1. TOP
  2. 地域別情報
  3. 利根・沼田エリア
  4. 夏は水遊びも!水の流れる姿から名付けられた「兜滝」

夏は水遊びも!水の流れる姿から名付けられた「兜滝」

LINEで送る
Pocket

群馬県内で滝というと、
「名勝の吹割の滝」や
「浅間大滝」などが
有名で観光の名所。

しかし、
群馬県内にはまだまだ知られていない
滝の名所があるんです。

その知られざる名所のひとつ、
群馬県利根郡川場村にある
「兜滝」を紹介します。

「兜滝」名前の由来

群馬県利根郡川場村
のどかな農道の奥にある「兜滝」

この名前は、
滝に注ぐ水が、
かぶとのように流れ落ちるところから
「兜滝」と名付けられました。

さまざまある群馬の
ご当地かるたのひとつ、

川場かるたでも
「の」の句のなかで

『野中に光る「兜滝」』
と読まれています。

その他、ご当地かるたはこちら!
「上毛かるた」だけじゃない!太田市ではお馴染み?「太田かるた」

これが「兜滝」

駐車場には、
普通車を2,3台止められる
スペースがあります。

左手には東屋があり、
そこから滝の存在を確認できます。

滝の音を聞きながらの
休憩もオススメです。

農道を進んでいくと
矢印と兜という看板が出現します。

草木が生い茂っているので、
滝への案内をしてくれる
矢印がなければ、道がわかりづらいです。

草地を少し進むと、
下る階段があります。

木の階段なので気をつけて
一歩一歩降りていきましょう。

少し細い、
川沿いの道を数十メートル進んでいくと…

大きな滝が目の前に!!

大量の水が
流れ落ちてくる光景は圧巻、
思わず目を見張る風景です。

一枚岩を水が均等に
扇形に滑り落ちる、
珍しい形の滝です。

「兜滝」の見所

一般河川田沢川にある
「兜滝」は落差が20m。

滝の中間地点に大がまと呼ばれる
段差があることで、
水が勢いよく流れていきます。

流れ落ちる水の量と
その音に感動を覚えるほど圧巻です。

滝自体は大きくありませんが
幅が広いのが特徴です。

季節や天候によって、
滝の水量は異なりますが、
水量があまり多くない時は、
滝の近くで水遊びもできます。

「兜滝」へのアクセス

道の駅田園プラザのある
県道64号線平川沼田線を南方向に
2キロほど進むと、

田沢川の小さな橋の北側、
信号のないT字路を
西に500メートルほど進み、

左折すると
滝への案内表示が出現します。

田んぼの中に1斜線しかない
農道のT字路を進むと、
右側に駐車場の入り口が見えてきます。

お問い合わせ

住所:群馬県利根郡川場村生品付近

問合せ先:川場村観光協会

電話:0278-52-3412

水の流れる姿から名付けられた「兜滝」

観光地として
取りざたされるような
有名な滝ではありませんが、

その独特な姿が魅力の「兜滝」

利根川の支流の田沢川にある、
知る人ぞ知る観光スポットです。

週末に観光客でにぎわう、
道の駅田園プラザも
すぐそばにあるので、

観光のついでに訪れてみては
いかがでしょうか。

夏場は水遊びもでき、
爽快感も感じられるスポットです。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

We Love 群馬編集部

We Love 群馬編集部

We Love群馬編集部では、群馬県の有名な場所、観光地、食べ物や文化を紹介するだけでなく、地元の人しか知らない、地元の人でも知らなかったようなコアな情報まで、群馬県民も群馬県民じゃない人も知りたかった「本当の群馬」をお伝えしていきます。