かわとみの「なすの蒲焼重」を実食!テレビで話題になった太田の新名物!

LINEで送る
Pocket

7月21日(火)と8月2日(日)は土用の丑の日!今年は2回あるんですね。

そして土用の丑の日といえば、ウナギ。でも、「ウナギは高級でなかなか手が出ない……」と嘆いている方も多いのではないでしょうか?
そこでオススメしたいのが、「なすの蒲焼重」

テレビでも取り上げられ、たいへん話題になった、太田の新名物をご紹介します!

そもそも「土用の丑の日」って?

「土用の丑の日」が一体どんな日なのか、なぜウナギを食べるのか、知っていますか?
実はこの「土用の丑の日」は、夏だけでなく春夏秋冬に存在します。

「土用」というのは、立夏・立秋・立冬・立春の前のそれぞれ18日間のことを言います。

一般的には立秋の前の18日間、つまり「夏土用」を指すことが多く、この時期を「暑中」と呼び、暑中見舞いを出す時期でもあるのです。
また、「丑の日」というのは、十二支の「丑(うし)」のこと。

この十二支は年を数えるときだけでなく、方角や月、日にちを数えるときにも使われます。
夏土用はちょうど梅雨明けし、暑さがいちばん厳しくなる時期と重なります。

この時期に、「う」がつく
「梅干し」「うどん」「うり」などを食べて夏バテ防止をしたとされ、「うなぎ」も滋養強壮に効く食べ物として重宝されてきました。

こうしたことから、土用の丑の日には「うなぎ」を食べて体力をつける、という風習ができたといわれています。

ウナギの代わりに「なす」!?

土用の丑の日が今年は2回もあることに驚きですが、ウナギが苦手な方や、高価なので手が出ない…という方には「なすの蒲焼重」がオススメ!
秘密のケンミンSHOW(読売テレビ)などで取り上げられ、太田市の新名物として定着しつつあります。

広がる田んぼのなかに、突如現れる巨大看板!この看板の向かい側に、お店はあります。

こちらが「かわとみ」さん。イートインもテイクアウトも可能です。

イートインの場合は、900円+税でお味噌汁つき、
そして1000円+税金箔入りの「極上なすの蒲焼重」が食べられるようです!

「なすの蒲焼重」を実食!

今回は、ウワサの「なすの蒲焼重弁当」(700円+税)をテイクアウトしてみました。
パッケージでは太田を飛び出し、「群馬の新名物」と豪語されています!(笑)

開けてみるとこんな感じ!
割り箸ほどの長さがある立派な長なすが、3枚乗っていました。照りの具合も良い感じで食欲をそそります。

なすをめくってみると……ゴクリ。
鶏肉と刻み海苔、そしてタレがたっぷりついたご飯がお目見えです。

なすの繊維が少々邪魔をしますが、一口大にしてご飯といっしょにいただいてみました。
自家製のタレは、ほど良い甘みととろみがあり、箸が進みます。
でも、ウナギの脂っぽさがないためさっぱり食べやすくヘルシーなのもうれしいポイント。

女性やお子様でも食べやすいと思います!
また、なす地元・太田で採れた新鮮なものを使用。

そのため、みずみずしく肉厚で、食べ応えの感じられるお重になっています。

これが700円で食べられるなら、うな重より断然お得!?

太田市はこちらもオススメ。
4月1日に全館オープンした新スポット!「太田市美術館・図書館」 

まとめ

かわとみでは、イートインコーナーにはテラス席もあり、ペット同伴可。

イートインでアツアツを召し上がるもよし、テイクアウトでゆったりのんびりいただくもよし!
今年の夏はウナギの代わりに、ぜひ「なすの蒲焼重」をお試しあれ!

【かわとみ】

住所:群馬県太田市強戸町178-2

電話:0276-37-1390(代)

営業時間:11:00~16:00

定休日:水・木曜日

URL:https://www.kawatomi.com/

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須