1. TOP
  2. お土産
  3. 西洋の色と日本の色の融合!世界に認められた松井ニット技研のアートなマフラー

西洋の色と日本の色の融合!世界に認められた松井ニット技研のアートなマフラー

 2017/10/28 お土産 東毛エリア 観光
 
LINEで送る
Pocket

マフラーを買うときに
重視するのはデザインですか?

それとも暖かさ?

桐生市にある松井ニット技研。

趣のある木造建築の中からは
カタンカタン……という音が。

そこでは
ブランド「KNITTING INN」
マフラーが編まれています。

一番の特徴は配色の美しさ。

そして、ひとたび触れてみると
虜になってしまう柔らかさ。

大切な人への贈り物にも、
自分自身へのご褒美にもぴったり。

性別・年齢を問わず、
国籍さえも超えて
愛されているマフラーを紹介します。

一貫した自社作業で1枚1枚心を込めて

松井ニット技研は、
創業100年以上の老舗。

事務所や工場の建物にも
歴史を感じます。

松井ニット技研の製品は、
企画からデザイン、生産、

お客様の手元に届く袋詰めまで、
すべての工程を
自社で一貫して行っています。

すべてを自社で行うのは
大変な作業ですが、

それでも一貫作業にこだわるのは、

「いい商品を少しでも
安くお客さまへ届けたい」

という想いからなのです。

他に類を見ないカラーでオンリーワンに

松井ニット技研のマフラーの特徴は、
「マツイカラー」や
「マツイストライプ」と呼ばれるカラー。

ひとことで言うなら、斬新。

それでいて、決して奇抜ではない。

絶妙な配色に息をのみます。

トレンドカラーをおさえながらも、
昔からの芸術作品や着物を
参考にしているから
心に染み入るのかもしれません。

基本180色の組み合わせから
はじまるデザイン。

配色はなんどやっても
うまくいかないときがあるそうです。

180色をどう組み合わせるか、
順番が違うだけでまったく違う印象に。

ひとつの製品を作るのに、
50~60の試作を繰り返しているといいます。

一番人気の
毛混リブのマフラー(5,500円 税別)
毎年6色の新作が出ますが、

納得のデザインが決定するまでには、
並々ならぬ努力があるのですね。

こちらのシルクのエピソードも必見!
鉄腕DASHご当地PR課で紹介された「ぐんまシルク」の魅力と歴史

この風合いを守れるのは低速ラッセル編機だけ

近年、編機も
どんどん高速化してきています。

しかし、
松井ニット技研では
時代の流れとは関係なく、

今でも低速のラッセル編機
使い続けているのです。

それはなによりも、
風合いを重視しているから。

日本でも現役で動いているのは
数台だといい、
大変貴重な機械になっています。

低速ラッセル編機の
いちばんの特徴は、

編むスピードが遅く糸に
負担がかからないので、
やわらかく弾力のある生地が仕上がること。

高速ラッセル編機と比べる
5分の1ほどのスピードで、
1台の機械で1日約100本分しか
編めないといいます。

機械まかせではなく、
人の目で確認しながらゆっくりと
編み上げていくことで、
肌触りのよい
マフラーができあがります。

絵画をマフラーで表現!?

今年の目玉企画として進んでいるのが、
スペインのプラド美術館に所蔵してある

宮廷画家ベラスケスの
「バルタサール・カルロス王子騎馬像] という絵画をイメージしたマフラー。


(画像提供:松井ニット技研)

日本とスペイン外交樹立
150周年を記念してデザインされ、
日本・カナダ・アメリカ・EU圏での
販売が決定しています。

マドリード日本大使館公邸にも
飾られるとのことで驚きです。

ニューヨーク近代美術館「MOMA」
ミュージアムショップのスカーフ部門で、

5年連続売り上げ総数
1位という偉業を成し遂げた実績も!

松井ニット技研のマフラーは
世界にも通用することが証明されています。

手にしたら伝わる、マフラーへの想い

「その色を初めて見たときの感動、
その柔らかさに初めて触れたときの
感動に出会ってほしい。

そして、手に取ったかたが
喜んでくれる瞬間がなによりもうれしい」。

そんな思いも一緒に
編み込まれているかのような、
優しさの伝わるマフラーです。

一番人気の毛混リブのほか、
ウールリブやカシミヤリブなど、

さまざまな商品の中から
きっとお気に入りの1枚が見つかるはず。

松井ニット技研やHPのほか、
各地のセレクトショップや
美術館でも購入できるので、
詳しくはお問合せください。

世界に認められた松井ニット技研のアートなマフラーまとめ

平成29年10月26日~10月31日には、
桐生市にある有鄰館にて、
年に1度の
アウトレットセールが行われます。

発売から4年以上経った
デザインの商品を、

なんと半値程で購入できる
お得なチャンス!!

こちらにも、
ぜひ足を運んでお手に取ってみてください。

【取材協力】
株式会社 松井ニット技研
MATSUI KNITTING CRAFTS MFG.LTD

所在地:桐生市本町4丁目85番地

TEL:0277-46-4183

営業時間:9:00~18:00

定休日:土・日・祝日

HP:http://www.matsui-knit.com/

※写真はパソコンや携帯画面の環境により
実際の色とは異なる場合があります。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の観光情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の観光情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ento

ento

群馬県太田市を中心とする、ママクリエイター団体。
ライター5名で執筆を行っています。