片品村ほっこりの湯で心も身体もポカポカに!

寄居山温泉 ほっこりの湯
LINEで送る
Pocket

スキーや登山、キャンプ場など、遊びどころ満載の群馬県利根郡片品村
今回は、山々に囲まれたロケーションの中、のんびりくつろげる寄居山温泉「ほっこりの湯」をご紹介します。

「ほっこりの湯」ってどんな温泉?

地域住民の憩いの場としてだけでなく、観光客にも人気の「ほっこりの湯」。
この可愛らしい名前を持つ温泉施設の魅力をご紹介しましょう!

温泉地ならではの源泉掛け流しを堪能しよう!

10もの源泉が湧き出ている片品村。そのうちの1つ「大崖の湯」が「ほっこりの湯」が引いている源泉です。
泉質はアルカリ性単純温泉で無色透明。美肌効果のあるお湯としても知られています。

「ほっこりの湯」の健康効果は?

アルカリ性単純温泉は、お肌をすべすべに保ってくれるだけでなく、神経痛筋肉痛疲労回復などの効き目が期待できます。さらっとして滑らかな肌触りが特徴です。

雄大な自然を眺めながら源泉かけ流しに入浴

ほっこりの湯 温泉
©https://oze-katashina.info/hokkorinoyu/spa/

ほっこりの湯」には男女別で内風呂が1つずつあります。

建物は高台に位置するため、お風呂からは片品村の大自然パノラマをゆったり眺めることができます。

高台 パノラマ

お湯の温度はそれほど熱くなく、眺望に目を奪われながら時間が経つのも忘れ、つい長湯してしまいました。

充実のアメニティー類

アメニティ シャンプー
©https://oze-katashina.info/hokkorinoyu/spa/

ほっこりの湯」ではタオルのレンタルや、ひげそり歯ブラシなどの販売を行っています。

浴室にはシャンプー、コンディショナー、ボディーソープ、石鹸が備わっており、脱衣所には綿棒やティッシュ、女性用のコットンもあるので、手ぶらでも安心ですね。

アメニティーのレンタルや購入が必要な際はスタッフにお声がけくださいね!

お風呂上りはロビーでリラックスタイム

ほっこりの湯 客室

ほっこりの湯」は大きな日帰り温泉ではありませんが、入浴後にホッと一息つけるロビーと休憩所があります。
浴室と同様、ロビーからも片品川を見下ろす雄大な風景を満喫できます。

ロビー 休憩所

湯上がりには軽食とドリンクで「ほっこり」気分

スイーツ アイス
©https://oze-katashina.info/hokkorinoyu/about/

揚げもち、おにぎり、デザートなどの軽食に加え、お腹が空いた人にはピッタリの、そばカレーライスなども注文できますよ。

ドリンク メニュー

軽食 メニュー

クリームソーダ―やコーヒー、タピオカミルクティーなど、ドリンクメニューも豊富です。

もちろん、お風呂上がりには欠かせない牛乳コーヒー牛乳もありますよ!

子供も喜ぶ駄菓子屋さんや雑貨販売コーナーも

駄菓子 雑貨

館内には駄菓子屋さんが入っています。大型の温泉施設ではなかなか見られない光景ですね。
懐かしのお菓子を食べて、レトロな時間にタイムスリップ!

雑貨 小物

スタッフや地元の人が手作りした雑貨や小物も並びます。天然革のキーホルダーやティッシュケース、シュシュなどどれも可愛くて目移りしてしまいます。お土産にもなりますよ!

「ほっこりの湯」施設情報・営業時間・アクセス

ほっこりの湯 営業時間

営業時間:平日10:00~20:00 土日祝日10:00~21:00

入浴料:大人550円、子供350円、幼児無料

定休日:毎月第1、第3水曜日(祝日の場合は営業)

住所:群馬県利根郡片品村鎌田4078-1

電話:0278-58-4568

アクセス
車 関越自動車道沼田ICより約30分
電車 上越新幹線上毛高原駅よりタクシーで約100分

駐車場:あり無料(寄居山公園パーキングと兼用)

まとめ

ほっこりの湯 外観

片品村の山々と清流片品川を見渡しながら入浴できる寄居山温泉「ほっこりの湯」いかがでしたか?
その名の通り「ほっこり」「まったり」な気分にひたれる温泉です。

お風呂だけでなく、軽食やドリンクを片手に休憩したり、駄菓子や雑貨の購入など色々な楽しみ方ができる施設です。

片品村の観光やレジャーの疲れを癒やしに、ぜひアットホームな温泉「ほっこりの湯」に足を運んでみてはいかがでしょうか!?

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須