと呼ばれる未解決事件を女性刑事リリー・ラッシュを中心とするメンバーが次々に解決していく物語。
田中敦子さんが吹き替えを担当するリリーは、私生活では苦労が多い恋多き女性のようですね。田中敦子さんの艶のある声が刑事役にハマっています。

アメリカ版コールドケースの人気の影響で、WOWOWから日本版のドラマも制作されています。日本版コールドケースでは、リリー役を吉田羊さんが演じ話題となりました。

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY|ワトソン

エレメンタリー ホームズ&ワトソン in NY』の舞台はアメリカのニューヨークでルーシー・リューがジョーン・ワトソン医師を演じ、癖の強いシャーロック・ホームズとともに様々な事件を解決していくドラマです。
田中敦子さんはジョーン・ワトソン医師の吹き替えを担当されています。キリっとした大人の女性の雰囲気があり、ワトソン医師を演じる田中敦子さんの声のイメージにぴったりです!

CSI:科学捜査班|ジュリー・フィンレイ

CSI:科学捜査班』は人気海外ドラマシリーズの1つです。アメリカのラスベガスを舞台に、最新科学を駆使して事件を解決していく中で、田中敦子さんが吹き替えを行ったジュリー・フィンレイは血痕鑑定の専門家として活躍します。
熱血な姉貴分的キャラクターは田中敦子さんの声以外考えられません。

グッド・ファイト|マデリン・スターキー

日本でもリメイク版が放送された人気ドラマ『スーツ』のスピンオフドラマ『グット・ファイト』でも吹き替え声優として登場します。
マイアを取り調べたFBI捜査官マデリン・スターキーの吹き替えでも、田中敦子さんのキリっとした声に注目です!サブキャラ的ポジションですが芯の通った声の存在感に魅了されます。

交友関係

声優として長年活躍し続けている田中敦子さんの交友関係も気になりますね。ご自身のTwitter上では、共演者の方々との交流についてアップされていることもあり、田中敦子さんの素敵な人柄が感じ取れます。
ここでは、共演する豪華声優陣との関係やプライベートでの交流を徹底調査しています!

大塚明夫

独特の低音ボイスで人々を魅了する大塚明夫さんと田中敦子さんは様々な作品で共演されており、プライベートでも交流があるようです!大塚明夫さんのTwitterでお二人のツーショット写真もアップされています。

ここ最近注目したいのはやっぱり『攻殻機動隊 SAC_2045』での共演ですね。インタビューでも共演が田中敦子さんが「とても楽しかった」と話されていたことが印象的です。大塚明夫さんは、「住みなれた昔懐かしい町に、みんなで帰ってきた気分でした」と話されており、シリーズを通して長年共演されてきた中で築かれた良好な信頼関係がうかがえます。

2020年エミー賞主演男優賞にノミネートした『フレイザー家の秘密』でも田中敦子さんと大塚明夫さんが共演されています。極上の心理サスペンスをお二人の声とともに楽しんでみてはいかがでしょうか。

アナウンサー安住紳一郎とラジオで交流

TBSラジオ『安住紳一郎の日曜天国』では、日本全国で赤ちゃんパンダが誕生するたびに恒例企画として赤ちゃんパンダの名前を予想する企画を放送しています。数ヶ月かけパンダ好きなリスナーから名前の案を予想してもらうという気合いの入った人気企画です。

なんとその企画に、田中敦子さんご本人が『パンダ団員 完熟マンゴー』というラジオネームで電話口に登場します。透き通った凛とした声質、なめらかな語り口で、MCを務める安住アナに一発で田中敦子さんであることがばれてしまったようです。電話ですぐに安住アナが確認を取ったところ、田中敦子さんご本人であることを認められています。
Twitter上でも「少佐何やってるんだ!」とかなりの盛り上がりだったようです。田中敦子さんがパンダ好きで、安住アナのラジオリスナーだったとは驚きです。
 
⇒ まだまだいます!群馬の有名人
 

文芸あねもねR|お姉ちゃんと少佐がチャリティー活動

2017年の東京ビックサイトで開催されたコミケ(コミックマーケット93)に『お姉ちゃんと少佐』というサークル名で井上喜久子さんと田中敦子さんのお二人が参加されたことが話題になりました。井上喜久子さんは『お姉ちゃん』の愛称で親しまれています。

東日本大震災をきっかけに、お姉ちゃんと少佐のお二人は2013年の3月から『文芸あねもねR』という朗読チャリティー活動を開始。「女による女のためのR-18文学賞」に関わる女性作家たちがチャリティーのために作品を書き上げ、田中敦子さんと井上喜久子さんが朗読をされたオーディオブックの売上を東日本大震災の復興支援のために全額寄付されています。文化放送で『純喫茶 あねもねR』というラジオも放送されており、Podcastでも配信されています。
チャリティーに参加するには、オーディオブック配信サイトで作品を購入する方法と文化放送の公式通販サイトでCDを購入する2つの方法があります。

文芸あねもねR:http://www.joqr.co.jp/anemone-r/
オーディオブック配信サイト:https://audiobook.jp/
文化放送公式通販サイト:https://aandg.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=2524775&csid=0&sort=n

今後の活動予定をTwitterでチェック!ブラックウィドウに出演

ご自身のTwitterを活用して様々な最新の出演作の情報を公開しています。文芸あねもねRの活動もTwitter上で報告されています。

ディズニーのマーベル作品最新作『ブラックウィドウ』でもブラックウィドウの母親役として出演していることをTwitterでプロモーションされています。田中敦子さんのファンは要チェック!

まとめ

 
群馬県前橋市出身の声優・田中敦子さん。
『攻殻機動隊』シリーズの草薙素子役やフレンズのフィービー役など数々の名作で個性的なキャラクターを演じていらっしゃいますが、若い頃は声優志望ではなかったという衝撃的なエピソードがあることもわかりました。

東日本大震災後、声優業の傍らチャリティー活動にも力を入れています。田中敦子さんの優しい人柄を様々な活動から感じることがでしました。
また、クールで知的な声のイメージからは想像出来ない、赤ちゃんパンダの名前を考えるほどパンダ好きな一面も発覚。

これからも田中敦子さんの活動から目が離せません!

※情報は掲載当時のものです

LINEで送る
Pocket

行こうぜ!お得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須