1. TOP
  2. 地域別情報
  3. 利根・沼田エリア
  4. 群馬県沼田市にある東洋のナイアガラ!大迫力の「吹割の滝」へ

群馬県沼田市にある東洋のナイアガラ!大迫力の「吹割の滝」へ

 2017/05/03 利根・沼田エリア 旅行 紅葉 観光
 
LINEで送る
Pocket

群馬県北部にある沼田市は、古くから木材の集積地で市場町として発展しました。

また、河岸段丘の街として、
あのタモリさんが絶賛したことでも注目を集めています。

そんな沼田市に、日本を代表する滝があることをご存知ですか?

落差7m、滝幅30mにもおよび、
その姿は荒々しくも美しい「吹割の滝」です。

谷に向かって三方向から勢いよく流れる様子から、
別名「東洋のナイアガラ」と呼ばれ、日本の滝百選にも選ばれています。
今回は県内でも人気高い景勝地、「吹割の滝」をご紹介していきます!

絶景を間近で!いざ吹割の滝へ

見晴らし台からの吹割の滝。勢いよく流れ落ちる河川に圧倒されます。
滝といえば見上げるものですが、
吹割の滝は見下ろす滝として全国的にも珍しい滝です。

国道から入ってすぐのところに「吹割の滝」へ行く遊歩道があります。

吹割の滝は景観を守るために柵などありません。
滝や河川に見とれて遊歩道から落ちないようにご注意を!
迫力ある美しさは、危険と隣り合わせです……。

想像以上の迫力と自然がもつ力強さを体感!

あまりに迫力のある姿に、言葉を失います。

とても近くから観ることができるので、
無言で見ていると流れに吸い込まれそうになります……危険です(笑)

実際にはロープや白線の目印がありますので、
それを超えないようにすれば大丈夫ですよ!

少し歩いては振り返り……
を繰り返して気づきましたが、眺める位置によって滝の景色が変わります。
ゴウゴウと勢いよく流れる河川のサウンドも、迫力満点です。

奇岩が連なる「岩壁群」。奥に気になる奇岩がありませんか?

こちらが「般若岩」。
そそり立つ岩壁が般若の顔に似ていることからそう呼ばれています。

橋の上から見る風景もオススメ!

奥に見える橋も遊歩道となっています。
上から眺める景色は、どのような表情を見せてくれるでしょうか?

迫力満点だった滝は姿を隠し、
こちらはゆったりと流れる川と雄大な景観が楽しめます。

橋を渡り終えると、浮島にある「浮島観音堂」に到着しました。
堂内には、「浮島如意輪観音」が安置されています。

こちらの観音様は日光東照宮で有名な「眠り猫」の名匠・左甚五郎作と言われています。
春と秋の年2回お祭りが行われています。

浮島観音堂秋祭りでは、毎年10月に行われ1年間に納められた
願いごま」が山伏によって焚かれ、大願成就されるそう。

吹割の滝の遊歩道は1周するのに約1時間程度です。
4月上旬に訪れたため、一部の遊歩道は通行禁止になっていました
(12月中旬から3月下旬は冬期閉鎖)。

これからの季節は雪解け水が清流となるので、
水量も多く、さらに迫力ある滝が見られるかもしれません!

季節ごとに変化する景色はもちろんのこと、
天候によってもその表情は変わるので、毎日が見ものと言えます。

秋の季節は、他の名スポットと一緒にドライブコースを回るのもオススメです。
東京から日帰りで行ける紅葉ドライブルート~水上温泉谷川岳九品~

昭和11年に「天然記念物及び名勝」に指定された吹割の滝は、
900万年前に起きた火山の噴火に伴ってできたもの。

大規模な火砕流が冷え固まり、長い年月をかけて柔らかい岩質が、
片品川の清流によって浸食を繰り返し現在の形となりました。

「吹割の滝」まとめ

轟音をたてて激しく流れる滝には、圧倒されるばかり。
雄大な自然美を体全体で感じられるスポット「吹割の滝」へ、
ぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

吹割の滝

所在地:群馬県沼田市利根町追貝

電話:0278-56-2111
(沼田市役所総務部 利根支所 観光係)

営業時間:12月中旬から3月下旬は冬期閉鎖。
なお、遊歩道は夜間通行止め。

HP:http://www.city.numata.gunma.jp/index.html

アクセス

•電車 JR上越線沼田駅からバス40分
•車 関越自動車道沼田インター下車、
国道120号線を尾瀬方面へひたすら直進およそ20分。

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ento

ento

群馬県太田市を中心とする、ママクリエイター団体。
ライター5名で執筆を行っています。