ホタルの里みなかみ町|6月から8月まで鑑賞できるスポット5選

LINEで送る
Pocket

自然に恵まれた群馬県利根郡みなかみ町。
かつては町中のそこかしこ、家の庭先にまでホタルが飛び交う地域だったそうです。

しかし、だんだんとホタルが少なくなってきたため、地域の人によってホタルの保護活動や環境保全などが行われています。
その甲斐あって、月夜野ホタルの里をはじめとした、美しいホタルが見られる地区が現在も多く残っているのです。

毎年、6月から8月にかけて多くの人が訪れる、みなかみ町の幻想的なホタル観賞スポットをご紹介します。

みなかみ町でホタルが見られるスポットを一挙紹介

①月夜野ホタルの里


©http://enjoy-minakami.jp/event.php?itemid=1522

JR上越新幹線上毛高原駅から徒歩3分の「月夜野ホタルの里」は、みなかみ町でもっとも代表的なホタル観賞スポットです。

約2kmの整備された遊歩道を散策しながら、ホタル観賞が楽しめます。

「ホタルを守ることが環境保護にもつながる」と、昭和58年、地元有志によって「月夜野ホタルを守る会」が結成されました。

60代以上を中心とした250名もの有志が集まって、エサとなるカワニナを養殖するなどホタルの生育環境を整備したり、鑑賞会を案内したりといった活動が行われています。

地元の小学生へのホタル教室の開催や、保護育成活動・啓蒙活動などの取り組みの結果、自然発生としては北関東最大の数のホタルが見られるスポットとなりました。

毎年6月下旬には、矢瀬親水公園を中心に「月夜野ホタル観賞の夕べ」というイベントも行われ、おいしいもの市や体験コーナー、ステージショーなどで盛り上がります。

平成元年には環境庁の「ふるさといきものの里100選」にも認定されています。ゲンジボタル、ヘイケボタル、クロマドボタルなどの種類が鑑賞できます。


©http://www.enjoy-minakami.jp/hotaru.php

鑑賞可能期間:6月中旬~7月中旬

住所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野

駐車場:町有駐車場・上組公民館・上毛高原駅前(2時間)・矢瀬親水公園
※観賞期間中は臨時駐車場あり

アクセス:
車 関越自動車道月夜野ICより10分
電車 JR上毛高原駅から徒歩3分
※イベント日はシャトルバスの特別運行あり

②たくみの里

三国街道の宿場として繁栄したみなかみ町須川宿

その近くに1309年に開山された曹洞宗のお寺「泰寧寺」があり、その周辺では毎年7月になると多くのホタルが見られます。

7月上旬楽器演奏会なども行われる「ほたる鑑賞の夕べ」が開催されます。

泰寧寺は本堂の欄間と須弥檀、山門が県の重要指定文化財になっており、アジサイのスポットとしても有名です。

ゲンジボタルヘイケボタルを鑑賞できます。

鑑賞可能期間:6月中旬~7月中旬

住所:群馬県利根郡みなかみ町須川98

駐車場:あり(20台)

アクセス:
車 関越自動車道月夜野ICより約35分
電車 JR上毛高原駅から車で約15分

日本の昔ながらの風景があふれる「道の駅たくみの里」の記事はこちら。

③湯宿温泉

赤谷川周辺の湯宿地区では、川沿いにホタルが飛び交う姿が見られます。
宿泊施設によっては、ホタル鑑賞が含まれるプランが用意されていることもあります。

鑑賞可能期間:6月中旬~7月中旬

住所:群馬県利根郡みなかみ町湯宿温泉

駐車場:なし

アクセス:
車 関越自動車道月夜野ICより約30分
電車 JR上毛高原駅から車で約30分

④猿ヶ京温泉ホタル保護地

利根川源流にある「猿ヶ京温泉西川自然観察の森」周辺は知る人ぞ知るホタル観賞スポットです。

ホタルの飛翔時期は、保護のため車両の乗り入れが禁止されています。

ゲンジボタルヘイケボタルなど、猿ヶ京ホタルの会によって大切に守られてきた美しいホタルが見られます。

鑑賞可能期間:6月中旬~7月中旬

住所:群馬県利根郡みなかみ町猿ヶ京温泉 西川自然観察の森

駐車場:なし

アクセス:
車 関越自動車道月夜野ICより約30分
電車 JR上毛高原駅から車で約30分

公式Facebook:https://www.facebook.com/Firefly.jp/

⑤明川(藤原地区)

8月に入ってもホタルが見られるスポットです。

1,000本以上の桜を植樹するなど「奥利根の桃源郷を目指そう」という地域の自然への取り組みがされており、たくさんのヘイケボタルが民家の近くで飛び交うホタルの里として知られています。

鑑賞可能期間:7月中旬~8月上旬

住所:群馬県利根郡みなかみ町藤原地区

駐車場:なし

アクセス:車 関越自動車道水上ICより約20分

ホタル鑑賞上の注意

ホタルはとても光に弱い生物なので、カメラのフラッシュや懐中電灯は使わないように注意することと、また希少なので絶対に捕獲しないようにしましょう。
当然ながら、歩きタバコやゴミのポイ捨てなどは環境保全のためやめてください。

ホタルは幻想的な美しい光を放つもの、静かに情緒を楽しみながらルールとマナーを守って鑑賞しましょう。

ホタル鑑賞時期と時間

みなかみ町内でホタルが見られる時期は、概ね6月中旬~7月までとなっています。
みなかみ町最北にある藤原エリアでは、7月中旬から8月上旬まで幻想的な光が見られます。

またホタルを見られる時間は限られており、20時頃から飛び始め、21時頃までその姿を見ることができます。

問い合わせ先


©http://www.enjoy-minakami.jp/hotaru.php

みなかみ町観光協会

住所:群馬県利根郡みなかみ町月夜野1744-1

電話:0278-62-0401

公式HP:http://enjoy-minakami.jp/hotaru.php

【上牧温泉郷・月夜野エリア】ホテル鑑賞におすすめの旅館

平成30年のホタル観賞時期には、下記ホテルにて送迎を行っていました。

ホテルにより送迎可能な場所等が異なります。
詳細は各ホテル・旅館にてお問い合わせください。

【上牧温泉】温もりの宿 辰巳館:上毛高原西まで送迎可


出典:

上牧温泉は、三大美人温泉と称されるうちの一つの成分「芒硝泉」の泉質です。
ホタル観賞の後には、ゆったりと庭園露天風呂をお楽しみください。

【上牧温泉】月がほほえむ宿 大峰館:上毛高原西まで送迎


出典:

上毛新聞と楽天トラベル共催の「群馬の小さな宿」で紹介されたこちらの宿。

切り傷・火傷に特効があるというこちらの自家源泉が湧き出ており、アトピーに効くと聞きつけ来館する人も多いそう。

ホタル観賞後も、ゆったりと落ち着いた雰囲気で過ごすことができそうですね。

【上牧温泉】旅籠庄屋:上毛高原西まで送迎


出典:

民家作りのお宿「旅籠庄屋」
群馬県知事から譲り受けた蔵を改装したお部屋や、囲炉裏付きのお部屋などどのお部屋も趣があります。

和の空間で心安らぐひと時をお過ごしください。

まとめ

温泉や景勝、レジャーも楽しめる、みなかみ町のホタル観賞スポットをご紹介しました。

大自然溢れるみなかみ町、地元の人の手によって大切に守られてきたからこそ見られる自然繁殖のホタルが飛び交う里です。

美しいホタルを後世に残すためにも、ルールとマナーを守って周辺観光とともにこの時期ならではのホタル鑑賞楽しんでくださいね!

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す