高崎絶メシ【このえパン】伝統と革新の老舗パン店で選りすぐってみた

LINEで送る
Pocket

群馬県高崎市の街ナカにある老舗パン店「このえパン」。
創業80年以上もの歴史をもち、高崎市民に愛されるパン屋さんです。早朝7時から年中無休で営業し、足を運ぶ人をおいしいパンで笑顔にしてくれます。

高崎の絶やしたくない絶品グルメ「絶メシリスト」にも登場する「このえパン」のおいしいパンを食べて元気をいただいたのでご紹介しましょう。

迷いに迷って購入したパンたち

このえパン 立体看板

大きなパンの立体看板、早朝7時開店で活気あふれる「このえパン」こと「BAKE SHOP konoe」。アットホームな雰囲気で店主さんが迎え入れてくれます。

店内には100種類ものパンが並び、どれにしようか散々迷って購入したパンをご紹介します!

冬季限定ピロシキ

このえパン ピロシキ

冬にだけ「このえパン」に登場するという季節限定のピロシキ。しっかりと油で上がった生地の中にはお肉をはじめ、しらたきなども入っていてとてもジューシーです。

このえパン ピロシキ

このえパン ピロシキ

スパイジーな味わいで、とても美味。
具材にしっかりと味がついていて、もちもちした食感の生地も。お値段194円(税込)。

森のトトロ

このえパン 森のトトロ

あの「となりのトトロ」をモチーフにした森の妖精パン、森のトトロ。かわいらしく、子供たちにも間違いなく人気の一品です。

このえパン 森のトトロ

中には甘くて濃厚なカスタードが入っていてランチやおやつにもピッタリ。その可愛さと甘さに癒されますよ!お値段172円(税込)。

おやつにぴったりのパウンドケーキ

このえパン パウンドケーキ

店頭ポップのコメントにもある通り、さっぱりしているのにしっとりとしたおいしいパウンドケーキ。さっぱりといいながらも濃厚な味わいが口の中に広がります。

このえパン パウンドケーキ

パウンドケーキなのにくちどけがよく、どれだけでも食べられてしまいそうなテイスト。これで税込243円とはリーズナブルです。

パン屋さんの串カツ

レジでお会計をしようと思ったら。なんと!串カツが並んでいるではありませんか!これは買わないわけにはいきません。パン屋さんの串カツとは、一体どんな味わいなのかっ!

このえパン 串カツ

中にはやわらかめのお肉と玉ねぎが入っていて一口サイズでおいしい!
揚げたてはカリッと、時間がたてばしっとり食感の串カツです。お値段64円(税込)。

創業80年以上の老舗「このえパン」の歴史

このえパン 店頭

さて、こんなにもおいしいパンを生み出す「このえパン」。現在の正式な店名は「BAKE SHOP konoe(ベークショップコノエ)」とのことですが、地元では今もなお、このえパンで通っているそうです。

誕生は今からさかのぼること80年以上も前。創業者の石附清市さんが東京で修業し、高崎の地に開業しました。
当時高崎は中山道の宿場町で栄えた商都であり、明治時代には陸軍歩兵連隊が駐屯し多くの下士官が高崎市内に下宿していました。

そんな背景の中、陸軍の最精鋭部隊「近衛(このえ)」の名をいただいて「日本一のパン屋を目指そう」とこの店名が付けられたのだそうです。

そこから地域に愛されるパン店として2代目に受け継がれ、また3代目へと受け継がれて絶やしてはならない絶品グルメとして愛され続けることでしょう。

このえパン豊富なラインナップ

絶メシリストにも登録されている歴史ある「このえパン」ですが、伝統商品を残しつつ新しい商品も次々と開発され、現在では100種類もの豊富なラインナップとなっています。
代表的なメニューをご紹介しましょう。

小麦本来のおいしさを感じられる食パン

このえパン 食パン
出典:https://item.rakuten.co.jp/konoepan/c/0000000129/

パンといえば外せないのが食パン。このえパンの食パンは3日間かけてゆっくりと発酵させる低温超熟法で作られています。

小麦本来のおいしさがゆっくりと引き出され、中はふんわり、外はカリッとしています。プレーンや、全粒粉を用いた食パンがあります。

また通常の食パンのほか、中種を熱湯で捏ね上げたもっちり感が特徴の湯だね食パン吟も人気です。

高崎市に新しくオープンした食パン店「まじヤバくない?」もおすすめです。

絶品おいしいおかずパン

このえパン おかずパン

高崎で最初にはじめたともいわれるおかずパンも豊富な種類が並びます。
コロッケパンやウインナーパン、ピザパン、フォカッチャ、明太ポテトなどなど、どれもおいしそうなものばかり。

おやつにもぴったり菓子パン

お店の顔ともいえる、あんドーナツクリームサンドのほか、シナモンスティック、メロンパン、りんごクロワッサン、三食パンやフレンチショコラなど定番から珍しい種類の菓子パンまで並びます。

豊富な種類のサンドイッチ

このえパン サンドイッチ

このえパン サンドイッチ

もちろんサンドイッチもあります。
ロースハムサンドをはじめ、ポーションサンド、ティスティサンドなどお洒落なネーミングのものも。ベーコンレタストマトやクラブハウスサンドなどなど種類豊富です。

遠くても大丈夫!このえパンを自宅で味わえるネット通販

このえパンのパンを食べたいけれど遠くまで足を運べないという人もご心配なく!というのも…ネット通販でお取り寄せできちゃうんです。

絶品でおいしいパンが自宅にいても食べられるので、ぜひ利用してみて下さいね!
このえパン通販サイト:https://www.rakuten.co.jp/konoepan/

このえパン店舗情報(営業時間・アクセス・駐車場)

このえパン 駐車場

営業時間:7:00~19:00

定休日:年中無休

住所:群馬県高崎市本町117

電話:027-322-4514

アクセス:
車 関越自動車道「高崎IC」より約10分 
電車 JR「高崎駅」より徒歩約20分

駐車場:あり(無料・店舗右側2台)

公式HP:https://www.bake-konoe.com/

 

高崎市のアツイ企画「絶メシリスト」についてもっと詳しく知りたい人はチェック!

まとめ

このえパン 店頭

高崎パンの先駆者といっても過言ではない「このえパン」いかがでしたか?
朝7時から営業され、仕事前や学校前に立ち寄って朝食として、またお昼に食べるパンを買う人も少なくありません。店内にはいつも豊富な種類のパンが並び、よい香りと笑顔であふれます。

高崎絶メシリストにも登場し、親から子へ、孫へと受け継がれ伝統を守りながら常に新しいものにも挑戦するお店。どうかいつまでもおいしいパンを作り続けてほしいとみんなが願わずにいられない、高崎が誇る名店です。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す

最初のコメントをしよう

必須