高崎市長純寺は箕輪城主長野氏ゆかりのお寺|閻魔大王と奪衣婆の石像も必見?!

長純寺 本堂
LINEで送る
Pocket

国の指定文化財である、高崎市の箕輪城
この城主であった長野氏が眠る菩提寺をご存じでしょうか?

朱色の山門や鬼瓦、さらには閻魔大王の石像があり、歴史好きの間では密かな人気スポット「長純寺」
今回は、曹洞宗金富山実相院長純寺をご紹介しましょう。

箕輪城主長野氏とは?

日本100名城の一つ箕輪城。高崎市箕郷地区にその城跡があります。

この箕輪城は、現在の高崎市周辺を支配していた長野業尚が1512年(永正9年)に築城したと言われていますが、実は業尚の子、信業が1526年に築いたという説もあるようです。

戦国時代、上野国では上杉政虎(謙信)や武田信玄が勢力を伸ばしていました。
たびたび武田信玄による箕輪城侵略が繰り返されていましたが、信業の子、業正はこれをしのぎ安定した地位を保持していました。

その後1566年、遂に武田軍の攻撃により落城し、城を治めていた業政の子、業盛は自害したそう。

長野家の系譜はいくつかあると言われていますが、長野乙業が最古の人物だと言われています。

長野一族が眠る菩薩寺曹洞宗金富山実相院長純寺

長純寺 石碑

長純寺 石碑

箕輪城を守り抜いた長野氏が眠りについている、菩薩寺曹洞宗金富山実相院長純寺

長純寺 高崎市

榛名山の麓、高崎市箕郷町にあります。
長純寺は1497年に創建されましたが、翌年榛名白川の洪水により流出。

その後、1557年に現在の場所に再建されました。

長純寺内には、長野信業、業政供養塔があり、また業政の木像が安置されています。

長純寺境内案内

長純寺 案内図

入口に並ぶ石像

長純寺 石像

長純寺の石門近くにある石像。お地蔵様と観音様が両脇に鎮座しています。

その間に3体の石像、左側が奪衣婆(だつえば)・真ん中が閻魔大王そして(ほこら)が並びます。

奪衣婆といえば三途の川の近くで死者の衣類をはぎ取る鬼婆

閻魔大王が死者の罪を決めるときに立ち会うとも言われており、この石像からも不気味さが伝わってきますね。

山門そして本堂へ

長純寺 本堂

長純寺 鎮守楼

山道を進んでいくと山門がありその脇に鎮守楼
藤岡市で見かけるような鬼瓦もあり迫力満点でしたよ。

長純寺 鬼瓦

長純寺 鬼瓦

お寺でこのような鬼瓦が見られるのはとても珍しいですね。
お地蔵様もいらっしゃいます。

長純寺 お地蔵様

先に進むと右手に鐘楼があり、階段を上った先に本殿

本堂と周辺施設

長純寺 狛犬

本堂前左右には少し変わった狛犬(こまいぬ)が鎮座します。

こちらが本堂。
お参りすると、身が引き締まる思いです。

長純寺 本堂

本堂左手には書院、不動様、そして裏手には長野氏の墓や開山堂があります。

開山堂には市の指定文化財「長野業政公の像」が安置されています。

春には圧巻の桜が咲き誇る

長純寺 桜

長純寺 桜

長純寺境内では、春になるとしだれ桜やソメイヨシノが咲き誇ります。

しだれ桜は3月下旬から、ソメイヨシノは4月上旬ごろになると美しい姿を見せてくれますよ。

長純寺 ソメイヨシノ

箕郷ぶらぶら歴史ガイドマップで周辺の歴史的施設を巡ろう

高崎市箕郷地区には興味深いスポットがたくさんあります。
箕郷ぶらぶら歴史ガイドマップでは、国指定文化財箕輪城址をはじめ市の指定文化財を紹介しています。

マップを片手に散策できるのでおすすめです。ぜひダウンロードして、歴史や文化財散歩楽しんでみてくださいね!

長純寺 箕郷ぶらぶら歴史ガイドマップ
©http://www.city.takasaki.gunma.jp/

箕郷ぶらぶら歴史ガイドマップ:http://www.city.takasaki.gunma.jp/

長純寺施設情報、駐車場、アクセス

長純寺 高崎市

住所:群馬県高崎市箕郷町富岡852

電話:027-371-3015

駐車場:あり(山門脇10台程度・無料)

アクセス:
車 関越自動車道高崎ICより約40分
電車 JR高崎駅よりバスで30分

まとめ

長純寺 神社

長純寺はいかがでしたでしょうか?

石門近くにある石像は迫力満点。
また、この境内の奥では長野氏が静かに眠りについています。

長純寺 鬼瓦

周辺には高崎の歴史的な建造物もたくさんあります。
長純寺参拝とともに歴史を学びながら巡ってみてくださいね!

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須