群馬で「ねぷた」が観られる?8月14日・15日開催『尾島ねぷたまつり』

「ねぷたまつり」といえば、有名な青森県弘前市のお祭り。

その「ねぷたまつり」が、群馬県太田市で毎年体感できるのをご存知でしょうか?まずはこちらをご覧あれ!

【尾島ねぷたまつり2016③ ねぷた運行 – 群馬県太田市 – 】

本場さながらの迫力です!でもなぜ群馬でねぷた?

一体どんなお祭り?今回は詳しくご紹介します!

尾島町にはかつて津軽藩の飛び地があった!

慶長5年(1600年)、津軽藩は関ヶ原の戦いで東軍(徳川家康方)に味方し、軍勢を率いて美濃国(岐阜県)大垣城を攻めました。その功績を称え、家康より上野国(群馬県)の8ケ村2,000石を授けられたのです。

こうして、太田市(旧尾島町)に津軽藩の飛び地ができました。
このとき授けられた2,000石のうち、928石を太田市(旧尾島町)の城域で占めていたそうです。

そのような歴史から、昭和60年になると青森県弘前市との交流が始まり、平成3年からは友好都市提携を結んでいます。
「尾島ねぷたまつり」は、昭和61年からスタート。

最初は校庭や公園内でやる程度のお祭りだったものが、だんだん規模が大きくなっていき、ついには国道を通行止めにするくらいの大きな祭りになりました。

開催日は毎年8月14日・15日に固定されており、2日間の来場者数は16万人ともいわれています。

見どころ① 特大の扇ねぷた運行

尾島ねぷたまつり 太田市
©http://www.ota-kanko.jp/

いちばん大きなもので、高さ7メートルにもおよぶ扇ねぷた。

この大きさや迫力は、元々の「弘前ねぷたまつり」にも引けを取りません。
また、少し恐怖感を覚えるおどろどろしい絵にもご注目を。

弘前のねぷたまつりは「出陣ねぷた」といわれており、戦に行く前のお祭りなのだそう。

そのため、ねぷた表面には戦に関する絵が描かれており、背面には武者を見送る女性の絵が描かれています。
このねぷたが狭い道をも進んで行く姿、そしてその技術には目を見張るものがあります。

尾島ねぷたまつり 太田市
©http://www.ota-kanko.jp/

見どころ② 巨大な太鼓の上に女性!?

尾島ねぷたまつり 太田市
©http://www.ota-kanko.jp/

大きいのはねぷただけでなく、太鼓もなんです!

その大きさは約3メートル、そして何よりその上に人が乗って叩いている姿には圧巻です。
さらに驚くのは、上に乗って叩いているのは若い女性が多いということ。

特に決まりがあるわけではなく、「かかあ天下と空っ風」の影響か、自然と女性が多くなっているのだとか。

さらしを巻いた女性が太鼓の上に乗って演奏する姿は、凛としていて勇ましく、そして美しい!
しかも、1基だけではなく何基も集まって叩くため、ものすごい迫力です!

見どころ③ 笛やじゃんがらの演奏

太鼓だけでなく、笛やじゃんがら(小さなシンバルのような楽器)などの演奏にもぜひ耳を傾けてみてください。

夏の夜に響く高らかな笛の音、息ぴったりのじゃんがら、力強い「ヤーヤドー」という掛け声……
戦に行く前のお祭りにふさわしい、勇ましさと切なさを感じさせます。

地元の方々の地道な練習により、そのクオリティは衰えることなく、来場者の方たちを楽しませています。

見どころ④ 圧巻の最後の大演奏!

尾島ねぷたまつり 太田市
©http://www.ota-kanko.jp/

祭りの締めには、参加している企業・団体が集まり、一斉に合奏する様子が見られます。
その日の参加団体すべてが集合するため、演奏者の数は300人以上!

これは弘前のねぷた祭まつりでは見られない風景なのだそう。
尾島ねぷたまつりの誇りやプライドが感じられる瞬間です。

【尾島ねぷたまつり2016最終日・最後の大合奏 -群馬県太田市- 】

尾島ねぷたまつり2019

尾島ねぷたまつり 太田市
©http://www.ota-kanko.jp/cms/wp-content/uploads/2019/06/neputa-pamp2019-02.pdf

開催日:2019年8月14日(水)・15日(木)
*荒天中止

会場:群馬県太田市尾島町

尾島ねぷたまつり 太田市
©http://www.ota-kanko.jp/cms/wp-content/uploads/2019/06/neputa-pamp2019-02.pdf

主催:尾島ねぷたまつり実行委員会

問合せ先:
太田市商業観光課 0276-47-1833
まつり本部    0276-52-6440
(まつり当日のみ)

公式HP:http://www.ota-kanko.jp/info/neputa2018/

タイムスケジュールや開催場所は下記を参考にしてください。

尾島ねぷたまつり 太田市
©http://www.ota-kanko.jp/cms/wp-content/uploads/2019/06/neputa-pamp2019-02.pdf 尾島ねぷたまつり 太田市
©http://www.ota-kanko.jp/cms/wp-content/uploads/2019/06/neputa-pamp2019-02.pdf

まとめ

尾島ねぷたまつり 太田市
©http://www.ota-kanko.jp/

ちなみに、「ねぷた」と「ねぶた」の違いは、弘前市が「ねぷた」青森市が「ねぶた」

そして、「ねぷた」戦に行く前のお祭りであり、「ねぶた」戦から帰ってきたあとのお祭りなのだそう。
そのため、青森のねぶたは「ねぷた」よりも明るく賑やかな印象のパフォーマンスや音楽が多いといわれています。

群馬県太田市の本格的な「ねぷたまつり」。ぜひ今年体感してみてはいかがでしょうか?

行こうぜ!お得に群馬を『旅』しよう!

最初のコメントをしよう

必須