カフェ尾島|昭和の時代にタイムスリップ?元呉服屋の古民家カフェでひと休み

LINEで送る
Pocket

太田市尾島町の商店街通りにある『カフェ尾島』を紹介します。
元呉服屋さんをリノベーションした造りのこちらのカフェは、市の地域サロンモデル事業として、NPO法人が運営しています。

カフェ尾島の店内へ!そこには驚きの空間が!

カフェ尾島 地元野菜

店内に入ると、地元野菜を販売するコーナーがあります。

カフェ尾島 ピアノ

立派なグランドピアノも置いてありました。

カフェ尾島 お座敷

席は、テーブル席とお座敷があり、さすが元呉服屋さん、おばあちゃんちに来たような、なんともホッとする空間です。

カフェ尾島 蔵の扉

それもそのはず、お座敷を上がってすぐ横を見ると、なんと蔵の扉が!

店員さんに、「どうぞ蔵の中を見ていってください」とお声をいただき、蔵の中を見学させていただきました。
重~い扉を開けると、、、

カフェ尾島 蔵の中

左右にはしっかりとした木の棚があり、当時呉服屋さんだった時の置き物などが飾られてました。

カフェ尾島 元呉服屋

そして、2階へと続く階段を登ると、こちらも棚があり、中央の床には柵状に空間があります。

カフェ尾島 2階

蔵の中は、空気がひんやりとしていて、時間が止まったような不思議な感覚になりました。
たくさんの着物が保管されていたのかもしれませんね。

カフェのお品書き

カフェ尾島 フードメニュー

カフェ尾島 ドリンクメニュー

コーヒーがなんと150円!

カフェ尾島 あんかけうどん

この日のうどんは、卵たっぷりのあんかけうどんでした。
曜日によってはカレーうどんもあるそうです。

カフェ尾島 うどん ゴミ箱

店員さんがチラシで作った箱を置いてくれました。
ゴミ入れ用かな。おばぁちゃんちに行くと、このチラシを折りたたんで作った入れ物がたくさんあり、懐かしく思いました。

カフェ尾島 うどん食べる

あんかけなので熱々です!
太田市の学校給食でも食べられているやわらかめの麺に、醤油ベースの出汁のきいたとろ~んとしたスープが絡まって美味しい!!

カフェ尾島 じゃがいも

うどんには、刻みネギと、蒸かしたじゃがいもが付いてきます。

カフェ尾島 おはぎ

こちらはおはぎ。
うどんで温まった体に、ひんやりとしたあんこ、程よい甘さのおはぎが美味しい。
塩昆布の塩っけと、おはぎの甘み、エンドレスでいけますね♪

カフェ尾島 シフォンケーキ

シフォンケーキは袋に入っているので、お持ち帰りもできます。食べてみると、ふわっとしたやさしいシフォンケーキでした。

カフェ尾島 シフォンケーキ

ケーキセットの場合、コーヒーとおはぎorシフォンケーキで300円でいただけます。

店舗情報

営業時間:10:00~16:00
ランチ(うどんが食べられる時間)11:00~14:00

定休日:日曜・月曜・祝祭日

住所:群馬県太田市尾島町492

駐車場:あり(無料・約20台)

電話:0276-55-6118

 

まとめ

カフェ尾島 外観

地域の人たちが気軽に利用できる憩いのカフェ。
呉服屋さんを改修し、柱や階段・蔵などにはあえて手を加えず、当時の状態を残した店内は、なんとも落ち着きのある、おばぁちゃんちに来たような居心地の良いカフェでした。

ランチのメニューは “うどんのみ” と、食堂でも喫茶店でもない。そしておはぎを食べてひと休み。
子ども頃に戻った気持ちになれる、癒される時間でした。

※情報は取材当時のものです。

LINEで送る
Pocket

Gotoトラベルでお得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須