赤城山第1スキー場|日本最小級でも家族連れに安心の雪遊びスポット

LINEで送る
Pocket

群馬県のほぼ中央に位置する上毛三山のひとつ赤城山。ここになんと日本最小クラスといわれるスキー場があるのをご存じでしょうか?

子どもから大人まで楽しめる、リゾートとはひと味もふた味も違う「赤城山第1スキー場」をご紹介しましょう。

自称・日本一小さいスキー場「赤城山第1スキー場」

赤城山第1スキー場 入口

スキー場といえばゲレンデの広さにコースの長さ、傾斜度、リフトやゴンドラなどの設備などを求めることが多いかと思いますが、はじめにいっておきます、赤城山第1スキー場ではそれらの希望は叶いません。

ゲレンデの広さはおよそ9ha、なんといっても日本一小さなスキー場といわれる規模のスキー場なのです。

赤城山第1スキー場 すすき

雪の降る前はこのような感じで、冬になると銀世界が広がりスキー場となります。
スノーボーダーなどが通う雪山リゾートとはまた違う、どことなく昭和レトロなこじんまりしたスキー場です。

しかし、ファミリーにジャストサイズの雪の楽園として人気を得ているのです。

傾斜がゆるやかで安全なぶん、スキーやスノーボードを楽しむにはもの足りませんが、ファミリー層への人気は高く、のんびり雪と触れ合うことができる雪遊びスポットとしてにぎわいます。
アスピリンスノーと呼ばれるさらさらした雪が積もるのが特徴です。

例年12月の後半から3月中旬まで営業されています(気候や雪の状況により営業期間は変更されます)。

赤城山第1スキー場のゲレンデ紹介

赤城山第1スキー場 ゲレンデ

現在、スキー場として営業している第1スキー場を含め、周辺の旧・赤城山スキー場についても詳しくご紹介しましょう。

ゲレンデ「赤城山第1スキー場」

赤城山第1スキー場 ゲレンデ
©http://akagi-yama.jp/archives/34592

前述の通り、リフトやゴンドラといった設備はありません。しかし、第1スキー場エリアには2013年に作られた全長60mのスノーエスカレーターがあります。 

こちらがそのスノーエスカレーターで、1日券は800円。とってもゆるやかな傾斜なのでお子さまも安心です。

赤城山第1スキー場 スノーエスカレーター

赤城山第1スキー場 スノーエスカレーター
©http://akagi-yama.jp/archives/27014

そして、このスノーエスカレーター周辺がソリ遊びエリアとなっています。子供たちが安全に、思う存分雪遊びできる貴重なスポットです。

かつては第2スキー場も

赤城山第2スキー場
©https://www.aokiryokan.co.jp/

青木旅館の駐車場裏手には、現在は閉鎖されていますが、かつての第2スキー場がありました。

現在もソリすべりや雪遊びなどには十分な広さと傾斜なので、自己責任での利用となりますが青木旅館に宿泊される際には思い切り雪遊びが楽しめそうです。

また軽めのスノーシューやスノートレッキングが楽しめるルートの登り口となっています。

旧・赤城山第2スキー場(青木旅館裏手)

住所:群馬県前橋市富士見町赤城山8

アクセス:赤城山第1スキー場より徒歩約18分

駐車場:なし(青木旅館駐車場は宿泊やレストランご利用以外での駐車はご遠慮ください)

 

赤城山には第3スキー場も?

また赤城山ビジターセンター(県立赤城公園ビジターセンター)に隣接する第3スキー場は、現在リフトなどはありませんが、雪遊びが存分に楽しめる無料スポットとして親しまれています。

赤城山第3スキー場(県立赤城公園ビジターセンター)

住所:群馬県前橋市富士見町赤城山1

アクセス:赤城山第1スキー場より徒歩約7分

駐車場:あり(無料・94台)

 

赤城山スキー場の歴史

赤城山第1スキー場 歴史
©http://akagi-yama.jp/archives/8650

かつて赤城山には広大なスキー場があり、大正から昭和にかけて日本を代表するスキースポットのひとつとして親しまれていました。
現在の第1スキー場ゲレンデは、当時のほんの一隅に過ぎなかったのです。

昭和初期には地蔵岳大ジャンプ台ができ日本で初めての国際ジャンプ大会が開催されました。

昭和30年代になると地蔵岳山頂から3kmのロープウェーが作られました。
覚満淵や大沼を見下ろし、黒槍山を見渡しながら大滑降が楽しめたということで、スキーヤーにとってあこがれの地でもありました。

しかし、スキー人気の停滞や時代の移り変わりにともない、平成10年にはロープウェーもなくなり、一旦営業休止することとなったのです。

その後、旧富士見村により芝スキー場として整備され、赤城山観光連盟が委託を受けてスキー場として営業を再開、現在の「日本最小クラス」の赤城山第1スキー場が誕生することになったのです。

レンタルスキーあります

赤城山第1スキー場 レンタルスキー

スキー場の規模は小さいですが、スキーやソリのレンタルもあるので手ぶらで来ても楽しめます!大人用レンタルスキーセットは2,500円、子供用は2,000円、ソリのレンタルは500円となります。

スノーエスカレーター運行のない平日でも予約することで道具をレンタルできるので、手軽にスキーや雪遊びが楽しめますよ。

2月には雪まつりでも盛り上がる赤城山も。
詳しくはこちらの記事もチェックしてみてください!

赤城第1スキー場施設情報(営業期間・時間・駐車場)

赤城山第1スキー場 すすき

営業期間:12月後半~3月中旬

営業時間:9:00~16:00スノーエスカレーター運行は土日祝日

利用料:無料(スノーエスカレーター1日券800円)

住所:群馬県前橋市富士見町赤城山大洞

駐車場:あり(無料・約100台)

問合せ先:大沼山荘

電話:027-287-8311

公式HP:http://akagi-yama.jp/archives/8650

 

雪道が心配な場合のアクセス方法

赤城山第1スキー場 バスのりば

赤城山に上るためには急なカーブの続く県道4号を登らなくてはいけませんが、雪道に慣れていないと不安ですよね。

でもご心配なく!雪道が不安な人でも安心のアクセス方法をご紹介します。

直通バスでのアクセス

前橋駅から赤城山までは直通バスがあり、1日フリー乗車券を使えばお得で安全に往復できます。

利用区間:前橋駅~富士見温泉~赤城ビジターセンター

利用料金:大人3,200円 小人1,600円

時刻表などはこちら:https://kan-etsu.net/publics/index/42/

また、11月から3月までの冬季期間は、全便「道の駅ふじみ」に併設された富士見温泉見晴らしの湯を経由します。
道の駅まで車で来て、そこからバスで行くこともできます。雪道が不安なら、おすすめのアクセス法です。

富士見温泉と赤城山ビジターセンター間の往復乗車券「AKGパス」は大人1,700円、小人850円と料金もお得で、バス車内において販売されています(発売日当日のみ有効)。

赤城山で雪遊びの後は美しい夜景と温泉も楽しめる「道の駅ふじみ」にぜひ寄っていかれてはいかがでしょうか?

まとめ

赤城山第1スキー場

赤城山にある日本最小クラスのスキー場「赤城山第1スキー場」いかがでしたか?

リゾートスキースポットとして楽しめる要素は少ないかもしれませんが、小さな子どもからお年寄りまで、家族で安心して雪遊びなどを楽しめる、かつて国内でも人気があったスキー場です。

スノーエスカレーター、スキーレンタルなどもあり、雪道に慣れていなくてもバス利用で安全にアクセスできます。

元祖スキーのメッカ、日本一小さな赤城山第1スキー場で、ご家族でのスキーや雪遊びを満喫してみませんか?

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須