群馬の薬剤師おすすめ求人サイト10選|後悔しない転職のコツ

薬剤師top
LINEで送る
Pocket

キャリアアップや年収アップを目指して転職がしたい!労働環境を変えたい!でもどこで仕事を探したらいいか、悩みますよね。

そんな人にピッタリなのが求人サイト。簡単に登録でき、就職先の内部情報が知れたり、専門のアドバイザーから的確なアドバイスを受けられるなど転職するのにとても便利です。

そこで今回は、群馬県の薬剤師の就職先別おすすめ求人サイトを紹介します!
薬剤師不足が叫ばれる現在の求人状況や、将来性についても説明していますので、ぜひ仕事探しの参考にしてみてくださいね。

調剤薬局・病院へ転職おすすめサイト

調剤薬局勤務と病院勤務の薬剤師それぞれ違うメリットがあります。

調剤薬局は、仕事とプライベートの両立がしやすく、ご家族の介護がある方や小さいお子さんのいるママさんでも働きやすいというのが利点です。

一方で病院勤務は、調剤業務の様々な業務に携わることができるため、とてもやりがいがあります。また、患者さんとは服薬指導などのコミュニケーションをとるため、直接感謝の言葉をもらうこともでき、働く上でのモチベーションにつながっていくでしょう。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

公式HP:https://www.38-8931.com/

日本調剤グループが運営している、薬剤師の転職成功率が90%を超えているサイトです。
転職のコツやキャリアアップを目指している方に役立つコラムを多数提供しています。

仕事を探す際にキャリアコンサルタントが直接訪問してくれるので、自身の希望はもちろん不安なことなどをきちんと解決でき、万が一転職の方向性などが決まっていなくでも、キャリアコンサルタントが一緒に整理してくれます。

全国に15拠点もある為、各地域の就業先にキャリアコンサルタントができるだけ足を運び、雰囲気や忙しさなどリアルな現場の状況を把握しているので、求人情報だけでは分からない情報もしっかり確認することができます。

Web申し込み後の面談は電話も可能ですのでぜひ相談してみてください。

⇒ファルマスタッフの詳細はこちら
 

PHGET<ファゲット>

PHGET<ファゲット>

公式HP:https://www.phget.com/

サイト運営13年と実績がある求人サイトで、その信頼と実績から「いい薬局・病院の見分け方」や薬剤師の就業レビューなども掲載している、登録率の高いサイトです。
豊富な経験と情報をもとに、ゆっくり丁寧に対応してくれます。

全国各地の市区町村や就業時間など、かなり詳細な希望条件が簡単に絞り込め、自身の希望する条件を優先的に探していくことができます。

Webで新規会員登録後、電話での本人確認が必要になります。

⇒PHGETの詳細はこちら
 

薬剤師求人.com

薬剤師求人.com

公式HP:https://www.yakuzaishi-kyujin.com/

一度登録をすると、有名転職サイトから人材紹介会社までの22社が掲載している求人の中から検索・応募することが可能です。最終更新日がHPのトップで確認できるなど、常に新しい情報がわかりやすく提供されています。

大手から地元密着まで数多い件数の求人案件から希望のものを探すことができ、各求人サイトそれぞれに登録をしなくて済むので、リサーチの手間をかなり省くことができます。

万が一応募したいものが見つからない場合、複数社の転職アドバイザーを紹介。徹底的に転職のサポートをしてくれます。

また、実際にこの薬剤師求人.comを使って就職した人からヒアリングを行っているので、ユーザーのリアルな転職情報も確認できます。

⇒薬剤師求人.comの詳細はこちら
 

お仕事ラボ

お仕事ラボ

公式HP:https://www.oshigoto-lab.com/

全国300店舗を超える薬局を運営する会社が管理しているサイト。まずはWEBでの登録後、コンサルタントときちんと面談をすることでミスマッチのない転職を実現できます。

個別面接によって1人ひとりの希望に応じたフルオーダー提案もしてくれます。希望の仕事内容の確認や条件の交渉、ライフスタイルに即した働き方など、細かいところにまでサポートが行き届いたシステム。
もし希望求人が見つからなければ、コンサルタントが薬局へ直接あなたを逆指名してくれます。

Web申し込み後、個別面接を本社(東京)で行っておりますので、応募される際はご確認ください。

⇒お仕事ラボの詳細はこちら


ドラッグストアへ転職おすすめサイト

ドラッグストアで働くメリットは、給料の良さ・待遇の良さにあります。
ドラッグストアは母体が大手企業であることが多く、通常の薬剤師としてのお仕事を経て、店舗の管理者やエリアマネージャー、本社勤務などへの異動をすることで、より高い給料を目指すことができます。

ドラッグストアの求人数はとても多いので、より自分の希望に合った求人を探しやすく、正社員以外にパートやアルバイト、派遣での求人も豊富でライフスタイルを重視しながら探すことも可能です。

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

公式HP:https://rikunabi-yakuzaishi.jp/

昔から転職市場で実績がある株式会社リクルートのグループ会社・薬剤師の転職専門サイトで、大手・ドラックストアの求人を見つけることができます。誰でも一度は聞いたことのある大手転職サイトですよね。

このサイトでしか見つからない、よりすぐりの非公開求人も多数掲載があります。
最短3日で転職などのスピード転職も、万全のサポートがあるので可能です。

⇒リクナビ薬剤師の詳細はこちら


マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

公式HP:https://pharma.mynavi.jp/

対面重視の丁寧なサポートが魅力で、メールや電話だけでは残る不安もキャリアアドバイザーと共に一つずつ解決しながら転職活動を行えます。

マイナビグループのネットワークを駆使し、キャリアアドバイザーが全国各地の求人へヒアリンクも行っているため、現場の生の声を知ることができます。
5年連続で「利用者満足度No.1」という信頼と実績も兼ね備えています。

⇒マイナビ薬剤師の詳細はこちら


企業の薬剤師へ転職おすすめサイト

企業で薬剤師の資格を活かして働くメリットは、日祝休み・長期休暇が取りやすく自身のワークライフバランスを重視でき、福利厚生もしっかりしているところにあります。

企業の薬剤師の求人は一定数でているのですが、人気の求人のため興味があればサイトの更新日など把握し、頻繁に求人をチェックしたほうがよいでしょう。

また、企業が薬剤師の求人を出す場合、社内できちんと育成したいと考えていることが多いため、社会人経験が10年以内の若手の方が転職しやすいといわれています。

Answers

Answers

公式HP:https://answers.ten-navi.com/

製薬業界に特化した求人サイトで、製薬企業の求人情報を掲載しており、職業別に製薬企業の求人を探すことができます。

1980年設立の会社が運営しているので、30年という信頼と実績のある求人サイトです。

派遣やパートにおすすめサイト

派遣とパート、どちらの働き方にもそれぞれメリットがあります。

派遣は比較的に時給が高い傾向にあります。在庫管理や薬歴管理がすぐにできる人材が欲しいなどの即戦力が求められる場合が多く、研修は最低限ですぐに第一線で働くことができるのでやりがいに繋がります。
また、様々な店舗で働くことができるので、幅広い経験値も積むことができるでしょう。

パートはシフトを調整することで時間にゆとりが持ちやすいため、ワークライフバランス重視の方はパート勤務がお勧めです。また、一つの店舗で長く勤務することができるので、異動をあまりしたくない方にもよいです。

ファル・メイト

ファル・メイト

公式HP:https://www.pharmate.jp/

高時給派遣に特化しており、派遣であれば、関東2,800円を最低保証、さらに交通費も全額支給があります。

希望のヒアリングから案件の検索まで担当コンサルタントがすべて行ってくれるので、納得がいくまでじっくり転職を考えられます。

また、常勤が難しい人向けの1日からの単発派遣からパート、週5勤務など、働き方の希望に合わせて細かく時間を有効活用することができます。

初めての登録におすすめサイト

初めての転職を考えている方向けに、転職サイト上で検索できる求人数も業界1位のサイトと、入職決定時高額のお祝い金が受け取れるサイトを選出しました。

まず初めにこれらのサイトに登録し、より自分の希望する職種に特化したサイトを探して登録するのが効率的な転職を行うのにおすすめの方法です。

薬キャリ

薬キャリ

公式HP:https://pcareer.m3.com/

業界最大級の薬剤師専門サイトで毎日新しい求人を更新。登録者限定の求人が80%以上で、好条件求人ばかりをそろえています。

また、地域専任のキャリアコンサルタントが希望に沿った求人を探してくれたり、気になった就業先に勤務条件の交渉などのサポートもしてくれます。

正社員はもちろんパートやバイト、派遣も検索可能。病院や企業など、業種も豊富に探すことができるので、より自分に合った求人を探すことができます。

会員登録を行った後に電話での面談を行っているので、より自分の希望を伝えることができ安心です。

⇒薬キャリの詳細はこちら


ジョブデボ薬剤師

公式HP:https://j-depo.com/yaku

8万件以上の求人件数を掲載しており、なんといってもジョブデポ薬剤師で入職が決定すると最大40万円のお祝い金を受け取ることができます。

専用のコンサルタントに相談し、給与相談や希望勤務条件の相談も可能です。

⇒ ジョブデボの詳細はこちら


薬剤師の今と将来は?

薬剤師の今と将来

医療業界全体で人材不足が深刻だと言われていますが、薬剤師もそのひとつです。

厚生労働省が発表している情報によると薬剤師の人数は増加傾向にありますが、平成18年では有効求人倍率が7.28倍だったのに対して、現在10.05倍と約1.5倍ほどとなっており人材不足が加速しています。今後も人材不足が続くことが予測できますので、しばらくは著しく求人数が少なくなることは考えにくいでしょう。

だからといってスキルアップをする前に転職を繰り返す方もいますが、もちろんきちんとキャリアを積んでいないと、だんだんと転職が難しくなっていきます。経験やスキルをしっかりと磨いていくことが必要です。

また薬剤師の7割近くが女性と言われており、産休育休や子育てのための時短勤務などの制度が整っている職場が多くあるのも特徴。

その一方で、人気の時間帯である9時~15時頃の求人が地域によっては少なくなっているところもあるようです。夕方~夜、土日勤務が可能であれば、比較的求人を探しやすくなります。

サイトで仕事を探す時の注意点

インターネットの利用が一般的になった現在では、就職・転職活動の情報が手軽に見ることができとても便利です。また、薬剤師は人材不足により売り手市場と言われているので、他業種よりも求人が多く、希望の求人を探しやすくなっています。

その一方で、そのことにより情報量が格段に多くなったため、きちんと自身のやりたいことや就職条件を明確にしておかないと、どの求人が自分に合っているのか、なにがやりたかったのかがわからなくなってしまうことがあります。なので、転職するにあたって自分が譲れない、大切にしている条件を明確化し、転職の軸をきちんと持って求人を探すことが大切です。

また、いざ就職してみたものの求人票に記載のあった条件とは違う条件で働かされた、ということもあるので、求人をきちんと見き分けることも重要です。

サイトによっては、非公開求人多数のところやコンサルタントを紹介してくれるところ、お祝い金をもらえるところなど様々な特徴があるので、一つに絞らずにいくつかのサイトに登録し比較しながら就職活動を進めていくと良いでしょう。

就職・転職するときのお仕事の探し方

就職・転職するときのお仕事の探し方

様々な就職・転職サイトをご紹介してきましたが、そのほかにも就職・転職方法が様々あります。

インターネットはもちろん地域フリーペーパー・新聞、ハローワークなど各それぞれのメリット・デメリットがありますので各々の特徴を知り、転職時の参考にしてみてください。

スマホから簡単に検索!転職サイト

スマホで手軽に始められる転職サイトは、すぐに転職活動が始められ、自分のペースで進めて行くことができるので、隙間時間などを使って地道に探し始めることができます。
ただ、インターネット上では求人が大量にあり、中にはブラックな職場の求人もあるかもしれないため、しっかり見極めることが大事になってきます。

また、転職サイトには独自のルートで掲載している未公開求人があるところもありますので、一つに絞らずいくつか気になる転職サイトに登録することをおすすめします。

転職のプロがサポート・転職エージェント

転職のプロがサポートしてくれる転職エージェントは、未公開求人を紹介してくれるだけでなく、転職活動で不安なことや業務内容の確認もしてくれます。

また、希望の就職条件や給料などを求人先に交渉してくれるところも多いので、登録しない手はないでしょう。

ですが、エージェントと自身との相性によっては、うまくかみ合わず転職の結果が変わってくる可能性も。できるだけ複数登録し、まずは相性の合うエージェントを見つけることが大切になってきます。

地元企業の求人が多いのは・ハローワーク

ハローワークは基本的に各自治体に設置されており、そのエリアにある求人を多く扱っているため、家から近いなど勤務地の条件を優先して就職・転職先を探しているのであれば、ハローワークを利用することも一つの手です。

ですが、ハローワークは求人サイトや転職エージェントと違い求人掲載が無料ということもあり、ブラックな職場もあると言われているため、慎重に求人を見極めましょう。

近所の求人多数・フリーペーパーや新聞

近所のフリーペーパーや新聞は、ハローワークと同じように地元の企業の求人が探しやすくなっているので、近所や地元の駅近などで仕事を探している人は頻繁にチェックするとよいでしょう。

紙媒体はインターネットと違い、記事が消えてなくなることはありませんので、時間がたってから求人先に連絡しても、まだ募集している可能性があるかもしれません。

実際の職場の様子が分かる・知人からの紹介

知人からの紹介の場合、事前に職場の様子を聞くこともできますし、知人がいるという安心感もあります。一から人間関係を構築する場合とは違い、会話のきっかけが作りやすかったり、事前に自分のことを話してもらうなど、職場の人と良い関係を作りやすく溶け込みやすいでしょう。

その一方で、万が一就職してみてからやはり自分が思っていたのと違うとなっても、知人からの紹介ということで辞めにくく感じてしまいます。

その後の知人との関係にも影響が及ぶ可能性も考えられますので、知人の紹介で転職を考える場合には慎重に考えた上で進めたほうがいいでしょう。

掘り出し物の場合も!企業ホームページ

もし自身で気になっている企業のホームページに採用情報が掲載されている場合、企業へ直接連絡するという手もあります。

求人サイトや転職サイトでは人気の求人に応募した場合、足切りに合う可能性もありますが、直接であれば確実に書類に目を通してもらうことができます。また、間に求人サイトやエージェントがいない分、条件や希望を直接自分で伝えることができます。

しかし求人サイトやエージェントでフォローしてもらえるようなこともすべて自分でやらないといけないため、とても手間がかかりますし、自身の希望する条件や職員月給などを交渉する、というのは交渉慣れしていないとかなり難しいでしょう。

まとめ

まとめ
薬剤師の就職活動には、薬剤師向け専門の求人サイトや転職情報サイトがたくさん存在しており、インターネット以外にも地域フリーペーパー・新聞、ハローワークなどさまざまな方法があります。
自身がどのような雇用形態や条件で就職をしたいのかによって探す方法は異なりますので、ある程度方向性を考えてから進めていきましょう。

求人サイトや転職エージェントで求人を探す際には、各サイトで得意な分野や独自のサポート、求人条件など様々ありますので、気になる複数のサイトを見比べることが大事です。

せっかくスキルアップや再就職、環境を変えたいなどで就職・転職をしたのに、こんなはずではなかった…とならないようしっかりと見極めて後悔しない職場選びをしましょう。

※情報は取材当時のものです

LINEで送る
Pocket

群馬県のツアー(交通+宿)を探す