1. TOP
  2. お土産
  3. 藤岡市「ドライブイン七輿(ななこし)」昭和感漂うレトロな自動販売機が名物!

藤岡市「ドライブイン七輿(ななこし)」昭和感漂うレトロな自動販売機が名物!

 2017/04/18 お土産 レジャー 西毛エリア 観光
 
LINEで送る
Pocket

藤岡市の郊外にある、「ドライブイン七輿」。創業42年。

当時の雰囲気とレトロな自動販売機が残っていることで知られ、
懐かしさを求めて北は北海道から南は沖縄まで、
日本全国のマニアが訪れます。

今回は、知る人ぞ知るB級スポット「ドライブイン七輿」をご紹介します!

平成から昭和にタイムスリップ

向かって右側にははゲームコーナーと自動販売機が。
左奥にある建物は食堂ですが、現在は閉店しています。

中に入ってみるとトーストや麺類、お菓子、飲みものなどが勢揃い。
種類豊富な自動販売機にワクワクします。

平日にも関わらず、入れ替わり立ち替わりでお客さんが訪れており、
なかには学生のグループも来ていました。

自動販売機の奥には、これまたレトロなゲームコーナーが。
食事のあとはゲームも楽しめますよ!

ドライブイン七輿が他と違う点は、
オリジナルの自動販売機があるところ。

ステッカーや手作り人形、そしてキーホルダーなど……
人気のあるオリジナルのバッジ・ストラップを求めて来る観光客もいるそうです。

こちらの自動販売機はチャーシュウメン(350円)とうどん(300円)。

「チャーシュウがおいしいよ…」という一言に釣られ、
さっそく買ってみました!
ボタンを押して待つこと数十秒。熱々のチャーシュウメンが出来上がり。

藤岡市では、藤岡名物「たまごまんじゅう」も人気です!
食べてびっくり!甘さとしょっぱさの絶妙なハーモニーの藤岡名物「たまごまんじゅう」とは

こちらが大人気のチャーシュウメン。

具はチャーシュウとメンマ、わかめ、ネギ。
昔ながらの醤油ラーメンがここで味わえます。

やや太めの麺は醤油スープに程よく絡み、
食べながら無言でうなずくおいしさでした。

肉厚な自家製チャーシュウ
このチャーシュウを求めて来るお客さんも多いとか。

やわらかい肉にしっかりと味が染み込んでいて、
時間をかけて煮込んでいることが分かります。

店主の木村清さん&おかみさんのふじこさん

創業42年になるドライブイン七輿。
スタートは、ジュースの自動販売機を数台置きはじめたところからでした。

その後お客さんのために駐車場を広げ、トイレを設置し、
食堂もと手広く営業をしてきました。

食堂は30年続けていましたが、自動販売機のほうに力を入れるため閉店。
「修理など、できることは自分でやる」と、清さん。

丁寧なメンテナンスによって、

ほとんどの自動販売機は40年以上壊れることなく動き続けています。
「自動販売機が頑張っているから、わたしも頑張り続けられる」

と、ふじこさん。

この自動販売機を見て、お客さんが「懐かしい」と喜ぶ……
その姿を見るのがうれしくて、ここまでやってきたというおふたり。

3人のお子さんを育てながら夫婦ふたりで築きあげた
ドライブイン七輿は、今もなお多くのファンから愛され続けています。

おみやげ用の「ななこしラーメン」(500円)もあります!

ドライブイン七輿まとめ

昭和の風景がそのまま残っている、ドライブイン七輿。

自動販売機は24時間営業しています。
テレビにも出演してからは観光ツアーにも組み込まれるようになり、
幅広い世代に大人気となっています。

自動販売機で食べられる食事はどれも温かく懐かしい味です。
ぜひ、群馬県にお越しの際にはドライブの休憩に立ち寄ってみてくださいね。

取材協力:ドライブイン七輿

住所:群馬県藤岡市上落合853

電話:0274-23-0951

営業時間:24時間(自動販売機のみ)

LINEで送る
Pocket

この記事のタイトルとURLをコピーする

\ SNSでシェアしよう! /

群馬の情報サイト We love群馬の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

群馬の情報サイト We love群馬の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

ento

ento

群馬県太田市を中心とする、ママクリエイター団体。
ライター5名で執筆を行っています。